ニュース
» 2012年01月26日 18時02分 公開

「ねとらぼ」だから「虎坊」に行きたい――編集長の無茶ぶりから始まった、謎と神秘の「虎坊」探訪記謎の感動(2/4 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]

お巡りさんも知らない「虎坊」

 役場は駅から10分ほど歩いたところにあった。途中、5〜6人の小学生グループとすれ違ったら、いきなり「こんにちは」と挨拶されてビックリした。小学生から挨拶されるなんて、何年ぶりだろう。

 役場で虎坊について聞いてみようと思ったが、すぐ隣に交番があったので、まずはそちらへ入ってみることにした。ドアを開けると、中にはお巡りさんが2人。

―― すいません、東京から来たんですが、「虎坊」ってご存じですか?

 一瞬、キョトンとするお巡りさんたち。そりゃそうだ。しかしこっちは大マジメなのである。がんばって企画意図を説明すると、「あなたも大変ですね……」といった感じで親身になって対応してくれた。くだらない企画で本当にすいません。

画像 牛津交番。僕が訪れた時には、地元の小学生が落とし物を届けていた

 が、残念なことに2人とも地元出身ではないらしく、虎坊についてはよく知らないとのこと。iPhoneで地図を見せると、「ああ、ほんとだ、虎坊。ありますね」。いかん、これでは僕と情報レベルが一緒だ!

 聞けばどうやら、虎坊があるのは牛津町ではなく、隣の「芦刈町」の管轄区内らしい。

「たぶん牛津町で聞くより、芦刈町の方で聞いた方がいいと思いますよ」

 頭の中でピコーン、とイベントのフラグが立った気がした。なんだか昔のアドベンチャーゲームでも遊んでいるような気分だ。よし、これは芦刈町へ行けってことだな?

画像 今回は立ち寄らなかった牛津町役場。市役所じゃなくて町役場!

地元の人も知らない「虎坊」

 芦刈町まではタクシーで向かうことにした。途中、地元民が集まりそうなスーパーを見つけたので、買い物ついでにレジの店員さんにも尋ねてみた。

「虎坊……ですか? すいません、地元出身ですが聞いたことないですねぇ」

 えーっ、地元出身でも知らないのか虎坊! もしかしたら、実はとんでもない「いわく付き」の土地で、町ぐるみで口止めでもされてるんじゃないか……。こうなると逆に、意地でも知っている人を突き止めてやろうという気になってくる。

画像 スーパーとホームセンターが合体した「ユートク」。たぶん牛津町民御用達

 などと考えていると、ちょうど目の前をタクシーが通りかかった。

 運転手さんに企画を説明すると、「そういうことなら、交番より市役所に行くといいですよ」との提案。なるほど、芦刈町にある小城市役所なら虎坊について知っている人もいるかもしれない。

 移動中、このあたりについて少し話を聞いてみた。運転手さんによると、このあたりは玉ねぎの生産が盛んで、周りに見える畑はほとんどが玉ねぎ畑なのだそう。特に有名のは「早生」と「極早生」と呼ばれる品種(運転手さんは「わしぇ」「ごくわしぇ」と発音していた)で、どちらも一度食べると他の玉ねぎは食べられなくなるくらいおいしいらしい。後から調べたところ、佐賀県は北海道に次いで、玉ねぎの生産量国内第2位を誇るのだそうだ。

 ついでに、もしかしたらと思って虎坊についても聞いてみた。

「いやあ、聞いたことないなあ」

 ……ですよね。いや、むしろそれを聞いてホッとしている自分もどうなのか。

画像 窓の外は一面の畑。玉ねぎのほか、麦なども作っているそうだ

ついに最初の証人発見。そして……

 運転手さんにお礼を言って、市役所の前で降ろしてもらった。さあ、今度こそ虎坊を知っている人はいるのか!

画像 小城市役所に到着。新たな手がかりは見つかるのだろうか

画像 「虎坊係」というのは見あたらなかったので、とりあえず総合窓口へ

 窓口で企画について説明する。さすがにもう慣れたものので、今度はすんなり趣旨を理解してもらうことができた。窓口の人もやっぱり虎坊については知らなかったものの、かわりに地元出身という職員さんを呼んできてくれた。

「ああ、虎坊ね、聞いたことありますよ」

 キターーーーッ! 証人ゲット! 話を聞いたところ、その人も「詳しく知っている」というわけではなかったが、以下のようなことが分かった。

  • かなり狭い地域名なのは確か
  • どこまでが「虎坊」かの境目はよく分からない
  • 現在は10軒ほどの民家があり、あとはほとんど畑

 うーん、分かったようでよく分からない。まあ「やっぱり狭かった」というのが確定しただけでも収穫か。

画像 地図も見せてもらった。確かに、赤字で小さく「虎坊」とある

「あ、そうだ、もっと詳しく知りたいなら、岡本さんに聞くといいですよ」

―― 岡本さん?

「市役所のOBで、このあたりの郷土研究を行っている人です」

 郷土研究家! すぐさま「ぜひお願いします!」と言うと、なんとその場で電話してアポイントまで取ってくれた。

 どうやら岡本さんの家は市役所から歩いて行ける距離らしい。地図で場所も教えてもらい、僕はいよいよ虎坊の核心(そんなものあるのか?)に迫りつつあるという手応え胸を躍らせながら、小城市役所を後にしたのだった。

画像 ついでに小城市の観光情報なども教えてもらった。市の南は有明海に面しており、干潟体験などでも有名なのだそうだ

画像 市役所の前には移動図書館が止まっていた。うわーっ、うちの地元にもよく来てたなあ!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声