ニュース
» 2012年02月09日 21時50分 公開

毛穴の凹凸まで丸見え! 最先端の「肌」表現デモがリアルすぎてもはや不気味日々是遊戯

「Separable SubSurface Scattering(SSS)」という最新の「皮膚表現技術」が話題に。これがリアルタイムCGだって信じられますか?

[池谷勇人,ITmedia]

数年後にはこのレベルが当たり前になる?

 まずは何も言わず、こちらの映像をご覧下さい。

Separable Subsurface Scattering (Real Time) from Jorge Jimenez on Vimeo.


 顔のシワやニキビ跡は言わずもがな、毛穴の凹凸や、ヒゲの「向き」まではっきりと分かる肌の質感など、まるで本物の人間を見ているかのよう。また耳のうしろがほんのり透けていたり、皮膚に反射した光が鼻の穴の中をわずかに照らしていたりといった「光の当たり方」の自然さにも注目。大きなモニタを使っている人は、ぜひフルスクリーンモードで見てみてください。

 この動画は、「Separable SubSurface Scattering(SSS)」と呼ばれる皮膚表現技術のデモ映像として公開されたもの。驚くべきは、これがプリレンダムービーではなく、リアルタイムで描画されたものという点です。

 詳しい技術については省略しますが、最大の特徴は何と言ってもその「軽さ」。こちらのページではより詳細な解説と、実際に起動可能なデモプログラムも公開されていますが、実際にデモをダウンロードして起動してみたところ、筆者の環境でも平均20.88FPSというまずまずの速度を出すことができました。ちなみに開発者の環境(GeForce GTX 580)では平均112.5FPSというスピードで動作しているとのこと。

 開発者によれば、この技術はゲームへの導入を目的に作られたものだそう。「私の研究がゲームにおける人体表現を向上させるのであれば、それは非常に喜ばしいことです。よりリアルなキャラクターは、必然的により深いストーリーテリングと、よりエモーショナルなゲーム体験をもたらすと私は信じています」(開発者)

 実際に導入するまでには、まだいくつかの作業(特に髪の毛の表現など)が残っているそうですが、あと数年もすればこのレベルの人体表現が当たり前になっているのでしょうか。ここまで来るとリアルすぎて逆に不気味な気もしますが、大いに可能性を感じさせてくれる技術と言えそうです。

画像画像画像

画像画像画像 写真はいずれも、筆者のPCでデモプログラムを起動して撮影したもの。マウスでモデルをグリグリと動かしたり、光の当たり方などを細かく変更したりすることも可能です

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」