ニュース
» 2012年03月29日 10時00分 公開

ネコに癒やされながら働ける 「ネコワーキング」をのぞいてきたコミュニケーションも捗るニャン(1/2 ページ)

“看板ネコ”が常駐する、変わったコワーキングスペースがあると聞いて訪れてみた。もふもふのネコたちはみんなのコミュニケーションを円滑にし、癒やしをくれるという。

[池田園子,ITmedia]

 現在都内に続々とオープンしているコワーキングスペース。独立して仕事しながらも、ほかの人とアイデアや情報を交換できる新たなタイプの共有ワークスペースだ。その中に、ひときわ変わったコワーキングスペースがある。なんと看板ネコが“常駐”しているのだという。なぜワークスペースにネコ? その謎を解くべく、ネーミングセンスもステキな「ネコワーキング」(東京都千代田区)を訪れた。

 ネコワーキングは水道橋駅から徒歩5分ほどの場所にある。渋いイメージのある水道橋らしく、歴史を感じるビルの2階だ。エレベータで上がるとドアに「Welcome」の紙が。何度ノックしても誰も出てこないのでドアを開けてみて納得。内側にもう1枚ドアがあり、そこを開けるとようやく玄関になっているのだ。

画像 ネコが外へ出ないよう、ドアは二重。張り紙も

 ドアには張り紙がしてあり、ドアをきちんと閉めるよう書かれている。「ネコが外に行くと戻れず死にます!!」という注意書きも。なるほど確かに。そのドアを開けるとようやく入室できた。真っ白い壁、温かみのある木の板が敷き詰められた床が、柔らかい雰囲気を出している。「さてお目当てのニャンコは?」と見回すと、あいにくお昼寝中だった。

ネコカフェではなく、ネコがいるオフィス

画像 名前はキングとココ。Facebook上で投票してもらって決めた

 ネコワーキングは昨年11月にオープンした。「ネコと遊べる」ではなく、“仕事場にたまたまネコがいる”というスタンスがポイント。「人間嫌いではなく、2匹でいても喧嘩しないネコ」というゆるい基準で施設から引き取った。

 施設は全37席の大部屋1室と、最大で3人入れる会話禁止の集中スペース1室。集中スペースからは日本橋川が目の前に見え、4月には桜が見られそうだ。利用料は、全日利用プランが月額1万9800円、時間指定プランが月額1万2800円、スポットプランが月額1000円+120分ごとに1000円となる。現在はおよそ20人が入居している。

 電源とWi-Fiはもちろん、飲み物は天然水を用意した。コーヒーは1パック100円。電子レンジもあり、お弁当を温めることもできる。裁断機やシュレッダーなども揃えた。おもしろいのが「ブックトレード」で、読み終わった本を持ってくると、トレード専用棚にある本と交換できる制度だ。本を有効活用できるのが嬉しい。

画像 手塗りの壁に木の床。「ネコにとって快適な環境は人にとっても快適」という考え

 内装はインターン生や入居者、運営者の家族らが手作りで行った。例えば漆喰の壁はところどころ塗り方が違い、油絵ふうにデコボコしていたり、厚さに差がある。それぞれの個性が出ていておもしろい。

 テーブルの木には九州のものが使われている。1枚ずつ取り外し可能な床は岡山県西粟倉村のもので、50×50センチの板でできている。なんだか足元からぽかぽかとぬくもりが感じられていい。「ネコにとって快適な環境は人にとっても快適だ」という考え方のもと、素材にはこだわっている。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/03/news106.jpg 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  2. /nl/articles/2112/03/news085.jpg 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  3. /nl/articles/2112/03/news088.jpg ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  4. /nl/articles/2112/02/news159.jpg 骨折で入院のLiLiCo、小田井涼平との密着夫婦ショットで退院報告 「大きな男が迎えに来てくれた」
  5. /nl/articles/2112/03/news006.jpg 「楽しくないでしょひとりじゃ」→「楽しいですが」 バイト先のおひとりさま女子を描いた漫画に共感の嵐
  6. /nl/articles/2112/02/news156.jpg お台場のガンダムが撮影ミスでめちゃくちゃ発光 奇跡のショットが「自爆寸前」「トランザム付いてたっけ?」と話題
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2110/12/news157.jpg 「身長もすっかり抜かれてしまった」 新山千春、15歳娘との長身2ショットで成長をひしひしと実感する
  9. /nl/articles/2112/02/news133.jpg 岡田義徳、家族4人での初集合ショットが「愛あふれる写真!」と反響 妻・田畑智子は約8カ月ぶりのインスタ登場
  10. /nl/articles/2103/19/news141.jpg 鈴木光、美しい和服ショットで東大卒業を報告「先生と友人に感謝です!」 お別れ近づき“涙の祝福”メッセージ殺到

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」