ニュース
» 2012年03月02日 11時00分 公開

都会の真ん中で「メェ〜」 ヤギに会える渋谷のカフェを訪ねた

猫カフェや犬カフェはありふれていて面白くない。ヤギを飼ったらいいんじゃない? そんなオーナーの“ノリ”で誕生したカフェが渋谷にあった。

[山本恵太,ITmedia]

 「んヴぇ〜」「んヴぇ〜」――オフィスビルが立ち並ぶ渋谷に、ヤギの鳴き声が響き渡る。声の主は「桜丘カフェ」(渋谷区桜丘町)の看板ヤギ「さくら」と「ショコラ」だ。なぜ渋谷のカフェにヤギがいるのだろうか? その謎を解くべく、“ヤギカフェ”を訪れた。

桜丘カフェ。奥にヤギ小屋がある

 桜丘カフェは渋谷駅から徒歩5分ほどの場所にある。外観は一見したところ渋谷ならではのオシャレなカフェだが、普通のカフェにはないものが1つある。それはヤギ小屋。なんとテラス席の隣にヤギ小屋があるのだ。牧場のカフェなら驚かないが、都内のカフェにヤギ小屋があるのは聞いたことがない。小屋には、白いヤギと黒いヤギが1頭ずつ暮らしている。

ヤギを飼うことになったのはオーナーの“ノリ”

2月28日現在、Googleストリートビューで小屋ができる前のテラスの様子を見ることができる

 桜丘カフェは、2009年3月のオープン当初からヤギカフェだったわけではない。オープンから1年後、オーナーが広いテラスを使って動物を飼ったらいいのではないかと考えたのがきっかけだ。猫カフェや犬カフェはありふれていて面白くない。渋谷でヤギを飼えば“シブヤギ”になって面白いのではというノリで決定したという。

 ヤギたちがやってきたのは2010年5月。白いヤギは地名の桜丘にちなんで「さくら」と名付けられ、黒いヤギはその色と、カフェならではの名前として「ショコラ」と名付けられた。2頭ともメスだ。

 ヤギの種類はそれぞれ別で、さくらはシバヤギでショコラはトカラヤギ。一般的にイメージするヤギより小さいのが特徴で、カフェに来てから2年近くたっているが、頑張れば抱っこできるサイズだった。さらに大きくなることはないだろうとカフェのスタッフは語る。

さくら(写真はしぶやぎブログより)
ショコラ(もぐもぐタイム)


 ご飯は干し草。午前中に取材させてもらった際はちょうど食事時で、記者のことなど気にしない様子で一心不乱にもぐもぐしていた。スタッフにお願いすれば直接エサをあげることもできる。なかなか牧場に出かける機会のない動物好きにはたまらないサービスだ。

 小屋の隣にあるテラス席では、ヤギの様子を見ながら食事をすることができる。においがあるので、気になる人は店内にある小屋に面した席がオススメ。どちらも席を予約することが可能だ。

テラス席
店内にも間近に見られる席がある


 記念日の思い出にヤギ席を予約する人はもちろん、ヤギをペットとして飼っている人が、うわさを聞きつけて訪れることもあるという。

老後は田舎でヤギを……

 午前中は黙々とご飯を食べていたさくらとショコラだが、夕方に再度訪れた際はヤギらしく「んヴぇ〜」「んヴぇ〜」と鳴いていた。鳴き声が近所迷惑にならないか気になるところだが、これまで特に苦情は来ておらず、それどころか癒しの存在になっているという。近くの保育園の子供たちが散歩で通ることもあり、ヤギたちは大人から子どもまで大人気だ。

 オープン前の午前10時から午前11時には不定期でヤギの散歩も行う。店の近くを回る程度だが、運がよければ渋谷の道路をかっ歩するヤギたちに会えるかもしれない。ちなみに2頭は今年4月、桜丘カフェの運営元が出版する、渋谷のお勧めスポットを紹介する写真集の“主役”にもなる予定だという。

 ヤギの世話はカフェのスタッフが行っている。スタッフが開店準備と一緒にヤギの世話をしている光景はとても大都会のカフェとは思えない。世話の仕方は独学で、ペットショップからエサのアドバイスをもらうことはあるものの、ほとんどは本で学んだ。

 渋谷のカフェで働いているのに、なぜかヤギに詳しくなった桜丘カフェのスタッフたちだが、毎日ヤギに癒やされ、「老後は田舎でヤギを飼ってもいいかも」と思う瞬間があると話していた。

もぐもぐ
もぐもぐ


 ヤギ好きな人はもちろん、都会で非日常的な体験をして癒やされたい人にもオススメだ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」