ニュース
» 2012年02月07日 20時50分 公開

うどんは圧倒的に西日本が、そばは僅差で東日本が勝利

西日本の薄味か、東日本の濃い味か、それが問題だ。日本人が好むうどんとそばの味の現在を「日清のどん兵衛」が集計しました。

[ITmedia]

 日清食品は昨年から今年1月31日まで募集していたどん兵衛東西人気投票の集計結果をまとめ公開した。

 これは「日清のどん兵衛」の発売35周年を記念し行われた、「どん兵衛 きつねうどん」「どん兵衛 天ぷらそば」の東西食べ比べ企画の一環で、うどんとそばそれぞれ東西どちらの味付けが好みかを募集したもの。

画像 うどんとそばの東西だし対決。あなたはどっち派?

 どん兵衛は全国展開のカップ麺としては初めて地域別に味を分けて販売しており、東日本仕様はかつおだしが効いたしょうゆ感のある色の濃いつゆが、西日本仕様は昆布だしが効いただし感がある色の薄いつゆで販売している。なお、富山県、石川県、福井県、滋賀県、奈良県、和歌山県以西を西日本向けとし、北海道だけは「北のどん兵衛」ブランドを販売してきた。

 人気投票ではうどん74:26で西が、そばは55:45の僅差で東が上回っている。特筆すべきはうどんの結果。北海道と東北がわずかに上回っているものの、関東以西は圧倒的に西日本風の薄味が好まれているようだ。確かに讃岐うどんのチェーン店など全国的に広がっており、東日本でも一般的になっているのかもしれない。

画像 「日清のどん兵衛」は東日本版と西日本版の2つが用意されている

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/10/news103.jpg エレベーターで小学生姉弟がハグ→理由を聞くと…… マスクを忘れた子どもの対処法を描いた漫画に胸がぎゅっとなる

先週の総合アクセスTOP10