ニュース
» 2012年02月16日 15時20分 公開

富士吉田市に萌えキャラ誕生 名前をネット投票で決定

山梨県の富士吉田市が観光PRのための萌えキャラを作り、名前を決めるネット投票を行っている。小学生のように見えるが、実は23歳というかわいいキャラだ。

[ITmedia]

 山梨県の富士吉田市に、観光PRのための萌えキャラが登場。一般公募したキャラ名のネット投票が2月16日に始まった。

 萌えキャラは和服姿の女の子。富士山をイメージした青いお下げ髪に、フジザクラをモチーフにした髪飾りを付け、市の鳥のアカゲラを連れている。着物は富士山とフジザクラの柄で、雪を表現したレース付き。足下は登山靴のようなロングブーツ。

 見た目は小学生に見えるが、23歳という設定。「未成年に間違えられる」のが弱点とか。道の駅富士吉田でショップ店員をしている。麺類(特にうどん)が好きで「ちょっと酒乱」、好きなタイプは「肉食系の人、正確にバネ・コシがある人」。おとなしそうに見えるが、ちょっとはじけたキャラなのかもしれない。

 15日までキャラの名前の一般公募を行い、500通を超える応募があった。その中から選ばれた「咲耶(サクヤ)」「桜織ちゃん(サオリチャン)」「富士乃桜子(フジノサクラコ)」など30の案から投票で最終選考「愛称総選挙」を行う。投票は22日まで投票を実施し、富士山の日である2月23日に名前を発表する予定だ。同日にはお菓子や酒など、オリジナルグッズも発売する。

グッズも発売予定

関連キーワード

萌え | 富士山 |


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  2. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. ありま猛『連ちゃんパパ』がなぜか突然ネットで流行 「スナック菓子感覚で摂取できる地獄」など悪夢のような感想が集まる
  6. 特別定額給付金の郵送申請は「給付対象者」欄を要チェック うっかり給付金を「希望しない」に印をつけていませんか?
  7. 「家出少女を保護して数年」 有吉弘行、HKT48現役時代から投稿してきた指原莉乃との2ショットをまたも更新(2年ぶり4回目)
  8. 母「とりあえず離婚したよ」 ハッシュタグ「あなたに来たとんでもないLINE」に衝撃ツイート続々
  9. 存在しないはずの“むつ小川原コイン”の謎を追う 「陸上自衛隊で購入した」情報提供者が出現、八戸駐屯地を取材
  10. 「とがったツイートは問題視していません」 小湊鐵道公式Twitter担当者なぜ解任? 小湊鐵道に聞いた