「1+1は2を超える」、だから共有を――Googleが災害対応で学んだ3つのこと今後の課題は“オフライン”(1/2 ページ)

間もなく東日本大震災から1年。Googleは今年の3.11に再び「Person Finder」を試験稼働させる。同社の危機対応チームを第三者の目で検証する特設サイトも立ち上げた。そんなGoogleがこの1年で学んだ3つのポイントとは――。

» 2012年03月07日 14時49分 公開
[宮本真希,ITmedia]
画像 危機対応チームの第三者の目で検証・提言する特設サイトを3月7日にオープン

 間もなく東日本大震災から1年を迎える。Googleは震災直後から、「Person Finder」や「自動車・通行実績情報マップ」、被災地のストリートビューといった関連サービスを立て続けに公開してきた。危機対応にあたるクライシスレスポンスチームは現在も手を止めることなく対応にあたっている。

 同チームの1人、賀沢秀人シニアエンジニアリングマネージャーは震災対応で3つのことを学んだという。1つは「スピード」。とにかく早くサービスを出していくことが肝心と話す。実際、今回のPerson Finderは地震発生から1時間46分後にはオープンするという早業だった。

 「未曾有の災害で手探りの状況のなか、考えても答えは出ない。必要だと思ったものはとにかく作って公開して、伸ばしていこうと。役に立たないと分かったものは止めてしまう。時々刻々な現場で、早くサービスを出すことは非常に大切だ」(賀沢さん)

 2つ目は「共有」だ。昨年3月14日に稼働した避難所名簿の共有サービスでは、被災地から写メールで名簿が大量に届いた。さらにボランティアのネットユーザー5000人がその名簿を手作業でテキストに起こし、最終的には14万件の情報がPerson Finderに入力された。

画像 賀沢さん

 これだけの規模の協力をユーザーから得られたことは、Googleにとっても想定外だった。「1+1は2を超える」と賀沢さん。「情報を持つ人もどこへ伝えて良いか分からない。だから我々のような“箱”を使って伝えていく。ネットの力が最大限発揮されたのではないか」と力説する。

 3つ目は「備える」ことの重要性。Googleの震災対応サービスは、新聞社やテレビ局、携帯電話会社などさまざまなパートナー企業の協力で成り立ってきた。しかも賀沢さんいわく「通常はあり得ないスピードで情報を提供頂いた」が、次同じような災害が起こったときも「これでいいのか?」という思いがある。

 「災害が起きた時点で“スタート”できていないといけない。1回目は仕方ないかもしれないが、次は繰り返すわけにはいかない」。今後は災害に備えて、普段からパートナーを積極的に探していく。「情報はただためこんでも、丸投げしてもダメ。出口、入口が大事だ」。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/26/news010.jpg 熟睡する2カ月赤ちゃん、お布団をめくるとそこには…… もん絶級の寝姿に反響「可愛いが大渋滞してる」「天使寝てはる」
  2. /nl/articles/2405/26/news042.jpg 「これはヤバい」 ハードオフに6万6000円で売っていた“まさかの楽器”に仰天 「安すぎない?!」「家に欲しい」
  3. /nl/articles/2405/26/news008.jpg ビオトープを立ち上げて1カ月半後、衝撃的な生き物が住み着いていた! 「生命の力に感動」「聞いたことない……」と驚きの声
  4. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. /nl/articles/2405/26/news002.jpg 1歳息子、乗っている車が洗車機に突入した瞬間…… かわいすぎる反応に「愛おしい!」「何回も見ちゃった」
  6. /nl/articles/2405/25/news034.jpg 「号泣しちゃう」 引きこもり気味の男子が“垢抜け” → その大変身に「おおお!」「凄い」と驚きの声
  7. /nl/articles/2404/28/news005.jpg 「とんでもないものが売ってた」 ハードオフに“33万円”で売られていた「まさかの商品」に思わず仰天
  8. /nl/articles/2405/26/news005.jpg 生後1週間の三毛猫4姉妹が1年後…… “女優”のような風格への変貌に「すご〜い!」「すっかりレディ」
  9. /nl/articles/2405/23/news182.jpg ごみ箱上の微妙なスペース→“100均材料”でおしゃれな棚が爆誕 630万再生の神アイデアに「やってみたい」「天才」
  10. /nl/articles/2405/25/news022.jpg 432の平方根を求めよ 中2なら秒で分かるかもしれないクイズ【番外編・中3数学】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評