ニュース
» 2012年03月22日 15時27分 公開

日々是遊戯:8カ月かけて作ったゲームが、もしもたった82本しか売れなかったら――

「オプーナ」の初週2500本、「エブリパーティ」の641本など、ゲーム業界には多くの「売れなかった伝説」がある。しかし、それらを上回る伝説を打ち立ててしまった男がいた……。

[池谷勇人,ITmedia]

悲しみを背負った男、ゲイムマン

 連載「レトロゲームが大好きだ」でもお馴染みの、覆面ゲームライター・ゲイムマン(@geimman)がTwitterで落ち込んでいる。昨年配信したケータイ用ゲーム「横浜妖精奇譚」が半年で82本しか売れておらず、当初は3作目まで作る予定だったのが、完全に白紙に戻ってしまったという。

 あまりにもかわいそうだったので、電話で直接お話をうかがってみた。

―― ええと、大変聞きにくいのですが、82本というのは本当の数字ですか?

ゲイムマン 本当です。月末にならないとその月の販売本数が出ないんですが、少なくとも先月末の時点では82本でした……。

 「82本」という数字はゲイムマン本人が、フォロワーとのやりとりの中で明かしたものだ。発売前は「TGS(東京ゲームショウ)にも出したし、悪くても1000本、うまく転がれば1万本くらいは……」と期待していたが、現実はそう甘くなかった。

画像 2月に最終回を迎えた「レトロゲームが大好きだ」より

 「横浜妖精奇譚」は、以前東京ゲームショウに出展した際にも紹介している。昭和61年の横浜を舞台とする、昔ながらのコマンド選択式アドベンチャーゲームで、あえてファミコン初期のようなレトロなドット絵と雰囲気にこだわった。

―― どうして売れなかったんでしょう。

ゲイムマン やっぱり告知の少なさと、携帯電話用アプリというプラットフォームを選んでしまったことですかね。ゲーム内容のせいではなかった、と思いたいです……。

 実は筆者もTGSの後で遊ばせてもらったのだが、決して悪いゲームではなかった。

 わざわざカタカナの「パピプペポ」を使わずにテキストを書いていたり(昔のゲームは容量を節約するため、使用頻度の低いカタカナフォントを削ったりしていた)、あえて背景を「一枚絵」にせず、8×8のマップパーツの組み合わせで表現していたり(これも容量を節約するためによく採られた手法)と、よくある「レトロゲーム“風”」ではなく、嘘偽りのない、本当の「レトロゲーム」を目指したのがよく分かる。

 時代考証にもこだわり、徹底して「昭和61年の空気」を再現した。だからゲーム中には一切、昭和62年以降の話題やネタは出てこない。遊ぶ人は選ぶが、刺さる人には刺さる、そういうゲームだ。

画像画像 「ポートピア連続殺人事件」を思わせるレトロなグラフィック。シナリオ、スクリプト、グラフィック含め、ほぼゲイムマンが1人で開発している

画像画像 物語は全8章。基本はコマンド選択式のアドベンチャーゲームだが、途中でパズルのような謎解きが挿入されたり、迷路のようなダンジョンを冒険したりもする

―― そもそもどういう経緯で作ることになったんですか?

ゲイムマン もともとゲームは作りたかったんですよ。それと当時、ちょうど女の人に振られてものすごく落ち込んでいて、そのとき抱えていたものを全部ゲーム開発にぶつけようと思ったんです……。

 シナリオ、グラフィック、スクリプトなど、開発はほぼすべてゲイムマン1人で行った。ゲーム中にはアイドルや美少女の姿を借りた「妖精」たちが何人も出てくるが、これらはすべて過去、ゲイムマンの周りを通り過ぎていった女性たちを投影したものだ。悲しい、悲しすぎるぞゲイムマン……!

―― PCやiPhoneに移植したりはしないんですか?

ゲイムマン 実はそう思って先日、VectorでWindows用体験版の配信を開始しました。フルバージョンも現在準備中です。

 おお! ゲイムマンによると、PC版は携帯アプリ版の忠実な移植で、体験版では全8章のうち4章まで遊ぶことができるとのこと。製品版もほぼ完成しており、こちらもまもなく配信予定だ。

 先ほども書いたとおり、決して悪いゲームではないし、このまま話題にならず忘れられてしまうのはあまりにも惜しい。好みは分かれるだろうが、世が世なら「21世紀の現代にあえて“昭和61年”を完全再現しようとした奇ゲー」として語り継がれたかもしれない作品だ。

 出したゲームについて「クソゲー」だと叩かれるのは悲しいが、話題にもならず忘れられていくのはもっと悲しい。ましてそれが良作だったらなおさらだ。

 もしもこれを読んで「横浜妖精奇譚」に興味を持った人がいたら、ぜひプレイしてみてほしい。携帯電話版(docomo、Softbank対応)は315円にて配信中、PC用体験版はVectorにて無料配信中だ。

画像 Twitterでもたびたびボヤいていたゲイムマン。これで少しでも元気を出してくれればいいのだが……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/23/news015.jpg オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  2. /nl/articles/2011/23/news035.jpg 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  3. /nl/articles/2011/17/news169.jpg Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  4. /nl/articles/2011/23/news016.jpg 動いて……ない!? 棒人間たちが進んでいるように見える錯視GIF「スーパー錯視ブラザーズ」がすごい
  5. /nl/articles/1501/30/news156.jpg 野球ファンなら知っている ネットでよく見る「33-4」「なんでや!阪神関係ないやろ!」のやりとりって何なの?
  6. /nl/articles/2011/22/news016.jpg 「お母さんあれ誰?」 6歳息子が家の壁を指さし呼び続ける“何か”を描いた漫画、その正体が見事過ぎるオチ
  7. /nl/articles/2011/22/news017.jpg アプリ「一人用クトゥルフ神話TRPG」が“SAN値回復するタイプの狂気” 「名状し難い顔(=いらすとや)」「ダイス判定で転売ヤーが爆死」
  8. /nl/articles/2011/20/news116.jpg 間違いなくいい夫婦! おのののか、夫・塩浦慎理選手とリラックスしたラブラブショットでまさかの表情
  9. /nl/articles/1808/22/news101.jpg 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  10. /nl/articles/2011/23/news007.jpg がっかりクリスマスプレゼントと思いきや―― 落胆から一転、キラッキラな笑顔を見せてくれためいっ子の漫画に心がほっこり温まる