ニュース
» 2012年04月16日 20時48分 公開

杏野はるなさんが「新品レトロゲーム」専門のゲームショップをオープン。一方で「転売ではないか」と非難も日々是遊戯

新品の「ロックマン4」が2万円。「ファイナルファンタジーIX」が2万8000円。杏野はるなさんが新しくオープンしたゲームショップに非難が集まっている。

[池谷勇人,ITmedia]

マニアによる、マニアのためのお店を

 ゲームアイドルの杏野はるな(@annoharuna)さんが、新品レトロゲームを専門に扱うゲームショップ「エッグコアトイズコレクション」をオープンしたと自身のブログにて報告している。

画像 ファミコンの「バーガータイム」が1万3000円。新品未使用は確かに貴重だが……

 商品はすべて新品未使用で、価格の一例としては、ファミコン用ソフト「ロックマン4 新たなる野望!!」が2万円、スーパーファミコンの「ファイアーエムブレム 紋章の謎」が1万5000円、プレイステーションの「ファイナルファンタジーIX」が2万8000円など。

 価格は基本的に当時の定価よりやや上、商品によっては数倍の値段が設定されているものもあり、ネット上では「転売行為ではないか」との非難も挙がっている。開店前後の杏野さんのつぶやきは、NAVERまとめの「ゲームアイドル杏野はるなさん ネットゲームショップをオープン!聖剣伝説 30,000円など」にまとめられており、以前「はるなは転売はしないけれど」などと発言していたことも、火に油を注ぐ形となっているようだ。

画像 NAVERまとめにまとめられた、開店までの経緯と前後のつぶやき

 この件についてエッグコア(杏野さんが所属する事務所)に問い合わせてみたところ、担当者より次のような回答が得られた。

 まず、オープンの経緯としては、杏野さんが、新品未開封のゲームソフトを大量に抱えている玩具店を見つけたのが直接のきっかけ。その後、同店と正式に“委託販売”の契約を結び、「エッグトアコイズコレクション」のオープンに至った。つまり、「エッグコアトイズコレクション」はあくまで販売の窓口にすぎず、商品が売れた場合に玩具店よりマージンを受け取る形。現在契約しているのはその1店のみだが、今後は同様の契約店舗を増やしていきたいという。ビジネスモデルについては、杏野さんとエッグコアのスタッフで話し合って考えたそうだ。

画像 「エッグコアトイズコレクション」のトップページ

 「転売ではないか」と非難されている点については、「転売と言えば転売。そこは否定できません」と担当者。ただ、杏野さんの意見としては、「単純にまんだらけに持って行くだけでも、新品なら倍の値段がつくものばかり。そのお店が定価で販売しても、いずれマニアが見つけて転売してしまう。それならいっそ、マニアのための、マニアによるお店を作ってしまおうと思った」ということだそうだ。

 価格設定については「高い」という声もあるが、新品のレトロゲームはもはや「骨董品」であるというのが同店の考え。また当然、ある程度「上乗せ」している部分はあるが、それは足で歩いて探す手間を付加価値として乗せているだけであり、実際の儲けはごくわずかだという。また、今後は独自の鑑定書を付けて販売することも考えており、マニアが安心して新品ゲームソフトを買える環境を作っていきたいとのこと。

 「あくまで善意で行っているのだろう」というのは伝わってくるし、こうした商売があることで喜ぶ人ももちろんいるのだろう。しかし個人的にはやはり、これは「転売」であり、ゲーム好きな人間としてあまりいい気はしない、というのが正直なところだ。

 今のところTwitterなどでは否定的なコメントが大半となっているが、みなさんはどう感じただろうか。

画像 些末なツッコミではあるのだが、こういうお店で「ファイアー“エンブレム”」(正しくは“エムブレム”)はやめてほしい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声