ニュース
» 2012年02月08日 08時00分 公開

ふんどしで「元気になれた」――35歳、脱サラして「日本ふんどし協会」に懸ける野望2月14日はふんどしの日(1/2 ページ)

古臭くて、おしり丸出しで恥ずかしいといったネガティブなイメージのあるふんどし。そんな印象を拭い去りつつ、魅力を広め、普及を目論む「日本ふんどし協会」という団体がある。目指すは「1億2000万人総ふんどし化」だ。

[笹山美波,ITmedia]
画像 日本ふんどし協会

 2月14日はバレンタインデー。“キャッキャうふふ”と盛り上がるちまたのリア充な女子と男子に伝えておきたい重要事項がある。実は14日は「ふんどしの日」でもあるのだ。2を“ふん”と、14を“どし”と読ませた、ちょっと無理やりな語呂合わせがすごい。推進しているのは「日本ふんどし協会」なる団体だ。

 協会の公式Twitterアカウント「@japan_fundoshi」を見てみると、「ふんどしを、締めてるだけで、色男」といまいち共感できない(?)俳句を読んだり、「ドーはドーナツのドー、ふーはふんどしのふー」と「ドレミの歌」を替え歌にしたり、なんだか楽しげだ。しかも「2020年 1億2000万人総ふんどし化計画」という高い目標を掲げている。おいおい、この協会一体どうなってるんだ。

男の悩みが解決 ふんどしにハマる理由とは

画像 中川さん

 同協会は、ふんどしの魅力や文化を伝え、世の中に広めるために結成された。ふんどしといえば「古臭い」「がたいの良いおやじが付けるもの」「お尻丸出しでネジネジが食い込んでて恥ずかしい」といったイメージがつきまとうが、そんなネガティブな印象にとらわれて毛嫌いされるのはもったいないと、普及活動に努めている。

 会長は中川啓次さん(35)。以前はふんどしと全く関係ない一般企業に勤めていたが、ひょんなきっかけでふんどしの魅力にとりつかれ、昨年12月に同協会とふんどしブランド「SHAREFUN(しゃれふん)」を立ち上げた。仕事は休職期間を経て脱サラし、現在はふんどし1本に絞っている。

 中川さんがふんどしにハマり始めたのは昨年5月ごろ。知人と仕事の打ち合わせ中、急に「俺ふんどし履いてるんだ」とふんどし姿を見せつけられたのがきっかけだった。最初はバカにして笑っていたが、通気性も良く汗をかいても快適で、「男性の悩みも解決に向かう」と聞き、就寝時だけ試してみることに。意外にも「結構ええやん」と惚れ込んだ。

 ふんどしはボクサーパンツやトランクスのようにゴムの締め付け感がなく、リラックスできる。下半身の血行不良から解放されるためか、中川さんは「“あそこ”の元気がだんだんなくなる」悩みから解消されたという。「ふんどしをつけ始めてから、朝起きてすごい元気になった」と笑顔の中川さん。しかも「下ネタやから話のネタとしても盛り上がる」と、ふんどしの魅力にピンと来てしまった。

 前職が激務だったためダウンし、この頃に休職。精神的にも限界が来ていたが、「ふんどしや、ふんどしが世の中に広がることを考えると、なぜだかすごくワクワクして元気になれた」。以来ありとあらゆるふんどしを買いつくしてみたものの、真っ白や真っ赤など「普通の人には導入ハードルの高い」デザインばかりで、「おしゃれなものがない」ことに気づく。

 そこで体調の回復を待って立ち上げたのが、ふんどしを現代人向けにおしゃれにアレンジしたSHAREFUNだった。ただし、1ブランドだけが良さを伝えても説得力が足りないし、ほかのふんどし専門店が「全然売れていない」現状を知り、「みんなで協力し合ってふんどしの魅力をアピールする団体」を作って業界全体を盛り上げようと決意。協会の設立に至った。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/27/news084.jpg 星野さんどこ……? 「どん兵衛」、鬼気迫るどんぎつねさんが“眼鏡”を放り捨てる意味深CMがもう「リアルごちゃ混ぜ」
  2. /nl/articles/2109/26/news028.jpg 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  3. /nl/articles/2109/22/news088.jpg 「生クリームは飲み物」通販が一時中止に 保健所からの指摘受け 製品名も変更
  4. /nl/articles/2109/26/news047.jpg かっぱ寿司で「入店20時間待ち」表示 全皿半額キャンペーンで全国に大混雑、入店困難な状態に
  5. /nl/articles/2109/26/news018.jpg 窓拭きお兄さんの恋を同僚おじさんたちが全力で応援するラブコメ漫画 「転職したい」と反響多数
  6. /nl/articles/2109/26/news027.jpg 「BotW」足跡モードで「ゼルダの伝説」を描く偉業 ガーディアンに襲われながらも“41日間の旅”を完走した作者にインタビュー
  7. /nl/articles/2109/26/news053.jpg 娘がダイソーで買ったニワトリ風船がなんかおかしい…… ナナメ上のビジュアルに「吹いた」「おなか痛いw」
  8. /nl/articles/2109/25/news064.jpg 森尾由美、長女の結婚をレアな母娘3ショットで報告 「美人親娘」「姉妹みたいや」と反響
  9. /nl/articles/2109/27/news028.jpg 夫が3カ月の育休を取ったら、新生児がいても8時間睡眠を確保できた 「シフト制」を取り入れた育休のレポート漫画が参考になる
  10. /nl/articles/2109/27/news060.jpg 徹夜でゲーム! 10時間爆睡! 起きたら夕方! “丁寧な生活”もいいけど「バカの生活」やっぱり気持ちいい! という漫画に共感

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」