ニュース
» 2012年01月26日 18時02分 公開

「ねとらぼ」だから「虎坊」に行きたい――編集長の無茶ぶりから始まった、謎と神秘の「虎坊」探訪記謎の感動(3/4 ページ)

[池谷勇人,ITmedia]

明かされる「虎坊」の秘密

 岡本さんの家は市役所のすぐ裏手にあった。駐車場にいた男性に声をかけると、その人が岡本さん本人だった。あらためて企画の趣旨を説明し、「虎坊」について詳しく聞かせてもらう。

「ねとらぼって言うの? なんだか『ねたぼう』みたいな名前だなあ」

―― ねたぼう? どういう意味なんですか。

「大人になっても仕事しないで、家に閉じこもって遊んでる人のことをこっちじゃ『寝た坊』って言うんだよ」

―― ……。

画像 岡本澄雄さん。小城郷土史研究会の副会長だ

 市役所に務めていた頃から、郷土史の研究を行っていたという岡本さん。虎坊について尋ねると、自身の著書「『芦刈』その起源・人 ふるさとの地名をたずねて」を開いて見せてくれた。

「これは100年くらい前の地図かな。ほら、漢字で虎坊って書いてある」

画像 芦刈の起源や地名の由来などについて、事細かに調査、記述されている

画像 周辺の立野、八枝と合わせて、このあたりを「八立虎(はちりゅうこ)」と呼ぶそうだ

 岡本さんによると、もともと虎坊のあたりは「虎坊村(とらぼうむら)」と呼ばれていて、少なくとも1800年ごろの地図や文献にはその名前が見られたという(名前自体はもっと前からあった可能性もある)。境目がよく分からないのは、かつて農地の区画整理が行われた際に、道路や水路の位置が変わってしまったためらしい。

 また、そもそも虎坊のあたりは干拓によって作られた土地で、昔はあのあたりを牛津川が流れていたのだ、とも。

「今は牛津川が西を流れてるけど、昔はもっと曲がりくねってた。ほら、(地図を指さしながら)今は水路になってるけど、ここが本来の流れだった」

画像 地図の青いラインが現在、赤いラインが昔の牛津川の流れ

「虎坊」の名前の由来については、大きく2つの説があるという。1つは、「寅の方角の近く」という意味。「〜坊」という地名には「〜の近く」という意味があり、おそらくどこかから見て、寅の方角にあったから「虎坊」なのではないか、というのが第一の説。

 もう1つは、昔の修験者たちが寝泊まりに使っていた「坊(宿泊施設)」の名前がそのまま地名になったのでは、という説だ。このあたりには有名な霊場があり、それらを巡る際の中継点として「虎坊」というのがあったのでは、と岡本さんは推測する。ただ、どちらの説にしても、これといった決め手は見つかっておらず、あくまで岡本さんの推測なのだそうだ。

これが「ね虎坊」だ!

 そういえば、いつのまにか虎坊について夢中で調べていたけど、本来の目的は別にあるのだった。「ね」+「虎坊」で「ねとらぼう」! これをやらなきゃミッションを達成したとは言えないのである。岡本さんにそれを伝えると、

「タクシーで行くの? せっかくだから連れてってあげるよ」

 うわーっ、こんな企画のために本当に申し訳ありません! 最後まで小城市のみなさんに助けられっぱなしの取材である。さっそく岡本さんの軽トラに乗り込み、最後の目的地へと向かう。

画像 夢にまで見た(見てない)虎坊へ向けて、いざ!

 ……そして、畑の中を走ること5分とちょっと。岡本さんの軽トラがゆっくりと道路脇に止まる。

 おお、おおおお! さんざん地図で見た道路の形! 民家の並び!

「ほら、このへんだよ」

 キターーーーッ!

 さあ、とんでもなく長い前フリになってしまったが、これがウワサの「ね虎坊」である。しかとその光景を目に焼き付けよ!

画像 牛津川の土手から、「ね虎坊」!

 どうしよう。

 すごく普通の風景。

 なのに何だろう、この「やり遂げた感」は。

 「誰得だよ!」と言われてもしょうがないと思う。でも今インタビューされたら、「自分を褒めてあげたいです」とか言っちゃいそうな気がする。大丈夫かなあ。この感動、ちゃんと伝わってるかなあ。せめて言い出しっぺの編集長くらいは、この感動を共有してほしい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声