ニュース
» 2012年04月16日 14時12分 公開

【カサカサ】あなたが知らない「もらいゴキ」の恐怖。エアコンをつけたら送風口から……ギャアアアアアア

「もらいゴキ」とは、屋外のゴキブリが自宅に進入してしまうこと。ちゃんと「もらいゴキ」対策、してますか?

[ねとらぼ]

 「もらいゴキ」……? 

 あまり聞き慣れない言葉だが、ライオンによれば「隣家や飲食店など、屋外で発生したゴキブリが自宅に侵入してくること」なのだそう。しっかり対策しているつもりなのに、なぜかゴキブリが発生してしまう――という場合などは「もらいゴキ」の可能性が高い。

 ライオンが行った調査によると、主婦・ひとり暮らし男女の9割以上が「もらいゴキ」の可能性を自覚しているという。進入経路として多く挙げられたのは「玄関」「台所の排水溝」「窓」「ベランダ」「換気扇」など。また「もらいゴキ」への対策状況について聞くと、実際に対策しているという人はわずか16.4%にとどまり、8割以上が「何も対策していない」と回答したそうだ。

 調査は首都圏の20〜40代の主婦および、ひとり暮らしの男女計400人を対象に行われたもの。その他、回答者からの「もらいゴキエピソード」には次のようなものがあった。

外に出ようとして玄関を開けたら、大きな黒いゴキブリがサササッと入ってきて、本当に怖かった。まるで、ドアが開くのを待ち構えているようだった。(30代主婦)

自室に居るとき、マンションの踊り場で女性の叫び声がしたので、何ごとかと思い玄関を開けたら、隣の女性が帰宅途中で、かばんにゴキが張り付いていた。あまりに怖くて扉を閉めようとしたら、その人がかばんを振り払い、振り落とされたゴキが私の玄関に入ってきて、下駄箱の後ろに入り込んでしまった。(30代女性ひとり暮らし)

エアコンをつけたら、開いた送風口からゴキブリが出てきた。外の排水パイプから侵入したと思われる。羽のバタバタという音と、何がおきているのかわからないのとで、ものすごく怖かった。(40代主婦)

配達で、玄関ドアを開けたまま荷物を運び込んでいたら、天井を伝ってゴキブリがスルッと玄関から侵入。配達のお兄さんと叫んでしまいました。(40代主婦)

 ライオンでは、これからの「もらいゴキ」シーズンに先駆け、同社の「バルサン」をテーマとしたスペシャルサイト「バルサンマン」や、ゴキブリの活性化指数を4段階でお知らせしてくれる「ゴキブリ天気予報 ゴキてん」、「ゴキブリ遭遇危険度チェック」などが可能な特設サイト「バルサンTown(タウン)」などを開設。注意を呼びかけている。

画像 あなたを害虫から守るために生まれた「バルサンマン」

画像 ゴキブリ予報サイト「ゴキてん」

画像 ソーシャルゲーム風にゴキブリ駆除を楽しめる「バルサンTown」

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」