ニュース
» 2012年02月15日 11時40分 公開

“静”物画なのに動く……! ハイテク絵画が面白いアート×テクノロジー

アートとテクノロジーを組み合わせて、動く静物画を作ったり、名画をインタラクティブにする興味深い試みが行われている。

[ITmedia]

 ぱっと見は果物やツボが描かれた静物画。でも額縁を傾けると、ツボが倒れ、果物がころころと転がっていく――アーティストが作った「Still Life」が面白い。

一見普通の静物画だが、傾けると……

 アーティストのScott Garnerさんが「従来の静物画を第4の次元に持って行く」というコンセプトで作った。絵画に見えるのは実はモーションセンサー付きフレームを取り付けたテレビで、回転式の壁掛けマウントで壁に取り付けている。テレビを動かすと、センサーが傾きのデータがコンピュータに送られ、コンピュータはレンダリングツール「Unity 3D」で傾きに合わせて画面の中を動かす。

Still Life from Scott Garner on Vimeo.

 また、これとは別にゴッホの「星月夜」を、アニメーションを使って動かしたり、タッチ操作できるようにする試みをアーティストのPetros Vrellisさんが披露している。

Starry Night (interactive animation) from Petros Vrellis on Vimeo.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」