ニュース
» 2012年01月26日 18時02分 公開

謎の感動:「ねとらぼ」だから「虎坊」に行きたい――編集長の無茶ぶりから始まった、謎と神秘の「虎坊」探訪記 (3/4)

[池谷勇人,ITmedia]

明かされる「虎坊」の秘密

 岡本さんの家は市役所のすぐ裏手にあった。駐車場にいた男性に声をかけると、その人が岡本さん本人だった。あらためて企画の趣旨を説明し、「虎坊」について詳しく聞かせてもらう。

「ねとらぼって言うの? なんだか『ねたぼう』みたいな名前だなあ」

―― ねたぼう? どういう意味なんですか。

「大人になっても仕事しないで、家に閉じこもって遊んでる人のことをこっちじゃ『寝た坊』って言うんだよ」

―― ……。

画像 岡本澄雄さん。小城郷土史研究会の副会長だ

 市役所に務めていた頃から、郷土史の研究を行っていたという岡本さん。虎坊について尋ねると、自身の著書「『芦刈』その起源・人 ふるさとの地名をたずねて」を開いて見せてくれた。

「これは100年くらい前の地図かな。ほら、漢字で虎坊って書いてある」

画像 芦刈の起源や地名の由来などについて、事細かに調査、記述されている

画像 周辺の立野、八枝と合わせて、このあたりを「八立虎(はちりゅうこ)」と呼ぶそうだ

 岡本さんによると、もともと虎坊のあたりは「虎坊村(とらぼうむら)」と呼ばれていて、少なくとも1800年ごろの地図や文献にはその名前が見られたという(名前自体はもっと前からあった可能性もある)。境目がよく分からないのは、かつて農地の区画整理が行われた際に、道路や水路の位置が変わってしまったためらしい。

 また、そもそも虎坊のあたりは干拓によって作られた土地で、昔はあのあたりを牛津川が流れていたのだ、とも。

「今は牛津川が西を流れてるけど、昔はもっと曲がりくねってた。ほら、(地図を指さしながら)今は水路になってるけど、ここが本来の流れだった」

画像 地図の青いラインが現在、赤いラインが昔の牛津川の流れ

「虎坊」の名前の由来については、大きく2つの説があるという。1つは、「寅の方角の近く」という意味。「〜坊」という地名には「〜の近く」という意味があり、おそらくどこかから見て、寅の方角にあったから「虎坊」なのではないか、というのが第一の説。

 もう1つは、昔の修験者たちが寝泊まりに使っていた「坊(宿泊施設)」の名前がそのまま地名になったのでは、という説だ。このあたりには有名な霊場があり、それらを巡る際の中継点として「虎坊」というのがあったのでは、と岡本さんは推測する。ただ、どちらの説にしても、これといった決め手は見つかっておらず、あくまで岡本さんの推測なのだそうだ。

これが「ね虎坊」だ!

 そういえば、いつのまにか虎坊について夢中で調べていたけど、本来の目的は別にあるのだった。「ね」+「虎坊」で「ねとらぼう」! これをやらなきゃミッションを達成したとは言えないのである。岡本さんにそれを伝えると、

「タクシーで行くの? せっかくだから連れてってあげるよ」

 うわーっ、こんな企画のために本当に申し訳ありません! 最後まで小城市のみなさんに助けられっぱなしの取材である。さっそく岡本さんの軽トラに乗り込み、最後の目的地へと向かう。

画像 夢にまで見た(見てない)虎坊へ向けて、いざ!

 ……そして、畑の中を走ること5分とちょっと。岡本さんの軽トラがゆっくりと道路脇に止まる。

 おお、おおおお! さんざん地図で見た道路の形! 民家の並び!

「ほら、このへんだよ」

 キターーーーッ!

 さあ、とんでもなく長い前フリになってしまったが、これがウワサの「ね虎坊」である。しかとその光景を目に焼き付けよ!

画像 牛津川の土手から、「ね虎坊」!

 どうしよう。

 すごく普通の風景。

 なのに何だろう、この「やり遂げた感」は。

 「誰得だよ!」と言われてもしょうがないと思う。でも今インタビューされたら、「自分を褒めてあげたいです」とか言っちゃいそうな気がする。大丈夫かなあ。この感動、ちゃんと伝わってるかなあ。せめて言い出しっぺの編集長くらいは、この感動を共有してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた