ニュース
» 2012年03月22日 15時27分 公開

8カ月かけて作ったゲームが、もしもたった82本しか売れなかったら――日々是遊戯

「オプーナ」の初週2500本、「エブリパーティ」の641本など、ゲーム業界には多くの「売れなかった伝説」がある。しかし、それらを上回る伝説を打ち立ててしまった男がいた……。

[池谷勇人,ITmedia]

悲しみを背負った男、ゲイムマン

 連載「レトロゲームが大好きだ」でもお馴染みの、覆面ゲームライター・ゲイムマン(@geimman)がTwitterで落ち込んでいる。昨年配信したケータイ用ゲーム「横浜妖精奇譚」が半年で82本しか売れておらず、当初は3作目まで作る予定だったのが、完全に白紙に戻ってしまったという。

 あまりにもかわいそうだったので、電話で直接お話をうかがってみた。

―― ええと、大変聞きにくいのですが、82本というのは本当の数字ですか?

ゲイムマン 本当です。月末にならないとその月の販売本数が出ないんですが、少なくとも先月末の時点では82本でした……。

 「82本」という数字はゲイムマン本人が、フォロワーとのやりとりの中で明かしたものだ。発売前は「TGS(東京ゲームショウ)にも出したし、悪くても1000本、うまく転がれば1万本くらいは……」と期待していたが、現実はそう甘くなかった。

画像 2月に最終回を迎えた「レトロゲームが大好きだ」より

 「横浜妖精奇譚」は、以前東京ゲームショウに出展した際にも紹介している。昭和61年の横浜を舞台とする、昔ながらのコマンド選択式アドベンチャーゲームで、あえてファミコン初期のようなレトロなドット絵と雰囲気にこだわった。

―― どうして売れなかったんでしょう。

ゲイムマン やっぱり告知の少なさと、携帯電話用アプリというプラットフォームを選んでしまったことですかね。ゲーム内容のせいではなかった、と思いたいです……。

 実は筆者もTGSの後で遊ばせてもらったのだが、決して悪いゲームではなかった。

 わざわざカタカナの「パピプペポ」を使わずにテキストを書いていたり(昔のゲームは容量を節約するため、使用頻度の低いカタカナフォントを削ったりしていた)、あえて背景を「一枚絵」にせず、8×8のマップパーツの組み合わせで表現していたり(これも容量を節約するためによく採られた手法)と、よくある「レトロゲーム“風”」ではなく、嘘偽りのない、本当の「レトロゲーム」を目指したのがよく分かる。

 時代考証にもこだわり、徹底して「昭和61年の空気」を再現した。だからゲーム中には一切、昭和62年以降の話題やネタは出てこない。遊ぶ人は選ぶが、刺さる人には刺さる、そういうゲームだ。

画像画像 「ポートピア連続殺人事件」を思わせるレトロなグラフィック。シナリオ、スクリプト、グラフィック含め、ほぼゲイムマンが1人で開発している

画像画像 物語は全8章。基本はコマンド選択式のアドベンチャーゲームだが、途中でパズルのような謎解きが挿入されたり、迷路のようなダンジョンを冒険したりもする

―― そもそもどういう経緯で作ることになったんですか?

ゲイムマン もともとゲームは作りたかったんですよ。それと当時、ちょうど女の人に振られてものすごく落ち込んでいて、そのとき抱えていたものを全部ゲーム開発にぶつけようと思ったんです……。

 シナリオ、グラフィック、スクリプトなど、開発はほぼすべてゲイムマン1人で行った。ゲーム中にはアイドルや美少女の姿を借りた「妖精」たちが何人も出てくるが、これらはすべて過去、ゲイムマンの周りを通り過ぎていった女性たちを投影したものだ。悲しい、悲しすぎるぞゲイムマン……!

―― PCやiPhoneに移植したりはしないんですか?

ゲイムマン 実はそう思って先日、VectorでWindows用体験版の配信を開始しました。フルバージョンも現在準備中です。

 おお! ゲイムマンによると、PC版は携帯アプリ版の忠実な移植で、体験版では全8章のうち4章まで遊ぶことができるとのこと。製品版もほぼ完成しており、こちらもまもなく配信予定だ。

 先ほども書いたとおり、決して悪いゲームではないし、このまま話題にならず忘れられてしまうのはあまりにも惜しい。好みは分かれるだろうが、世が世なら「21世紀の現代にあえて“昭和61年”を完全再現しようとした奇ゲー」として語り継がれたかもしれない作品だ。

 出したゲームについて「クソゲー」だと叩かれるのは悲しいが、話題にもならず忘れられていくのはもっと悲しい。ましてそれが良作だったらなおさらだ。

 もしもこれを読んで「横浜妖精奇譚」に興味を持った人がいたら、ぜひプレイしてみてほしい。携帯電話版(docomo、Softbank対応)は315円にて配信中、PC用体験版はVectorにて無料配信中だ。

画像 Twitterでもたびたびボヤいていたゲイムマン。これで少しでも元気を出してくれればいいのだが……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/08/news015.jpg 大好きな飼い主に、元保護猫がダイナミックハグ!! 「おかえりー!」と飛びつく姿に「かわいすぎる」の声
  2. /nl/articles/2112/08/news122.jpg ビジュアル系バンド「nurie」小鳥遊やひろさん、追突事故に巻き込まれ逝去 他メンバーも病院へ搬送
  3. /nl/articles/2112/07/news156.jpg 渡辺直美、NYで運転免許取得も「絶望」 “不意打ち”顔写真採用に困惑「どんな表情でどんな髪型なの?」
  4. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  5. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  6. /nl/articles/2112/08/news086.jpg 【その視点はなかった】常に丁寧口調の同僚に、評判の悪い人への印象を聞くと「こちらも親指が下がる思い」と低評価
  7. /nl/articles/2112/08/news100.jpg 井上和香、6歳娘と“笑顔いっぱい”温泉旅行2ショット 「娘との関係がうまくいかない」と育児に悩んだ過去も
  8. /nl/articles/2112/08/news024.jpg 猫「え……それ私のおやつでは??」 困惑の表情で風呂場に立ち尽くす猫ちゃん、かん違いする姿がかわいい
  9. /nl/articles/2112/07/news029.jpg 「キッチンから落ちゆく猫」 ペットシッターさんがとらえた決定的瞬間の写真に「動画で見たい!」「犬神家みたいw」
  10. /nl/articles/2112/08/news081.jpg 矢田亜希子、豊川悦司とのドラマ「愛していると言ってくれ」兄妹2ショット ファン「これはエモい」「私の青春だ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」