ニュース
» 2012年03月01日 07時00分 公開

Appleも困惑した謎アプリ「斉藤さん」 「第2反抗期」世代にウケて大ヒットの軌跡(1/2 ページ)

全国の斉藤さんと会話できるiPhone/Androidアプリ「斉藤さん」。App Storeの審査ではコンセプトが謎すぎて伝わらずApple側を困惑させた伝説をもつ。だがこのアプリが高校生や大学生にウケまくっているのだ。一体なぜ……。

[宮本真希,ITmedia]

 「LINE」や「Viber」のようにスマートフォンで通話できるアプリに注目が集まるなか、ひときわ異彩を放ちつつも、ヒット街道を爆進しているアプリがある。ユードーが開発した「斉藤さん」だ。iPhone版を昨年9月に、Android版を今年1月に公開し、合わせて130万ダウンロードを突破した。

画像 斉藤さん。キモかわいい世界観

 斉藤さんはその名の通り、全国の斉藤さんと無料でテレビ電話できるサービスだ。斉藤さんと“斉藤さんのファン”がアプリでつながり、一期一会の会話を楽しむ。実はApp Storeの審査に出す際、コンセプトが謎すぎて伝わらず、Apple側を困惑させた伝説を持つ。

 アプリ上での1日の通話件数(ユーザーをマッチングする回数)は約180万件。同社によると、メインのユーザーは高校生や大学生という。どうやら謎すぎるアプリは若い世代にすんなりと受け入れられ、広まっているようだ。一体何が起こっているんだ……教えてユードーさん!

「出会えない出会い系」

画像 南雲社長

 アプリの使い方はこうだ。自分が斉藤さんの場合は「斉藤さんはこちら」を選択し、そのほかの人は「斉藤さんと話す」を選択する。すると通話画面が現れ、無作為に選ばれた相手と、お互いのカメラ映像を見ながら、会話できる。映像はオフにして音声だけを楽しんでもいい。

 通話した相手に対して自分のプロフィールを公開したり、お礼のメッセージを送ったり(やり取りは10回まで)する機能を備えているが、1度話した相手に再度電話をかける機能はない。もちろんメッセージ機能を使えば連絡先を交換することも不可能ではないが、アプリの趣旨は見知らぬ誰かと一期一会のコミュニケーションを楽しむことであるため「出会えない出会い系」と同社の南雲玲生社長は語る。

 世界観は「素朴でシュール」を目指した。トップ画面には黄色に黒字の明朝体で「斉藤さん」と大きく書かれ、不気味なサイのキャラ「斉藤サイ造」が笑う。一言で表現するとキモかわいい感じだ。「かっちり真面目に作るより、シュールな方がウケると思って」あえてそうした。

 ちなみに通話をするたび「斉藤」の判子がたまる機能があるが、判子を集めても特に何も起きない。ただ回覧板のように雑に判子が押されていくだけ。「そこにミステリアスさを感じるでしょ。アプリの企画ってテクニカルなことを考えがちなんですけど、感性を刺激するには世界観とかコンセプトが重要なんですよ」。

 どうしても気になるのは、なぜ“斉藤さん”なのかという点だ。日本で多い苗字ならほかにもある。「狙おうと思ったら田中か佐藤なんですけど、みんな『なんで斉藤なの?』って疑問に思うから、良いんです。社内に斉藤さんがいたわけでもなく、ギャグです」と、南雲社長は意図を説明する。

時代は繰り返す!? アマチュア無線と斉藤さんの共通点

 南雲社長が斉藤さんのアイデアを思いついたのは昨年8月。デザイナーと2人で酒を飲んでいたときのことだ。「いたずらみたいなもんです。これを作ったらウケるかなーと一発ギャグのつもりで」――そのまま酔っ払った状態で仕様書を書いた。

 「PianoMan」や「Aero Guitar」などのヒットアプリで知られる同社は、アプリの受託開発を多く手掛けているが、自社アプリへの思いも強い。「半年に1本はヒットアプリを出さないとユードーが忘れられてしまうという脅迫感があって」と、当時の心境を打ち明ける。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声