ニュース
» 2011年12月10日 13時52分 公開

世界最大級のアップルストア、ニューヨークのグランドセントラル駅にオープン“駅ナカ”アップルストアを現地からリポート

米アップルは9日、ニューヨークのマンハッタン島で4番目となるアップルストア グランドセントラル駅店をオープンした。店舗面積はアップルストア中最大、オープンの朝10時には約2500人が並んだ。

[佐々木千之,ITmedia]

 米アップルは12月9日午前10時(現地時間)、ニューヨーク市のグランドセントラル駅構内に約2140平方メートルとこれまでで最大規模のアップルストアをオープンした。開店直前には広いコンコースが大勢に人で埋まり身動きが取りにくいほどの混雑となった。アップルの発表で約2500人が列を作ったという。来店者に無料配布された記念Tシャツ4000枚は、昼過ぎにはなくなった。

アップルストア全景 アップルストア グラントセントラル駅店はメインコンコースを囲むように中2階に位置している

 グランドセントラル駅の建物は1913年完成で、大理石を多用した豪華な造りだ。メインコンコースの高く広い天井には星座が描かれ星にはランプが埋め込まれ、ニューヨークの観光スポットの1つとなっている。アップルストアはこのメインコンコースの中2階に位置する。アップルはこの店舗の場所について、グランドセントラル駅を管轄するニューヨーク州都市交通局から10年間借り受ける契約を交わしている。

アップルストア付近の天井に描かれた星座 アップルストア付近の天井の星座。地球から見える配置の鏡像として描かれたという

 ニューヨーク市マンハッタン島のアップルストアは、ガラスの立方体のような外観で知られる5番街店をはじめ4店舗があり、グランドセントラル駅店は5番目となる。5番街店のように24時間年中無休ではないが、1日の平均乗降客が約75万人というグランドセントラル駅メインコンコースの2階という絶好の立地で、ビジネスマンと観光客の両方にアップル製品をアピールできる旗艦店舗と位置づけられている。

 グランドセントラル駅店には、アップル製品のエキスパートがユーザーの質問に答えるジーニアスバーが2つ、オンラインで注文した製品を受け取れるパーソナルピックアップエリアも設けられている。製品購入後に個人設定などができるスタートアップルームも最大級としている。製品やソフトウェアの使い方を教える無料のワークショップは、通常1時間のもののほかに、忙しいビジネスマン向けに15分のエクスプレスワークショップがあり、朝と夕方に集中してスケジュールされている。

 筆者はオープンの1時間ほど前に到着した。その時点ではプレス関係者やカメラを持った見物客が少し多いかなという程度だったが、20分くらい前になると少し離れた通路に待たされている入場者の列は数百人に延び、アップルストアに上がる階段付近は大勢の見物客で移動するのが難しいくらいになってきた。

 アップルストアのコンコースに面した手すりには赤いTシャツを着たアップルストアのスタッフがずらりと並び、オープン時はスタッフと見物客が大歓声とともにカウントダウン、そしてスタッフの拍手とハイタッチに送られながら最初の客が店に入った。アップルストア内にたどり着いたのはそれから30分ほどしてからだが、そのときでもまだスタッフの拍手とウェルカムタッチは続いていた。先着4000人に配られた特製Tシャツは黒地に「APPLE STORE, GRAND CENTRAL」の白文字が駅の列車案内表示風に書かれたもの。Tシャツの箱も凝っていて、開くと内側は青緑の地に金色で星座や星、アップルのロゴが描かれ、グランドセントラル駅コンコース天井をイメージしたものになっていた。

オープン時間直前、大歓声とともにカウントダウンが始まり、最初の客が階段を上って大歓迎を受けた

スタッフの拍手で迎え入れられる客 スタッフの拍手で迎え入れられる客
左:記念Tシャツ 右:記念Tシャツが入っていた箱の内側。アップルストアがあるあたりの天井画をイメージさせる

 ストア内は扉などでいくつかのセクションに分かれてコの字型に配置されている。床面積は5番街店などと比べて確かに広いのだろうが、コンコース側が開けた空間になっていることと高い天井による開放感だ。駅特有の喧噪も聞こえてくる独特の雰囲気の店舗となっている。全部で315人というスタッフは、オープニング時ということもあってか、ざっと見ても200人以上がフロアで客の対応に当たっていた。

床面積以上の広さを感じさせる 床面積以上の広さを感じさせる
左:ジーニアスバー 右:スタートアップルーム。iPhoneやMacを購入したユーザーが設定を行っていた

 筆者はApple TVを買ったのだが、応対してくれたスタッフがバーコード読み取り装置とクレジットカードの読み取り装置を兼ねるジャケットに入れたiPhoneを使ってその場で支払いまで完了、レシートは即メールで送られてくる。レジに並ぶことなく実にスムーズに購入できた。これなら通勤途中でもちょっと寄って利用しようという気になる。

 ワークショップはやっていなかったが、この立地なら大勢の利用が見込めるのはまず間違いない。グランドセントラル駅店のビジネスマン向けの施策が成功すれば、日本などほかの国でも駅ナカアップルストアの展開も十分あると感じた。

ユーザーが連れてきた子犬 スタッフに超人気だったユーザーが連れてきた子犬

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」