ニュース
» 2012年03月28日 10時00分 公開

「ツインテールこそ正義」 全身全霊をかける「日本ツインテール協会」の熱い思い(1/2 ページ)

「このままではツインテール女子が絶滅してしまうのではないか」――「ツインテールの魅力を世に広め、ツインテールを復活させる」使命を掲げる日本ツインテール協会は、ツインテールへの愛と危機感から生まれた。

[笹山美波,ITmedia]

 ツインテール、それは遠く淡い、恋い焦がれた日の記憶を呼び覚ますヘアスタイル――ツインテール美女の写真を掲載し、その魅力を伝えるサイト「TwinTail Project Japan」。サイトを運営する日本ツインテール協会の会長は、ツインテール推進に全身全霊をかけている。その熱い思いを聞いてきた。

「このままではツインテール女子が絶滅」

画像 TwinTail Project Japan。サイトのアイコンには、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」のメンバーカラーと同じ色が使われてる……ような気がする

 日本ツインテール協会は、メンズアパレルブランド「glamb」などを運営するLaugh Valley(ラフバレー)の古谷完代表(38)が、「個人の趣味」として2011年12月に設立した団体。古谷さんは経営者そして洋服デザイナー、フォトグラファーとしての仕事の傍ら、同協会の会長を務めている。

 2〜3年ほど前からももいろクローバーZやAKB48、初音ミクなどツインテールのアイドルやキャラが好きだった古谷さん。飲み会で「最近ツインテールにハマっている」と告白したところ、「俺も俺も」と周りの男性の反応が良かったことから、「ツインテールフリークの気持ちを何かの形で代弁できないか」と思い始めたのがきっかけだった。

 古谷さんにとってツインテールは萌え心をくすぐる髪型。年頃の女性がお下げ髪にする時の表情やしぐさ、ほどいた時に髪がフワッとなるセクシーな瞬間など、魅力だらけだ。街でツインテールの人を見かけるとつい気になってしまう。

 だが、実際にツインテールにしているのは「子どもか学生くらいで、大人の女性はあまり見かけない」と古谷さん。子供のころにツインテール姿に憧れて2つ結いにした経験が「女性には誰しもあるはず」なのに、大人になると途端にツインテールにしなくなる。「やれば絶対かわいいのに」。仕事やプライベートで女性に「ツインテールしてよ!」と頼んでみても、恥ずかしがって拒否されることがほとんどだった。

画像 古谷会長。記者も出会ってすぐに2本のヘアゴムを渡され、「ツインテールにして」と言われた。かなり恥ずかしかったが、押しに負けて2つ結びにしてみたところ、「かわいい〜!」と褒められてちょっと嬉しかった

 世の女性が“ツインテールにしてくれない”現状について、「このままではツインテール女子が絶滅してしまうのではないか」と危機感を抱いた。その原因は、ツインテールは子どもや学生がするものという「誤解」がまん延しているためと考えた。誤解を解いて、「ツインテールの魅力を世に広め、ツインテールを復活させる」ため、協会の設立を決意。まずはサイトの立ち上げを急いだ。

 スタッフ集めには困らなかった。会長自身がフォトグラファーとして撮影し、Laugh Valleyのツインテール好き社員がライティングやサイトの構築を担当した。そうして2カ月でできたのが、「TwinTail Project Japan」。ツインテールの“ツイン”と数字の2をかけて、今年の2月2日に公開した。

 サイトではツインテール美女のスナップ写真をほぼ毎日更新している。本物の女子高生が制服姿で登場する「放課後ツインテール」、日本全国の「ツインテール美女」を紹介する「あの街ツインテール」、人気サロンとコラボしてヘアアレンジ紹介をする「サロンドツインテール」などのコンテンツを展開している。

 2月2日を「ツインテールの日」の記念日とし、この日にちなんだアクションも提案。男性は心引かれる女性に2本のゴムを渡し、女性は気持ちを受け止めるならツインテールで応える。「決してほどけることのないように、この日だけはぎゅっと結ぶ」のがポイントだ。

 サイトを通じて、これまでツインテールにするのをためらっていた女性たちが、1つのヘアスタイルとして気軽に楽めるようになれたらと古谷さんは願っている。ハロウィンやクリスマスなどにコスプレをする「隠れた変身願望」を持っている女性にとって、「いつでも気軽に変身願望もかなえることができる」手段となってくれたら嬉しい。例えば「セーラームーン」になった気分で――。そうなったら「女性は心を解放できる。ツインテールはかわいいし、見ている側も嬉しいじゃないですか」と満面の笑みで語る。


画像 「ツインテールラプソディ」には人気のモデルが
画像 「放課後ツインテール」。制服姿の女子高生がかわいい


画像 「あの街ツインテール」には小学生も登場する
画像 ツインテールの種類には初音ミクのような「ラビットスタイル」、耳の横で結ぶ「レギュラースタイル」、“おさげ髪”とも呼ばれる「カントリースタイル」がある。古谷さんは「甘酸っぱいカントリースタイルが好み」

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  3. /nl/articles/2112/03/news124.jpg 「銀座でペットを散歩していたら職質されました」 “真っ白な奇怪生物”を連れた街歩き写真が前衛的すぎる
  4. /nl/articles/2112/03/news009.jpg 「鬼さん逃げてー!」「強すぎて草」 漫画「レベルMAXバージョンの桃太郎」が想像以上に強すぎると話題に
  5. /nl/articles/2109/09/news164.jpg 「奈良公園で柔術をするところ」がシュール過ぎて合成写真にしか見えず人気に 「奈良県民から見てもコラ」「ここではだしだと……」
  6. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. /nl/articles/2112/04/news041.jpg ニベア「ニベアクリームを他の製品と混ぜないで」 混ぜるとシミが消えるとうたう広告に注意喚起
  8. /nl/articles/2112/04/news040.jpg 福田彩乃、第1子妊娠を“ぽっこりおなか”ショットで報告 「マタニティ本を熟読してくれている主人」と夫に感謝も
  9. /nl/articles/2112/04/news052.jpg 「本当に愛しいです 毎日ありがとう」 加藤綾菜、夫・カトちゃんの「可愛いすぎて失神レベル」なお願いにメロメロ
  10. /nl/articles/1806/05/news150.jpg “シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」