ニュース
» 2011年12月09日 19時03分 公開

「Google+」は日本で200万ユーザー 「後発組は逆にチャンス」とGoogle副社長

Google+のユーザーは世界で4000万人、日本で200万人。TwitterやFacebookが先行するなかスタートしたGoogle+だが、「後発組になったことで逆にチャンスが開けている」と語る。

[宮本真希,ITmedia]

 「後発組になったことで逆にチャンスが開けている」――SNS「Google+」を統括している米Googleのブラッドリー・ホロウィッツ副社長が来日し、12月9日、Google+の戦略についてメディアに語った。ユーザー数は世界で4000万人。日本では200万人(8日時点)に達しているが、AKB48との提携を発表したこともあり「これは古い数字」と話す。

「サークル」機能はなぜ生まれたか

画像 ホロウィッツ副社長

 TwitterやFacebookが先行するなか、Google+は今年6月にスタートした。後発組は、ユーザーの声に耳を傾け、既存のサービスから反省点を学ぶことができる。「一段抜けたところまでジャンプ」できるため、チャンスが開けていると説く。

 ユーザー調査で分かったのは、プライバシーへの関心の高さだったという。「ネット上では遭遇しただけの人が“フレンド”になってしまうのが現状だから、プライバシーへの懸念が生まれる」とホロウィッツ副社長。「母親、先生、本当の友達など全員(のフレンド)に対して等しく関連のあることを発信するのは難しい」と続ける。

 そこでGoogle+には「サークル」機能をもたせた。つながっている人を「家族」「仕事」「趣味」という風に分類し、適切に情報発信できる。実生活では接している相手によって出方を変えるものだが、SNS上でもそれと似たように振る舞えるという訳だ。「これこそが弊社のプロダクトの技術革新と言える」と、自信をのぞかせる。

 現在Google+の投稿のうち3分の2は、サークルを指定した上で投稿されており、「そのような結果に満足している」という。

Google+の「ハングアウト」が子どもの命を救う!?

 Google+のもう1つの特徴としてホロウィッツ副社長が猛プッシュするのは、最大10人でビデオチャットできる「ハングアウト」。映像を全体公開してライブ配信できる「ハングアウトオンエアー」もある。AKB48のメンバーはこれを使ってファンと交流し、「会いに行けるアイドル」というコンセプトを取り戻そうとしている。ホロウィッツ副社長いわく、AKB48とGoogle+は「完ぺきなマッチ!」だ。

 ハングアウトをめぐっては、アメリカ中西部のとある田舎町で子どもの命を救ったことも。子どもが銃で撃たれ病院に運ばれたのだが、専門知識のある医師が病院にはいなかったため、ハングアウトで別の病院とつなぎ、映像越しにガイダンスを受けながら手術を進めたそうだ。Google+のリリース後、このような「想定外のことがたくさん起きている」と明かす。

ユーザーはほかから奪わなくても成功できる

画像 「Google+は始まったばっかり。でもすごく人気があるんです。AKB48のように」とホロウィッツ副社長。こちらはAKB48の発表会に出席した際の写真

 とは言え、TwitterやFacebookといったすでに多くのユーザーを抱えるライバルの存在は大きい。Google+はどのような拡大戦略をとっていくのだろうか。「Facebookからユーザーを奪ってくるという見方をよくされるし、その方がドラマ性があるからメディアの皆さんも好むと思うが、ほかのユーザーをごっそりと奪わなくても2012年にかけて成功を収めることができる」とホロウィッツ副社長は言い切る。

 その鍵となるのが、ほかのGoogle製品との連携だ。米Googleのラリー・ペイジCEOは決算説明会で「Google+をローンチし、これからは“Googleを出荷”しないとね」と語ったという。これはGoogle製品を「Google+にインテグレート」するという意味。Google+を通じてユーザーが何に関心を持っているか把握した上で、検索や地図といったサービスを提供し、「より良いものにしていく」計画だ。

 Google+のユーザー数は世界で4000万人。日本では200万人。今のところアーリーアダプターに支えられているという印象が強い。今後は、AKB48との提携のように「大掛かりな形で告知を積極化」していくという。「Google製品を使っている10億人がみんなGoogle+を使ってくれる」――ホロウィッツ副社長の野心的な目標は達成されるだろうか。注目したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2007/13/news009.jpg 犬「わーい!」飼い主「あああああ!!!」 全力で泥水に突っ込むゴールデンレトリバーに絶叫する飼い主が面白い
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2007/11/news038.jpg 「これは神の料理ですか!?」 レンジで作る「豚肉と大葉の茄子サンド」がうますぎて無限ビール案件
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2007/12/news005.jpg 子猫におっぱいをあげるオス猫さん……! 子猫がやってきて母性が目覚めた猫ちゃんのエピソードにほっこり
  6. /nl/articles/2007/12/news038.jpg 査読時に「ポンコツ博士でごめんね」と泣く 論文が受理されるまでの苦悩描いたパネル「ろんぶんができるまで」が学者あるあるで泣けて笑える
  7. /nl/articles/2007/12/news028.jpg 総額いったい何十億円だこれ!? 米クルマ好きおじさんが公開したガレージがドリームすぎる 億超えスーパーカーずらり
  8. /nl/articles/2007/13/news127.jpg 「お前を消す方法」でおなじみの“Excelイルカ”、最新版でも予想外の場所で生存が確認される 「なつかしい」「再雇用枠か」
  9. /nl/articles/2007/13/news002.jpg 子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
  10. /nl/articles/2007/12/news007.jpg 愛猫と「何かが通じた…!」と感じる瞬間 猫との会話を楽しむ飼い主の漫画に共感の嵐