ニュース
» 2012年02月22日 18時00分 公開

クマさんもペンギンさんも元気でした 旭山動物園プチリポート (1/2)

日本最北の動物園「旭山動物園」には、夏より冬のほうが元気な動物たちがいっぱいいます。ペンギンさんのお散歩やシロクマさん、オオカミさんたちの様子を見てきました。

[山本恵太,ITmedia]

 冬の旭川に行ったら、旭山動物園名物「ペンギンのお散歩」を見ないわけにはいかない!――旭川冬まつりの取材にかこつけて、動物好きの記者がペンギンさんやシロクマさんを取材してきました。

 マイナス7度ほどの動物園は、夏とは打って変わって一面が雪景色。さすがにお客さんもまばらだろうと思っていたところ、もぐもぐタイム(エサの時間)にできる人だかりは夏とあまり変わらない様子でした。

掲示板にはマイナス6.9度の文字
でもお客さんはいっぱいいます
ちなみに園の外はこんな感じでした

ペンギンさんがやってきた

 ペンギンのお散歩は午前11時と午後2時半の2回(3月以降は午前のみ)。30分ほど前からお客さんが集まり、スタート地点から散歩コースを囲むようにずらっと行列ができます。

 お散歩をするペンギンはキングペンギンとジェンツーペンギン。キングペンギンは集団でよっちよっち歩きますが、小柄なジェンツーペンギンは好奇心のカタマリ。突然走り出して坂を登ったり、滑り落ちたりと自由な動きでお客さんを楽しませていました。

冬の動物園は人がまばらだろうと思ったら大盛況
お散歩を待ちわびる人々の列がずらーっと

おや? 
「ペンギン様のお通りだー」(※注:以下、動物たちのコメントは筆者の妄想です)

よっち
よっち
よっち

「んー? エサくれるん?」
ズボッ
「待ってよー」

「お散歩だわーい」
「うわー急に止まるなー!」


       1|2 次のページへ

Copyright© 2011 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.