ニュース
» 2012年02月15日 16時51分 公開

ボーイング787、アメリカ上空でひと筆書きに挑戦する

軌跡をたどると「787」と「ボーイングのロゴ」が浮かびあがる。なんとも粋なテストフライトがアメリカで行われました。

[ITmedia]

 まずはこちらの航空機のフライト情報や空港の発着情報をリアルタイムで表示するFLIGHTAWAREの画像を見てください。

画像 FLIGHTAWAREにはひと筆書きでしっかりと787とボーイングのロゴマークが

 「787」と「ボーイング社のロゴマーク」がアメリカ上空に浮かびあがっています。2月9日、エンジンのテストを兼ねたボーイング 787 Dreamlinerのフライトが行われ、その時の飛行経路がこのような粋なひと筆書きだったと報告しています。

画像 こちらがボーイング社のロゴマーク

 FLIGHTAWAREの情報によると、シアトルにあるキング郡国際空港(ボーイング・フィールド/KBFI)を午後1時33分に離陸した787「BOE236」は、13の州をまたがり一筆書きをしながら飛行し、約19時間後の翌10日午前8時45分に同空港へ戻ってきました。その飛行距離は、ざっと1万6751キロメートル!

 ニュースを伝えたSeattle Timesの記事によると、ボーイング787は2種類のエンジンが選べるようになっており、今回のテストフライトは先日ANAにやってきた787のロールス・ロイス plc社製のエンジンとは異なる、GE社製の試験エンジンで、エア・インディアに納められる予定のものだそうです。

 ボーイング・マーケティング担当副社長 Randy Tinseth氏のブログによると、各エリアの航空管制センターとの協力あってこその試みだったと明かしています。なお、「B747-8」のテスト飛行の際も今回のような一筆書きが行われていましたが、規模的にも精度的にもグレードアップしていたようです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む