男の妄想心をくすぐりたい! 「ブラ外し」iPhoneアプリ、審査に3回落とされても諦めない理由(2/2 ページ)

» 2011年12月22日 08時00分 公開
[笹山美波ITmedia]
前のページへ 1|2       

 性的なコンテンツに対する規制が厳しいことで有名なApp Storeの審査だ。「PUFF!」のようにアプリが公開された後に削除された例もある。深町さんが恐る恐る審査に出したところ、やはりApp Storeから却下されてしまった。アプリ名に「ブラ外し」「美少女」といった単語を入れず、説明文には「男子学生の思い出を追体験できるアプリです!」と書いて「いかにもエロではなさそう」にしてみたが、それでも「下品」と突き返された。

 アプリを緊急リリースする必要がある場合に、審査を急ぐようAppleに依頼できる窓口があることを知った深町さん。アプリは夏の学校を舞台にしていたため、「サマープロジェクト」と無理やり理由を付け、窓口から連絡してみたが、結果は変わらなかった。アプリの説明ページに載せるスクリーンショットを、女子生徒の“ただの後ろ姿”1枚だけにしても駄目だった。

 「正面から向かって行ってはもう(審査に)通らない」と悟ると、最後の手段として、アプリが却下された場合に詳細を問い合わせることができる窓口「Resolution Center」へ申し立てた。すると、4度目の正直で通過連絡が来た。「長い1カ月だった」。アプリをリリースしたのは今年8月。App Storeの説明文がエロさや面白さに欠けていたためか、ユーザーの目には止まらず、売れ行きは苦戦を強いられた。

画像 App Storeの「エンターテインメント」カテゴリのダウンロード数で1位になり、カテゴリのトップになった

 転機となったのは今年11月。iOS 5のリリースやiPhone 4Sの発売に合わせ、アプリの再審査の申請がApp Storeに殺到していた影響で、「App Storeの審査基準が甘くなっている」というウワサを耳にした。そこでアプリのタイトルを「Putti」から「美少女ブラ外しPutti!」と変更。スクリーンショットを水着の女の子の画像を含む5枚に増やし、申請を出した。すると「厳しい審査が嘘だったかのように」すぐに審査が通ったという。

 その後はダウンロード数が伸びていき、App Storeの「エンターテインメント」カテゴリではトップに、有料アプリランキングでは最高6位まで上昇した。そのときのことを深町さんは「想像を遥かに超えた光景に仰天の朝を迎えました……」とFacebookでつぶやいてしまうほど驚愕し、喜んだ。Twitterで「バカアプリすぎワロタwww」などと感想をくれたユーザーにはすべて返信した。

「浮かれてばかりはいられない」

 だが、浮かれてばかりはいられない。「いつかApp Storeから削除されるか?」という不安が深町さんを襲っている。「朝起きた後にアプリが削除されていないかチェックするのが、日課になるほど神経質になってしまっている」と悩みを打ち明ける。であればなぜこんな思いをしてまで、ブラジャー外しアプリに情熱を燃やすのだろうか。

 実は深町さんは昨年起業し、本業でもiPhoneアプリを開発している。これまでに受注制作したのは、星空の写真を楽しめる時計アプリ「星空時景」や、パワースポットの写真を集めた「パワースポット写真集」など「真面目なアプリ」が多い。「楽しいし、やりがいも感じている」という。

 一方で、App Storeに対しては「規制を厳しくした結果、文字中心の参考書みたいなエロアプリばっかりになっていて、マーケットがつまらないと思うんです」と自論を展開する。携帯向けのちょっとエッチなゲームを手掛けてきた身としては、iモードの「18禁」カテゴリにあった「ドキドキするような、男の妄想心をくすぐられるゲームを(App Storeに)そろえたい」と夢を語る。

 「許されるならPutti!をもっとボリュームアップしたい」という。例えば、保健室を舞台に、ベッドで寝ている女の子のパジャマの前ボタンを外していくステージの追加だ。「でもそんなことしたら絶対削除されるので、なかなかできない」そうだ。「ナマ足」をテーマにした新しいゲームも今年9月から企画中。ストッキングを履いた女性のなかに紛れているナマ足の女性を狙い撃ちするゲームアプリという。「どうです? どうです?」とニコニコ(ニヤニヤ?)話す深町さんは満面の笑顔だった。

そういえば「最高の栄光の奇跡」って何!?

 さて、ここまで読んでアプリのエンディング「最高の栄光の奇跡」が気になっている方も多いのでは。以前記者も全力でゲームに挑んでみたがクリアできず、もんもんとしていた。どうやればクリアできるのかと深町さんを問い詰めると、自ら実演して示してくれた。

 慣れた手つきで操作する深町さん。端末に息をふきかけ、「あとはいつも通りブラを外すだけです」とホックをつまむようにして画面をタッチすると、簡単に外れてしまった。記者はホックを外したい一心で指を広げる動作を繰り返していたのだが、つまむ動作がキモだった。記者は女性だが、男性なら簡単だったのだろうか……。それにしてもけしからんアプリである。


画像 ブラウスから透けて見えるブラのホックをこねくり回す
画像 「いつも通り」ブラを外すと……?
画像 これが「最高の栄光の奇跡」……!


画像 ちなみにステージ2の舞台は体育館
画像 ステージ3はプール。水着のブラひもを外すのは難易度高め

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  2. /nl/articles/2404/14/news006.jpg 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2402/12/news004.jpg 「もしかして、父ちゃん……?」 窓の外から元保護子猫の姿を見つめる猫の“まなざし”に「泣けてくる」「愛だ」と157万再生!
  5. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
  6. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  7. /nl/articles/2404/14/news031.jpg えっ、これどうなってるの!? どこからボルトを通したのか分からない不思議なDIY工作が興味深い
  8. /nl/articles/2404/14/news007.jpg 家の床に落書きをしてしまった1歳の男の子、「ごめんね」を促されると…… 幼いながらの“誠意”に「速攻で許しちゃいます」「可愛すぎる」
  9. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  10. /nl/articles/2308/07/news025.jpg 猫嫌いの夫が道で倒れていた子猫を発見、1年後…… 幸せを運んできた猫の成長ビフォーアフターに感動の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」