ニュース
» 2012年03月16日 11時40分 公開

参考書に「ハルヒ」や「らき☆すた」 中経出版が仕掛ける“コラボ参考書”の裏側に迫る(1/2 ページ)

アニメやラノベを学習参考書に採用して注目を集める中経出版。その仕掛人である編集者に、その戦略を聞いてきた。

[岡徳之,ITmedia]

 人気ライトノベル「涼宮ハルヒの憂鬱」や「生徒会の一存」シリーズに登場するキャラクターを採用した参考書を展開している出版社がある。ビジネス書から語学書、人文・社会系の文庫まで取り扱う中経出版だ。

 ハルヒに「らき☆すた」、さらに「ケロロ軍曹」と、アニメキャラを使った参考書を連発する。1968年創業の伝統ある出版社がなぜ? その仕掛人に話を聞いてきた。

ハルヒにケロロ、コラボ参考書ずらり

 会議室に入るなり視界に飛び込んできたのは、数々の人気アニメキャラたち。「『ケロロ軍曹』の漢字ドリルシリーズ」に「計算ドリル」、「『生徒会の一存』で古文単語が面白いほど身につく本」、「『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本」シリーズ、「『らき☆すた』と学ぶ 化学[理論編]が面白いほどわかる本」が並ぶ。これらは、同社の親会社である角川グループホールディングスとのコラボレーション商品だ。

「ケロロ軍曹」「生徒会の一存」「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」のキャラを起用した学習参考書。人気キャラが「勉強しようよ」と今にも話しかけてきそうだ

 コラボ商品のほかにも、中経出版が独自で展開する萌え学習参考書もある。「大学入試 萌えわかり化学反応式 重要パターン50」や声優の朗読付きの「ゴロ合わせ朗読CD付 日本史まるごと年代暗記180」。さらに、「倫理、政治・経済早わかり 要点整理」など名前は萌えていないが、表紙に美少女キャラが描かれたものもある。

オリジナルの美少女キャラが描かれた参考書。「一緒に受験頑張ろうよ、ねっ!」と聞こえてきそう

 気になるのは中身だが、「『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本」では、左側のページに『涼宮ハルヒの憂鬱』のワンシーンをそのまま抜粋したものが、右側のページにネイティブスピーカーが英訳した文章が載っている。重要な単語は赤い文字になっており、懐かしの赤色チェックシートで隠すことができる。よく海外ドラマを観て英語を覚えるという人がいるが、その感覚に近いのかもしれない。内容は学校のカリキュラムに沿った、学習効果のある参考書として作られているという。


「『涼宮ハルヒの憂鬱』で英単語が面白いほど身につく本」。人気アニメの名場面を英語で再現できたら、人気者になれること間違いなし?
「『生徒会の一存』で古文単語が面白いほど身につく本」。イラストとテキストで説明

仕掛人は中経出版随一、いや唯一のアニメファン

「週末は平日に録りためたアニメを自宅で楽しんでいます」

 出版業界に次々とコラボ参考書を送り込んでいるのが、仕掛人である学習参考書編集部の部長でプロデューサーの山川徹さん。同社は以前から表紙に美少女を描いた参考書を作ってはいたが、アニメやラノベとのコラボ参考書を展開し始めたのは、角川グループホールディングスの傘下に入った後の2010年からだ。

 山川さんは前からアニメが好きだったが、自分の中で「無意識に、深入りしてはいけないとセーブしていた」という。しかし、角川グループ入りによって、社内で「アニメに関わる企画をやっていかないと」という機運が高まり、山川さんが起案するに至る。それまでセーブしていた気持ちが、仕事でアニメに触れるようになったことで高まった。「自分の中で、トリガーが引かれてしまった」と山川さんは当時を思い出して語る。

 こうしてコラボ参考書は生まれ、以来、企画は山川さんが一人で担当している。というのも、社内でアニメに詳しいのが山川さんしかいないからだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  2. 坂口杏里さん、「離婚は成立」と投稿 金銭貸し借り巡るDMさらし「これで終わり」「家族対1ってあまりに酷すぎる」とぶちまけ
  3. がん闘病の秋野暢子、手足の浮腫みで“見たこともない体重”に 抗がん剤の副作用を「しっかり受け止めます」
  4. HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  5. 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  6. マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  7. ダレノガレ明美、韓国でお気に入りのホクロを“ゴミ”だと除去されてしまう 「ドS Dr. ありがとう!」
  8. 笑福亭鶴瓶、背中いっぱいの「昇り鯉刺青」にファン仰天 “悪瓶さん”の貫禄あふれる後ろ姿が「迫力ハンパない」
  9. 娘が路上で子猫を発見→近づくと、突然倒れてしまい…… 保護子猫とのかわいすぎる出会いに「感動した」の声
  10. がん闘病の秋野暢子、激しい副作用とポジティブに格闘 治療で真っ赤な首筋に心配の声も「痛々しい」「見ていて辛い」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい