ニュース
» 2012年02月22日 18時11分 公開

“オジプラス”がついに同人ゲームに!? イケメンたちと「夢のような時間」を過ごす「Dress≒Code」

おじさんと恋するゲーム“オジプラス”があったら面白いのに――そんな妄想がTwitterユーザーの間で盛り上がったことがあったが、どうやら同人ゲームとして実現した模様。早速記者は試作版をプレイ。イケメンに囲まれてウハウハ気分を味わってみた。

[笹山美波,ITmedia]
画像 Dress≒Code

 ラブプラスならぬ、おじさんと恋するゲーム“オジプラス”があったら面白いのに――そんな妄想がTwitterのハッシュタグ「#オジプラス」で盛り上がったことがあったが、どうやら同人ゲームとして実現してしまったようだ。

 Twitterユーザーの@katosyan1さんなどが「オジプラス試作品」として公開した「Dress≒Code」。プレイヤーはOLという設定で、ふと立ち寄ったバーで「大人な男性」たちと出会い、恋愛シミュレーションを楽しむ。これだけ聞くとよくある乙女ゲーっぽいが果たしてオヤジ具合はいかほどか……記者が早速試してみた。

これが“オジプラス”的世界だ!

 主人公は仕事帰り。今日は残業やクレーム対応で疲れている。おまけに急な雨で、傘を持ち合わせていない。しかも転んで足をくじいてしまった。せっかくラッキーカラーのピンクのワンピースを着ているのに「本当にツイてない」。落ち込みつつも立ち上がると、1軒のバーが視界に入った。主人公は導かれるようにして店内へ――。

 まず新人店員の若狭元樹が主人公を出迎える。ジャニーズ系(?)で若々しい正統派イケメンだ。主人公より年下という設定だが、無邪気で「犬みたいな」振る舞いが可愛らしい。あごひげに長髪を結いた、大柄な体格の店長・霧生明もいる。出会い頭には「お嬢さんが天使に見える」とさり気なく口説いてくる(?)のがちょっと萌える。


画像 新人店員の若狭元樹は、若くて「犬みたいな子」
画像 店長・霧生の渋さもたまらない

 カウンターに座ると、常連客の黒山竜也が隣にやってくる。黒山は刑事という設定で、トレンチコートにくたびれたスーツ、無精ひげを生やしている。俳優の藤木直人さん似で結構かっこいい。そして2人で乾杯……って、このシチュエーションに記者はかなりときめいてしまった!

 いい雰囲気で話を始めようとすると、黒山の友人で常連客の、白河光と水橋李央が入店してきた。白河は検事らしく、いかにも冷徹そうな雰囲気だ。水橋は眼鏡をかけてインテリっぽい感じだが、外科医ということもあり、主人公が足を痛めているのを察知して、応急処置をしてくれた。

 刑事、検事、外科医と「超エリートコースのイケメン」に囲まれ、夢のような時間を過ごす主人公。だが黒山は仕事に戻らなければならなくなったため、主人公に「次の機会に飲もう」と告げて、店を後にする。社交辞令でもなんか嬉しい。続いて白河と水橋も帰ってしまった。なんだか寂しい。

 「もうこんな時間」。主人公は後ろ髪をひかれつつ帰ろうとすると、新人店員・若狭元樹の双子の弟、和樹がやって来た。兄に傘を届けに来たのだが、「せっかくだから」と主人公にその傘を差し出す。お店に「また遊びに来たい」と思い始めていた主人公。店に来る言い訳ができて嬉しい。

 しかも帰り際に店長・霧生が「その服、君にとてもよく似合っている」と言ってくれるのだ。ツイてないと思っていたけど、ラッキーカラーのワンピース着て来て良かった……! おおっと、記者は知らぬ間にゲームの主人公と気持ちがリンクしていたようだ。

 試作版のためゲームは約10分で終了。キャラクターボイスもない。いかにも“おじさん”に囲まれるのかと思いきや、キャラは30代前後のお兄さんっぽい見た目だったり、年下の「犬みたいな子」だったりして、少し想像と違った。だがみんな「女っ気がない」のにイケメンで、記者はウハウハ気分を味わえたので良しとしておく。

 現状セーブや行動選択などは一切できないが、完成版は「こんなものだと思うなよ」とのことなので期待しよう。試作版はサイトから無料でダウンロードでき、対応OSはWindows 2000/XP/Vistaとなっている。


画像 いかにも刑事という感じの雰囲気。かっこいい
画像 刑事、検事、外科医に囲まれてウハウハ気分

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2008/04/news130.jpg レディー・ガガ、渡辺直美の「Rain On Me」パロディーMVを絶賛 早くも“1000万回再生”に迫る勢いに
  2. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  3. /nl/articles/2008/03/news017.jpg 母犬「私の赤ちゃんを助けて……」 真冬の排水管で暮らすワンコ親子を保護→元気に成長した姿に涙があふれる
  4. /nl/articles/1809/03/news057.jpg 「稟議=りんぎ」「消耗=しょうもう」ではない? 現代人には分からない“漢字の本来の読み方”
  5. /nl/articles/2008/04/news071.jpg 「何で顔を隠すの?」 安藤美姫、娘とテレビ初共演 “顔出し”解禁は娘の一言が転機に
  6. /nl/articles/2008/03/news094.jpg 「子どものため」って何だろう? 手作りの食事にこだわりすぎてうつ病になったお母さんが、「ポテサラ事件」に思うこと
  7. /nl/articles/2008/03/news020.jpg ブロックたたき骨折、謎キノコ食べて下痢 無謀過ぎる男を描いた4コマ「マリオになりたかった男」ラストで感動が押し寄せる
  8. /nl/articles/2008/03/news109.jpg 「半沢直樹」大和田、再び“土下座”なるか? 伊佐山と裏で結託するも……怒濤の展開にネット考察盛り上がる
  9. /nl/articles/2008/03/news064.jpg LINEヘルスケア、悩む人に「死ぬのが正解」「低レベル」「ガキンチョ」と言い放ち炎上 登録医師の「利用規約違反」があったと謝罪
  10. /nl/articles/1906/06/news080.jpg 「顔はお父さん、全体はお母さんの遺伝子が」 仲村トオルの娘・ミオが初グラビア、“176センチ”の抜群なスタイル披露