ニュース
» 2011年12月22日 08時00分 公開

男の妄想心をくすぐりたい! 「ブラ外し」iPhoneアプリ、審査に3回落とされても諦めない理由(1/2 ページ)

萌えキャラのブラジャーのホック外す「美少女ブラ外しPutti!」は人気のiPhoneアプリ。開発には2年を要し、審査に3回落とされた。リリースまでの壮絶(?)なドラマを聞いた。

[笹山美波,ITmedia]
画像 美少女ブラ外しPutti!

 性的なコンテンツに対する規制が厳しいことで有名なApp Storeにはポルノアプリはないが、男の妄想をくすぐるアプリならある。それが、萌えキャラのブラジャーのホックを外すiPhone/iPad/iPod touch向けアプリ「美少女ブラ外しPutti!」。ブラジャーを外した暁に訪れる「最高の栄光の奇跡」を求め、とにかくホックをこねくり回すのだ。

 価格は250円(12月22日現在は期間限定価格の85円)。今年8月にリリースし、有料アプリの総合ランキングで最高6位に入った。ダウンロード数は2万件を超えている。だがここまでの道のりはとても険しかった。開発には2年を要し、App Storeの審査は3回落とされた。それでも屈することなく、ブラジャー外しに情熱を燃やし続けたわけとは。壮絶(?)ドラマを開発者に聞いてみた。

スカートめくりがOKなら……

 美少女ブラ外しPutti!は、プレーヤーが男子学生となり、授業中の教室で、目の前の席に座っている女子生徒のブラジャーを背後から気付かれないように外すゲーム。息を吹きかけてブラジャーのホックの場所を探り、「2本のゴールドフィンガー」でホックをいじくり倒し、無事外れると「最高の栄光の奇跡」を見ることができる。

 息を吹きかけるとキャラが「そんな顔近づけて……」「ち、近いようっ」と照れるのがかわいい。男性ならば「最高の栄光の奇跡って一体何だ!?」と妄想がくすぐられ、知らぬ間に無我夢中でプレイを繰り返してしまうはずだ。3ステージあり、ビキニのひもを外すシチュエーションも用意されている。ただし、お目当ての彼女は成績優秀な生徒会長。おまけに校内でも1位か2位を争うほどの美少女という設定なので、ガードは固い。それゆえ根気強くプレイし続けなければならない。

画像 深町さん

 開発したのは深町卓史(38)さん。以前、携帯電話向けゲームを手掛ける企業で、萌えキャラと野球拳で闘う「i野球拳」や、巨乳のコスプレ娘とパズルで対戦する「ミホのどきどき!! ジュエルタワー」など、ちょっとエッチなゲームの開発に携わっていた。

 ブラジャーを外すというアプリの企画を思いついたのは、2009年7月ごろ。当時大ヒットしていた女の子のスカートをめくるiPhoneアプリ「PUFF!」(現在は削除されている)にヒントを得た。普段は裏方として、ゲームの企画には関わらず「淡々とプログラムを書くだけだった」深町さんだが、「スカートめくりがOKなら、ブラジャー外しもいけるだろ!」と考え、仕事の傍ら「趣味の延長」として意気揚々と企画開発を始めた。

一筋縄ではいかないリリースまでの道のり

 早速、デザイナーと声優の友人を誘って制作を始めた。最初は単純にブラジャーを外すだけのゲームにするはずだったが、「そんな簡単にブラジャーが外れてしまっては」と思い直し、端末を傾けたり、息を吹きかけるといった操作方法を追加。こだわるあまり、ステージをいくつも追加するなど次第にボリュームアップしていき、2年かかってようやく完成した。だが「やっと出来た」とほっとする間もなく、次の壁が待ち受ける。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  3. /nl/articles/2110/25/news023.jpg 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙
  4. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  5. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  6. /nl/articles/2110/26/news020.jpg 「最後くそわろた」「盛大に吹いたw」 コンビニバイトが出会った“変なお客さん”の珍行動漫画が話題に
  7. /nl/articles/2110/25/news057.jpg 子どもが熱を出したママのシフト変更を断った独身時代…… 親になって気付いた“ワーママの休みづらさ”を描いた漫画に反響
  8. /nl/articles/2110/26/news070.jpg ガンダムを廃材から作り出す職人がすごい 可動まで実現する神業に「令和のプラモ狂四郎」の呼び声
  9. /nl/articles/2012/09/news170.jpg ノジマ、PS5抽選販売で「転売ヤーを1件ずつ人力で排除」 応募総数は12万件、当選発表の遅れを謝罪
  10. /nl/articles/2110/21/news140.jpg 「早よ来い。ボケ」 知らない人から暴言メールが来たと思ったら…… ダブりの先輩から告白される漫画がシュールなハイスピードラブストーリー

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙