ニュース
» 2012年03月01日 07時00分 公開

Appleも困惑した謎アプリ「斉藤さん」 「第2反抗期」世代にウケて大ヒットの軌跡(1/2 ページ)

全国の斉藤さんと会話できるiPhone/Androidアプリ「斉藤さん」。App Storeの審査ではコンセプトが謎すぎて伝わらずApple側を困惑させた伝説をもつ。だがこのアプリが高校生や大学生にウケまくっているのだ。一体なぜ……。

[宮本真希,ITmedia]

 「LINE」や「Viber」のようにスマートフォンで通話できるアプリに注目が集まるなか、ひときわ異彩を放ちつつも、ヒット街道を爆進しているアプリがある。ユードーが開発した「斉藤さん」だ。iPhone版を昨年9月に、Android版を今年1月に公開し、合わせて130万ダウンロードを突破した。

画像 斉藤さん。キモかわいい世界観

 斉藤さんはその名の通り、全国の斉藤さんと無料でテレビ電話できるサービスだ。斉藤さんと“斉藤さんのファン”がアプリでつながり、一期一会の会話を楽しむ。実はApp Storeの審査に出す際、コンセプトが謎すぎて伝わらず、Apple側を困惑させた伝説を持つ。

 アプリ上での1日の通話件数(ユーザーをマッチングする回数)は約180万件。同社によると、メインのユーザーは高校生や大学生という。どうやら謎すぎるアプリは若い世代にすんなりと受け入れられ、広まっているようだ。一体何が起こっているんだ……教えてユードーさん!

「出会えない出会い系」

画像 南雲社長

 アプリの使い方はこうだ。自分が斉藤さんの場合は「斉藤さんはこちら」を選択し、そのほかの人は「斉藤さんと話す」を選択する。すると通話画面が現れ、無作為に選ばれた相手と、お互いのカメラ映像を見ながら、会話できる。映像はオフにして音声だけを楽しんでもいい。

 通話した相手に対して自分のプロフィールを公開したり、お礼のメッセージを送ったり(やり取りは10回まで)する機能を備えているが、1度話した相手に再度電話をかける機能はない。もちろんメッセージ機能を使えば連絡先を交換することも不可能ではないが、アプリの趣旨は見知らぬ誰かと一期一会のコミュニケーションを楽しむことであるため「出会えない出会い系」と同社の南雲玲生社長は語る。

 世界観は「素朴でシュール」を目指した。トップ画面には黄色に黒字の明朝体で「斉藤さん」と大きく書かれ、不気味なサイのキャラ「斉藤サイ造」が笑う。一言で表現するとキモかわいい感じだ。「かっちり真面目に作るより、シュールな方がウケると思って」あえてそうした。

 ちなみに通話をするたび「斉藤」の判子がたまる機能があるが、判子を集めても特に何も起きない。ただ回覧板のように雑に判子が押されていくだけ。「そこにミステリアスさを感じるでしょ。アプリの企画ってテクニカルなことを考えがちなんですけど、感性を刺激するには世界観とかコンセプトが重要なんですよ」。

 どうしても気になるのは、なぜ“斉藤さん”なのかという点だ。日本で多い苗字ならほかにもある。「狙おうと思ったら田中か佐藤なんですけど、みんな『なんで斉藤なの?』って疑問に思うから、良いんです。社内に斉藤さんがいたわけでもなく、ギャグです」と、南雲社長は意図を説明する。

時代は繰り返す!? アマチュア無線と斉藤さんの共通点

 南雲社長が斉藤さんのアイデアを思いついたのは昨年8月。デザイナーと2人で酒を飲んでいたときのことだ。「いたずらみたいなもんです。これを作ったらウケるかなーと一発ギャグのつもりで」――そのまま酔っ払った状態で仕様書を書いた。

 「PianoMan」や「Aero Guitar」などのヒットアプリで知られる同社は、アプリの受託開発を多く手掛けているが、自社アプリへの思いも強い。「半年に1本はヒットアプリを出さないとユードーが忘れられてしまうという脅迫感があって」と、当時の心境を打ち明ける。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  2. /nl/articles/2111/30/news172.jpg 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  3. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  4. /nl/articles/2112/01/news111.jpg ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去
  5. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  6. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  7. /nl/articles/2112/01/news013.jpg 「校長先生の鑑」「神やん」 激長でおなじみの“校長先生の話”を描いた4コマ漫画が超展開で話題に
  8. /nl/articles/2111/30/news033.jpg パパに叱られる柴犬を黒猫がフォロー→柴犬「あとよろしく!」黒猫「えっ!?」 置いて行かれてあぜんとする表情がかわいい
  9. /nl/articles/2112/01/news095.jpg SPEED島袋寛子、18歳での悲劇を告白 鼻が約20年後も変形したままで「整形しようかと」
  10. /nl/articles/2111/30/news073.jpg 「犬の散歩みたい」――批判的な声にハーネスの使用をためらう親のために 現役ママが開発したリュック一体型「ワーネス」誕生秘話を聞いた

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」