ニュース
» 2012年02月28日 20時40分 公開

せかにゅ:鳥のさえずりは著作権で保護された音楽? YouTubeのシステムが誤認識

「音楽を使っていない動画なのに、楽曲の著作権を侵害しているとYouTubeから通知された」というユーザーの報告が話題に。YouTubeのシステムが鳥の声を誤認識したようだ。

[ITmedia]

 鳥のさえずりが入った動画をYouTubeに投稿したところ、音楽の著作権を侵害しているとして扱われた――こんなユーザーの報告が話題になった。

 YouTubeユーザーのeeploxさんは2月25日のユーザーフォーラムへの投稿で、屋外を歩いている動画をYouTubeに投稿したところ、Rumblefishという企業が保有している楽曲の著作権を侵害していると指摘を受けたと述べている。動画では音楽は使われておらず、鳥のさえずりが聞こえる程度。YouTubeの著作権保護システム「コンテンツID」が、これを音楽と誤認してしまったようだ。

eeploxさんの投稿

 コンテンツIDは権利者から提出された楽曲などのデータをもとに、投稿された動画が著作権を侵害しているかどうかを判断するシステム。侵害と判断した動画は、権利者の意向によってブロックしたり、広告を挿入して収益を権利者に配分したりする。eeploxさんの動画には、Rumblefishの収益化のため広告が挿入された。このシステムは人間によるチェックではなく自動化されているため、誤認もあると指摘されている。

 eeploxさんはこの判断に異議を申し立てた。「謎の組織が私のコンテンツに権利を申し立て、広告を表示して利益を得ている。冒とくされた気分だ」。異議申し立ては一度は退けられたが、彼がコミュニティーサイトのSlashdotにこの件を投稿したことで話題になり、多数の人がRumblefishにメールを送ったという。

 彼はその後、Rumblefishから謝罪があり、動画から広告が外されたと動画の説明欄で報告した。彼は、誤認識であったにもかかわらず「Rumblefishはしばらくの間、私の動画からもうけを得ていた」と批判。「Rumblefishのような知財管理企業は(誤認の起き得る)YouTubeのシステムをこのような形で利用してきた。今回は初めて、世間からの非難の声が大きくなったために行いを正すしかなくなった」。この件が知れ渡れば、Googleはシステムを変えざるを得なくなるだろうとも述べている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」