ニュース
» 2012年02月09日 10時37分 公開

“中古”音楽ファイル売買サービス、レコード会社に訴えられるも閉鎖を回避せかにゅ

デジタル版中古CDショップのようなサービス「ReDigi」が、著作権侵害でレコード会社から訴訟を起こされましたが、サービス停止は回避しました。

[ITmedia]

 中古CDショップのようにいらなくなった音楽ファイルを売買できる米国のネットサービスReDigiが、レコード会社に訴えられていた訴訟で白星を収めました。

ReDigi

 ReDigiは昨年秋に始まったサービスで、ユーザーはオンラインで聞かなくなった音楽ファイルを売却したり、中古のファイルをiTunesよりも安く購入することができます。同社は著作権問題の対策として、独自技術を使って、ユーザーが売ろうとしているファイルが合法サイト(iTunes)から購入されたものであること、ユーザーのPCや端末にコピーが残っていないことを確認しています。

 こうした対策を取っていたものの、ReDigiは1月にEMIグループのCapitol Recordsから著作権侵害訴訟を起こされました。BusinessWeekによると、ReDigiは「ファーストセールドクトリン(著作権者は著作物の複製物を売却その他譲渡する排他的な権利を持つが、それを売却するとその権利を失い、買主は制約なくそれを処分できる)がデジタル音楽の転売にも適用される」との姿勢ですが、Capitolは「売られるのはiTunesで買ったオリジナルのファイルではなくデジタルコピー」であり、著作権侵害に当たると反論、1曲当たり15万ドルの損害賠償とサービス閉鎖の仮処分命令を求めました。

 裁判所の判事は、サービス閉鎖を求める申し立てを棄却。Capitolが、取り返しの付かない損害を受けたとする主張を証明できなかったためとしています。その一方で、訴訟の棄却を求めるReDigiの主張も「時期尚早」と退けており、訴訟自体は継続することに。判事は「これは素晴らしい問題だ。技術的、法的な問題を多数提起している」としており、今後の審理でReDigiが合法かどうかが議論されていくことになります。

 ReDigiは、消費者には自分のデジタル音楽を売る権利があるとし、今回の決定は「消費者のデジタル資産を売却する権利を守る戦いでの大きな前進」としています。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」