ニュース
» 2012年03月28日 10時00分 公開

「ツインテールこそ正義」 全身全霊をかける「日本ツインテール協会」の熱い思い (2/2)

[笹山美波,ITmedia]
前のページへ 1|2       

「ツインテールこそ正義だ」

 日本ツインテール協会は、古谷さんとLaugh Valleyの社員を含む4人が中心になって運営している。本業もこなさなければならないため、休日を削ったりして「全身全霊でやっている」。古谷さんは昨年末以来「1度も休めていない」状況だが、「ツインテールによってうれしい、楽しいと思ってくれてる人がいれば、それだけで頑張れる」と意欲を燃やしている。


画像 撮影風景。写真を撮るたび「ナイスツインテール!」との掛け声が響き渡る(らしい)
画像 カメラを持つのは古谷会長

 サイトには自薦・他薦を問わず、モデルやアイドルから一般人まで、「ツインテール女子」の応募が多数寄せられている。なるべく応えようと、東京の事務所から新潟や福岡まで撮影に行っている。会長個人の趣味でやっている“俺得”なサイトなので、交通費や撮影費はすべて自腹。そのため協会の収益は「大赤字」だが、今後はオリジナルグッズや写真集の販売などで黒字化を目指す。

 会員数はまだ30人ほどで、運営陣とサイトに載ったツインテール美女のみ。ネットや周りの反応は上々で「見ているだけでも平和を感じられる」「(ツインテールは)もっと評価されるべき」とポジティブな意見が寄せられ、会員になりたいという問い合わせも多い。近日中に、ツインテール好きなら誰でも入会できる仕組みを設ける予定。現在の活動はサイトの更新が主だが、年末にはツインテールの似合う「2次元から3次元までの女の子」を表彰する「ツインテールアワード」も企画している。サイトコンテンツの拡張や、他社とのコラボも積極的に行うつもりだ。

 まずはサイトを盛り上げたいが、将来はツインテールの日が、ハロウィンやクリスマスのように世界中で楽しまれる「ちょっとしたスペシャルデー」になってほしいと古谷さん。ツインテールの日にツインテールにするために、多くの女性がヘアアクセサリーを買うようになれば、ヘアアクセサリー業界が元気になるかもしれない。同じようにしてツインテールにちなんだパーティーが企画されれば、飲食業界やアパレル業界が盛り上がる可能性もある。古谷さんは2月2日がいつかそんな日になると「確信」している。

 ツインテールのツインは数字の2。指で表せばピースサインになり「平和の象徴」だと古谷さん。しかもツインテールはする側、見る側の表情を笑顔にし、かわいい・たのしい・うれしいといった感情で「みんなをハッピーにしてくれる」。大好きなツインテールの魅力を広めることで、日本や世界が平和になってくれたらとの願いを込めて、古谷さんは「ツインテールこそ正義だ」という名言(?)を力強く語った。


画像 発売予定のオリジナルTシャツ
画像 普段着にもかわいいし、これを着てツインテールの女の子が出るライブに行ってもいい

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.