ニュース
» 2012年01月27日 07時00分 公開

いいね!の気持ちをコーヒー1杯に託そう KDDIも注目する「giftee」、ソーシャルギフトの挑戦(1/2 ページ)

Facebookで知り合いの交際ステータスが婚約中に変わったら「おめでとう」とケーキをプレゼント――SNSでプチギフトを贈れるサービス「giftee」を使うと、こんなことができる。「インターネットには、ほんとに小さな感謝やお祝いの気持ちを送るタイミングがたくさんある」と開発者は狙いを語る。

[笹山美波,ITmedia]

 ある日の取材の帰り道。さっきまで一緒だった相手から「お疲れ様です」のメッセージとともに、近くのカフェで使えるコーヒーのチケットがTwitterで送られてきたことがある。お店で記事を書くかもしれないと思ったのか、無線LANが使える場所がチョイスされていた。気遣いに感動しつつ、普段訪れないお店でのワクワク感を味わいながらコーヒーを飲むと、なんだかほっこりした。

 そんなさり気ない素敵なやり取りができるサービス「giftee」をご存知だろうか。SNSやメールでお礼やお祝いの言葉を伝える際、gifteeを使えば一緒にちょっとした「ギフト」をプレゼントできる。サービスは昨年3月にスタート。運営元のギフティが今年1月にKDDIから出資を受けるなど、注目が高まっている。

 では具体的にどんなシーンでgifteeが使われているのか、そもそもネットユーザーのあいだで日常的にプレゼントを贈り合う文化は根付くのか、目標に掲げる年内10万会員に向けた施策は――ギフティの太田睦代表(27)に聞いた。

Welcome to giftee from giftee official on Vimeo.

おしゃれなカフェがずらり gifteeのイケてるギフトとは

画像 giftee

 SNSで「ありがとう」や「おめでとう」の一言に添えてもう一声何かしたいと思うことがある。例えば、友だちから誕生日や結婚の報告を受けたり、仕事の相談にのってもらったりした場合などに、“コーヒー1杯”“ケーキ1切れ”といったさりげないギフトでお祝いや感謝の気持ちを形にできたら便利だ。gifteeはそんなニーズに応えている。

 贈る側はまず会員登録する。次にギフトの送信方法をTwitter・Facebook・メールから選択し、相手を入力。ギフトを指定して代金をクレジットカードで支払うと、ギフトの内容が書かれたメッセージが相手に届く。メッセージはTwitterならメンションで、Facebookなら相手のウォールに自動投稿して知らせる仕組みのため、周りに秘密でプレゼントしたい場合は、メールを使おう。

 ギフトは、カフェで利用できるチケットか、無印良品のお菓子やフレグランスセットなど。価格は数百円〜千数百円程度とお手頃だ。カフェは都内を中心に46店舗あり、洗練された雰囲気の水上ラウンジ「WATERLINE」(品川)や大きな窓が特徴的な「Sign kasumigaseki」(霞が関)などおしゃれな店が多い。運営側が「コーヒーを飲んだり、ビールを楽しむ時間も含めてプレゼント」と考えてこだわって選んでおり、一部では「イケてるカフェを探しているなら、gifteeのギフトを見るといい」と言われることもあるようだ。記者がコーヒーを飲んだのは「CAFE PARK」(恵比寿)。テーブルが広くてノマドワークにぴったりだった。

 ギフトを使うには、指定された店へ行き「gifteeを使いたい」とメッセージ画面を見せて商品と交換する。有効期限は2カ月ほどで、使用されなかった場合の料金は一部NPOやNGOに寄付される。「プレゼントはちょっぴり恥ずかしいし、相手に逆に気を使わせてしまいそう」などと懸念する必要はない。逆にその仕組みを使えば、「期限が切れるまでにギフトを使って飲みに行こうよ」などと言って、気になる人を誘う言い訳に利用できそうだ。


画像 都内や鎌倉市のカフェやレストランのメニューのほか、無印良品のお菓子や雑貨などの中からギフトを選ぶ
画像 相手の好みに合わせたメニューを選ぶと◎。メッセージを入力してデザインを決める
画像 こんな感じでギフトが贈られてくる


       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」