ニュース
» 2011年12月15日 15時00分 公開

「魔法少女まどか☆マギカ」、文化庁メディア芸術祭のアニメ部門大賞を受賞

第15回文化庁メディア芸術祭で、「魔法少女まどか☆マギカ」がアニメーション部門の大賞を受賞。エンターテインメント部門ではGALAXY SIIを宇宙に飛ばすプロジェクトが大賞になった。

[ITmedia]

 文化庁は12月15日、「第15回文化庁メディア芸術祭」の受賞作品を発表した。

 アート、エンターテインメント、アニメーション、マンガの4部門で優れた作品を選出した。アニメーション部門では「魔法少女まどか☆マギカ」が大賞を受賞した。漫画・小説の原作ものではなくアニメ用オリジナル作品という点が高く評価されたという。「アニメでは定番の『魔法少女もの』の設定を逆用し、観客が信じるジャンルの根幹さえゆさぶる批評的なワナを巧妙に仕掛けた意欲作」としている。優秀賞には川崎博嗣監督の「鬼神伝」、沖浦啓之監督の「ももへの手紙」などが選ばれている。

 エンターテインメント部門では、GALAXY SIIをバルーンに載せて成層圏に飛ばした「SPACE BALLOON PROJECT」が大賞を受賞。またFacebookの写真やアイコンを博物館風に表示する「The Museum of Me」、日本科学未来館の展示「アナグラのうた」などに優秀賞が贈られた。新人賞にはiPhoneアプリ「リズムシ」などが選ばれた。

 マンガ部門では「土星マンション」(岩岡ヒサエ)、アート部門では、双子の女性をそれぞれ2つの映像に映し、時間、話者、字幕などさまざまなレベルでの「差異」を鑑賞者に体感させる映像作品「Que voz feio(醜い声)」がそれぞれ大賞を受賞した。

 受賞作品展を2012年2月22日〜3月4日まで、国立新美術館ほかサテライト会場で開催する予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン