ニュース
» 2012年02月28日 20時40分 公開

鳥のさえずりは著作権で保護された音楽? YouTubeのシステムが誤認識せかにゅ

「音楽を使っていない動画なのに、楽曲の著作権を侵害しているとYouTubeから通知された」というユーザーの報告が話題に。YouTubeのシステムが鳥の声を誤認識したようだ。

[ITmedia]

 鳥のさえずりが入った動画をYouTubeに投稿したところ、音楽の著作権を侵害しているとして扱われた――こんなユーザーの報告が話題になった。

 YouTubeユーザーのeeploxさんは2月25日のユーザーフォーラムへの投稿で、屋外を歩いている動画をYouTubeに投稿したところ、Rumblefishという企業が保有している楽曲の著作権を侵害していると指摘を受けたと述べている。動画では音楽は使われておらず、鳥のさえずりが聞こえる程度。YouTubeの著作権保護システム「コンテンツID」が、これを音楽と誤認してしまったようだ。

eeploxさんの投稿

 コンテンツIDは権利者から提出された楽曲などのデータをもとに、投稿された動画が著作権を侵害しているかどうかを判断するシステム。侵害と判断した動画は、権利者の意向によってブロックしたり、広告を挿入して収益を権利者に配分したりする。eeploxさんの動画には、Rumblefishの収益化のため広告が挿入された。このシステムは人間によるチェックではなく自動化されているため、誤認もあると指摘されている。

 eeploxさんはこの判断に異議を申し立てた。「謎の組織が私のコンテンツに権利を申し立て、広告を表示して利益を得ている。冒とくされた気分だ」。異議申し立ては一度は退けられたが、彼がコミュニティーサイトのSlashdotにこの件を投稿したことで話題になり、多数の人がRumblefishにメールを送ったという。

 彼はその後、Rumblefishから謝罪があり、動画から広告が外されたと動画の説明欄で報告した。彼は、誤認識であったにもかかわらず「Rumblefishはしばらくの間、私の動画からもうけを得ていた」と批判。「Rumblefishのような知財管理企業は(誤認の起き得る)YouTubeのシステムをこのような形で利用してきた。今回は初めて、世間からの非難の声が大きくなったために行いを正すしかなくなった」。この件が知れ渡れば、Googleはシステムを変えざるを得なくなるだろうとも述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2105/13/news131.jpg 「なんて品の無い番組だろう」 光浦靖子、手作りした作品を笑い飛ばした番組演出にファンから怒りの声
  2. /nl/articles/1607/05/news111.jpg TBS、「行き過ぎた編集」で謝罪 バラエティー番組で出演者の姿を意図的に消すなどしていた問題
  3. /nl/articles/2105/13/news008.jpg 「子猫とは思えない」「前世はゴルゴかな?」 飼い主を起こしに来た子猫の表情が“必殺仕事人”の貫禄
  4. /nl/articles/2105/13/news014.jpg サーバーに魔よけのお札を!? 神頼みのIT企業描くギャグ漫画に「案外ウソでもない」と業界から証言
  5. /nl/articles/2105/12/news162.jpg 「USB 3.0機器はゆっくり差すと2.0、素早く差すと3.0として認識される」って本当? →メーカー「本当です」
  6. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  7. /nl/articles/2104/30/news103.jpg TBS「クレイジージャーニー」“ヤラセ発覚”から1年半ぶりに復活 「めっちゃ嬉しい!」「レギュラー復活を」と喜びの声あがる
  8. /nl/articles/2105/13/news105.jpg 【ぞっとする実話】泥酔したとき友だち面したおじさんに連れていかれそうになるも、介抱してくれた人が放った一言で見事に追い払った
  9. /nl/articles/2105/13/news015.jpg なぜ猫は何年たってもかわいいのか?→“猫に記憶を消されている説” 飽きない理由を描いた漫画に「すげえ納得した」の声
  10. /nl/articles/2105/12/news019.jpg トイレから戻ったら「猫がオンライン会議してた」 真剣な表情で参加するエリート猫ちゃんがかわいい

先週の総合アクセスTOP10