ニュース
» 2012年01月12日 16時31分 公開

福岡から大宮へ15時間! 伝説の「はかた号」を越える新生「キング・オブ・深夜バス」はどれくらいエクストリームなのか試してみた最後は謎の感動(4/4 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

午前8時45分(足柄サービスエリア)

 足柄サービスエリアに到着。ここで9時まで休憩を取るとのこと。わずか10分ちょっととは言え、久しぶりにバスの外に出られる! バスから降りると、ひんやりとした新鮮な空気が心地よい。背伸びをすると、体中がバキバキときしんだ。

画像 足柄サービスエリア。富士のふもとにある、かなり大きなサービスエリア

 さっき買った単三電池4本はもう使い切ってしまったので、まずは売店で電池を補充。足柄はかなり大きなサービスエリアで フードコート内にはマクドナルドもある。「揚げたてのフライドポテト!」と一瞬逆上しかけるも、車内をポテト臭を充満させてしまいそうだったのでガマンした。かわりに、以前テレビ番組で紹介されていた「しぞーか(静岡)おでん」を購入。

画像 いくつものお店が並ぶフードコート。奥のマクドナルドにみんな並んでいる

画像 そういえば明るい状態でバスを見るのははじめて。新デザインに切り替わる前の車両はこんな感じ

画像 Twitterに写真を投稿すると、何人かから「おいしそう!」という反応。Twitterの孤独軽減効果、すごい

午前9時55分(横浜)

 高速道路を降りて一般道へ。おっ、と思っていると乗務員さんから「まもなく横浜YCATに到着します」とのアナウンス。YCATを「ワイキャット」と読むことをはじめて知った。

画像 いいかげん高速道路の景色に飽きてきていたので、一般道の景色が新鮮に見える

 横浜では若い女の子ばかり数人、ぞろぞろとバスを降りていった。きっとライブかコンサートでもあったんじゃないか、と勝手に推測する。新幹線で行くお金はないけど、深夜バスなら――。そういう人たちをすくい上げる「網」として、深夜バスが機能しているのなら、それはステキなことだなあ、とぼんやり考えた。

画像 横浜YCATで停車中。なぜか若者ばかり降りていった

 そして博多を発ってからおよそ14時間。とうとうバスは神奈川との県境を越え、東京都へと突入していくのだった。

午前10時50分(東京・水道橋)

 ふと窓の外に目を向けると、見慣れた建物や看板がちらほら。地図で確認してみると、バスはすでに東京のド真ん中、千代田区のあたりを走っていた。竹橋のジャンクションを通過して、神保町、水道橋と少しずつ北上していく。本当に博多からここまでバスで来てしまったことに胸が熱くなる。

 ところでこのへん、なにげにウチの近所なんですけど、ここで降ろしてもらえませんかね……。

画像 竹橋のジャンクションを通過中。横浜から1時間でもうこんなところまで

画像 地図だとこのあたり。ここで降りれば家まであとちょっとなのに!

午前11時00分(東京・池袋)

 午前11時ぴったりに池袋東口に到着。ここでもパラパラと何人か降りていった。あと車内に残っているのは5〜6組くらいだろうか。本来なら僕もここで降りるところだが、今回は終点の大宮まで行かなければならない。今さらながらに、どんな罰ゲームだ、と思う。

画像 池袋東口。本当に福岡からバスでここまで来てしまった

午前11時40分(大宮)

 乗務員さんから最後のアナウンス。間もなく大宮に到着します、とのこと。

 ここまで愛用してきた空気枕のエアーを抜く。正直、これがあるとないとでは、かなり快適さが違っていたと思う。足もスリッパから靴に履き替え、降りる準備を整える。そういえば、足柄サービスエリアで休憩をとったあたりから、尻の痛さはそんなに気にならなくなっていた。

画像 首都高速を降りて、バスは一般道へ

画像 iPhoneで地図を開くと、大宮駅はもうすぐ目の前だった

 首都高速を降りてしばらく一般道を走る。大きな交差点をひとつ曲がると、大宮駅の建物がいきなり視界に飛び込んできた。ロータリーの手前でスピードを落とし、バスはゆるゆると左側へ寄っていく。そして午前11時45分、ようやく大宮駅に到着! 乗車時間は15時間35分。当初の予定より25分遅れでの到着となった。

画像 着いたー! もう体中がバッキバキです

バスにはバスの良さがある

 約15時間半のバスの旅。あらためて振り返ってみると、実はそれほど悪いものではなかったように思う。もちろん、隣の席が空いていたおかげで、実質2座席を独占できたおかげもあったが……。

 楽しいことも多かった。オレンジの車内灯に照らされながら食べたパンの味。夜明け前に見た伊勢湾自動車道の夜景。富士川で見た、雲の帽子をかぶった雄大な富士山の姿。深夜の「逆ウラシマ現象」時間帯は確かにキツかったが、Twitterでこまめにつぶやいていたこともあって、それほど退屈することはなかった。機会があればまたライオンズエクスプレスに乗って、今度はもつ鍋を食べに福岡まで行こう、と思った。

 走り去っていくバスの後ろ姿を見ながら、僕は奇妙な充実感と、一抹の寂しさを憶えていた。3時間半で来られる新幹線もいいが、15時間かけて乗るバスにもまた違った味わいがあることが分かった。さーて、それじゃあ大宮から東京まで帰るか!

画像 ここまで乗せてきてくれて、ありがとう。ライオンズエクスプレス

画像 家に帰るまでが遠足。結局、東京の自宅まではここからさらに1時間かかった

※撮影の許可を得て取材させていただきました。ありがとうございました。

関連キーワード

iPhone | 福岡 | Twitter | 埼玉 | 高速道路 | 高速バス | 残念 | 大泉洋


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」