ニュース
» 2011年12月07日 22時04分 公開

2次元と3次元のメイドがあなたのために歌って踊る “電脳メイド喫茶”に突撃だ!

“電脳”なメイド喫茶がオープン。ぽよーんと鳴るトランポリンでメイドさんが飛び跳ねたり、壁のデジタルサイネージを萌えキャラが動きまわったりするらしい。とは言え、これだけじゃなんのことやらさっぱりだ。ということで現場へ急行!

[笹山美波,ITmedia]
画像 入るとこんな感じ。意外と広い、電脳喫茶☆電脳酒場「めいどりーみん」

 “電脳”なメイド喫茶「電脳喫茶☆電脳酒場『めいどりーみん』」がこのほど、東京・渋谷にオープンした。「ぽよーん」と音が鳴るトランポリンでメイドが遊んだり、デジタルサイネージの中に住む萌えキャラが動き回ったりと、さまざまな「電脳仕掛け」を施しているという。とは言え、これだけじゃなんのことやらさっぱり分からん。ということで記者(♀)は現場へ急行した。

 お店は渋谷センター街にある。ビルの階段を降りて地下1階へ。中へ入ると「来たよ〜っ」と萌えキャラの声が鳴り響いた。お……驚かせるなよ。その後メイド服のお姉さんがやってきて「いらっしゃいませ、夢の国へようこそ」とお出迎え。夢の国は舞浜以外にもあったのか。席に着くと、メイドさんが夢の国への「入国儀式」としてろうそくに火を付けた。さあ、おまじないがかけられた“夢の時間”の始まりだ。

 ここで改めて店内を見渡して驚いた。壁一面が絵文字と顔文字だらけだ。なんだこれ。しかも30センチ四方くらいのデジタルサイネージ「電脳ディスプレイ」がところどころに埋め込まれている。その中にかわいい萌えキャラのイラストを発見。メイド服を着ており、青や緑、黄色など何人(匹?)もいるぞ。だが神出鬼没で、「見つけた!」と思ったら違うディスプレイへ逃げてしまう。いじらしいやつめ。

 天井からは、サイコロ状のシーリングライト「電脳ブロックライト」がつるされていた。叩いてみると「ボコッ」「にゃにゃんにゃにゃんにゃんにゃん」と音が鳴り、ほかのライトとも連動しながら色が変化する。すべてのライトが点滅し、萌えキャラがサイネージを走り回る「スターモード」に確変することもある。このメイド喫茶、なんか変!


画像 センター街のビルの前に居るメイドたちが目印
画像 手を振りまくってくれるメイドも。かわいいっ
画像 この階段を下りていく


画像 入り口はこんな感じ
画像 ロゴがかわいい


画像 電脳ウォールにはよーく見るとチームラボのロゴが
画像 サイネージに現れる小さなメイド
画像 天井に吊るされた「電脳ブロックライト」


画像 ライブを披露するくれあちゃん

 秋葉原を中心に展開するメイド喫茶「めいどりーみん」を運営するネオディライトインターナショナルとチームラボが共同で企画した。ネオディライトインターナショナルの鈴木雄一郎社長が「流行の最先端である渋谷で新しいことをしたい」と思ったのがきっかけで、電脳な仕掛けが生まれたという。

 12人のメイドさんが所属しており、店には3〜4人が常駐している。メイドさんは白いフリルがついた比較的オーソドックスなユニフォームを着ており、電脳っぽさはないのだが、サイネージのなかの萌えキャラとコラボする瞬間がある。それが「わがままLIVE」(ドリンク付きで3300〜4400円)というメニューだ。

 注文すると、メイドさんが店の中央にある葉っぱ型ステージで自分のためだけに歌ってくれる。ほかのメイドさんはタンバリンやオタ芸でその場を盛り上げる。サイネージの萌えキャラは手にオレンジ色のサイリウムを持ちはしゃぎだす。自分のために盛り上がってくれる2次元と3次元のメイドたちを見ていたら、こちらもテンションが自然と上がってきた。記者が遊びに行ったときは、黒髪ツインテールのくれあちゃんがステージで踊っていた。甲高い声と可愛らしいダンスにメロメロ。正直、最初は「落ち着かない空間だなあ〜」と思っていたのだが、どんどん居心地が良くなってきた。

画像 くれあちゃんが「Love りーみんフロート」をもってきてくれた!

 ダンスで盛り上がってのどが渇いた記者は、客のイメージに合わせて作ってくれる特製ドリンク「Love りーみんフロート」(1000円)をオーダーした。くれあちゃんが「お嬢様なのでかわいらしく作りました」と運んできてくれる。お嬢様って記者のこと!? 照れるっ。フロートには、クマの顔がチョコで描かれたアイスやピンク色のクリームがたっぷり盛られている。うおー早く食べたい。

 くれあちゃんが「おいしくなるおまじないを一緒にお願いしても大丈夫ですか?」と尋ねてきたので、胸キュンしながら「も、もちろん!」と答える。そして「おいしくなーれ、にゃんにゃん、きゅるるんっ」と一緒に唱えたのだった。恥ずかしさは多少あるが、忘れよう。その方が楽しいし、「夢の国」の味を堪能できるぞ。「おいしくなーれサターンクラッシュ!」など、おまじないのせりふは何パターンかある。

 そうそう興奮して忘れかけていたが、店内に設置された「電脳トランポリン」を最後にご紹介しよう。1人用サイズのトランポリンで、店が混み合っていない時間帯にはメイドさんがここで飛び跳ねたりしている。客はトランポリンに上がってはいけないルールなので、ぴょんぴょんしているメイドさんを眺めて愛でよう。トランポリンは「ぽよーん」と音が鳴るマヌケなアイテムだし……なぜ飛び跳ねてるのかよく分からないけど……メイドさん……かわいすぎだろ……はぁはぁ。

 住所は、東京都渋谷区宇田川町30-1 蓬莱屋ビルB1。営業時間は午後3時〜午後11時まで。年中無休なので、気になったらすぐにでも駆けつけてみてほしい。きっと夢の世界にいざなわれるはずだ。

関連キーワード

メイド喫茶 | 萌え | メイド | 渋谷 | チームラボ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/21/news020.jpg 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  2. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. /nl/articles/2402/21/news117.jpg えっ闇? マシン・ガン・ケリー、“スピリチュアルな目的”の新タトゥーに衝撃走る 「次のレベルに行った」「クソ気持ち悪い」と賛否
  4. /nl/articles/2402/21/news084.jpg 米セレブの18歳娘、“整形し過ぎ”指摘に強気の回答「美しいのは生まれつき」 露出増加&黒人化を心配する声も
  5. /nl/articles/2402/19/news013.jpg 【今日の計算】「1−2+3−4+5−6+7−8+9」を計算せよ
  6. /nl/articles/2402/21/news037.jpg 「雪見だいふくの天使」と話題の5歳女の子、父への“お伺い”が350万再生突破! あまりにかわいいやりとりにキュンが止まらない
  7. /nl/articles/2402/19/news025.jpg 「生後0カ月。もうクソデカい」 大型猫の赤ちゃん時代に「顔は子猫だけどサイズがすごい」「可愛いが大きすぎます」
  8. /nl/articles/2402/20/news096.jpg 「ピザハット・マルゲリータ」が1990円→590円に ピザハットが奇跡の4日間を開催
  9. /nl/articles/2402/16/news130.jpg 愛情いっぱいに育てた預かり子猫との最後の夜…… 「忘れて」と繰り返す親心に「涙止まりません」「幸せを願っての言葉」
  10. /nl/articles/2402/21/news012.jpg 大好きな兄が2階にいってすねちゃった猫、ママが励ますけれど…… 一歩踏み出せない乙女な姿が「なんでこんなにかわいいの!?」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」