カップヌードルやチキンラーメンも作れる カップヌードルミュージアムに行ってきた見てよし食べてよし! とことんリポート(1/4 ページ)

自分だけのカップヌードル作りにチキンラーメン手作り体験、インスタントラーメンの歴史が分かる展示、チキンラーメンが生まれた研究小屋の再現――見どころ満載の体験型施設「カップヌードルミュージアム」を堪能してきた。

» 2012年03月30日 11時00分 公開
[鉢須祐子,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 全世界で、1年間に約1000億食が食べられていると言われているインスタントラーメン。日本が誕生の地であることをご存知だろうか。日清食品の創業者、安藤百福氏により発明された「チキンラーメン」こそ、世界初のインスタントラーメンなのである。

 安藤氏が生涯をかけて追求したインスタントラーメンの歴史を楽しく学びながら、オリジナルのカップヌードルやチキンラーメンを作ることもできる体験型施設「カップヌードルミュージアム」が今、横浜みなとみらい(神奈川県横浜市)の人気スポットになっている。筆者も実際に足を運んでみた。

画像 ワールドポーターズの隣、海に面した四角い建物

 入り口から入ると、正面にショップがある。ここでしか買うことのできないオリジナルグッズや、全国のご当地カップ麺などを購入できる。やはり人気なのはチキンラーメンのキャラクター、ひよこちゃんのグッズ。キーホルダーから文房具、お弁当箱や入浴剤など、種類が豊富でとにかくかわいい。また、インスタントラーメン好きにはたまらない、カップヌードルの紙製カップを漆で加工した漆塗り紙器も販売されている。お湯の分量が分かる線もちゃんと入っており、リフィルタイプの麺を食べるときに便利そうだ。もちろん、洗って繰り返し使うことができる。


画像 たくさんの買い物客で常ににぎわっていた
画像 どん兵衛には、東日本バージョンと西日本バーションがある。フタをめくる時に触れる部分に描かれている日清食品のロゴ横に「E」と書かれていたら東日本、「W」と書かれていたら西日本バージョンだ


画像 ひよこちゃんキーホルダー。「買ってほしいな」と言われているようなこの視線にやられた
画像 佐藤オオキ氏によるデザイン。隠れた人気商品


画像 この開放感!

 入館料は大人500円、高校生以下は無料だ。受付でチケットを購入したら、2階にある入館ゲートへ向かおう。受付の左手には、2階に続く大きな階段がある。5階までの吹き抜けとなっており、とても開放的な空間。外国の美術館さながらのデザインである。

 2階に到着するとまず正面に現れるのが、インスタントラーメンヒストリーキューブ。ここではインスタントラーメンのラインアップが時系列で展示されている。その数3000点以上。1958年、世界で初めてのインスタントラーメンとして登場したチキンラーメンからスタートし、1971年にはカップヌードルが登場。その後、特に生タイプ麺が登場した2000年前後からは数・種類ともに爆発的に増え、現在に至る。日清食品だけでも年間約300種類の新商品が発売されているというから驚きだ。インスタントラーメンの歴史を実物パッケージでとらえることができ、懐かしい商品の前では当時の話題で盛り上がり、初めて見る商品の前ではその味を思い浮かべて食欲をそそられる。インスタントラーメンの変遷を目で味わうことができる。

 安藤百福氏の生涯をCGアニメーションで紹介している「百福シアター」には、次々とお客さんが吸い込まれていた。シアター内部はイメージカラーでもある白と赤で統一されており、とてもおしゃれだ。上映時間は14分。シアター外のモニターで短縮版を鑑賞することもできる。


画像 赤い入り口の先には大量のインスタントラーメンが
画像 世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」からヒストリースタート! 今も変わらず愛されているなんてすごい



画像 1971年に初登場した「カップヌードル」
画像 2000年に入ると数・種類が急増。圧巻です



画像 「そうそう、あったねコレ!」「やっぱりあの味が好き」という言葉が飛び交う
画像 シアター


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評