「牡蠣を買う」が復興支援に プリプリの牡蠣を売るサイト「後藤家の食卓」(1/2 ページ)

復興支援と聞くと、大がかりな取り組みをイメージしてしまうかもしれないが、気軽にできる復興支援もある。サイトで牡蠣を注文するだけで、石巻の人々を支援できるECサイトがあった。

» 2012年04月20日 11時30分 公開
[池田園子,ITmedia]
画像 後藤家の食卓

 昨年の東日本大震災の傷跡はいまだに癒えてはいない。そんな中、誰でも簡単に協力できる、Webで復興支援をしているサイト「後藤家の食卓」を発見した。似たような名前の番組があったな、と一瞬懐かしい気持ちにもなる、親しみやすいネーミングのECサイトだ。

 後藤家の食卓は、宮城県石巻市の牡蠣漁師を支援するためのプロジェクト。広島に続く牡蠣の生産量を誇る同市だったが、震災の影響で多くの漁師が仕事を失ってしまった。牡蠣の出荷に必要な処理をするための処理場が損壊し、復旧していないためだ。この現状を打開するために、牡蠣愛好家の個人、オイスターバーなど、牡蠣をメインに扱う飲食店に直販している。

 同サイトは牡蠣を購入できるだけではなく、コンテンツも充実していて見応えがある。牡蠣漁師である後藤さん一家が出演し、牡蠣の特徴やレシピを教えている。イベントのリポートなども、キレイな写真とともに掲載されているのが魅力的だ。牡蠣についてもっと知ってほしいという願いが込められている。

 プロジェクトの中心として動いているのは、デザインなどを手がける企業ASOBOTのクリエイティブディレクター、近藤ナオさん。「社会課題をクリエイティブに解決する」という理念を掲げて活動している。近藤さんにプロジェクトへの想いを聞いた。

石巻牡蠣の現状

画像 牡蠣漁師からのメッセージ。「後藤家のこのプロジェクトが、石巻の、東北の漁師たちの未来を開く、ひとつのきっかけになればうれしく思います」

 石巻の牡蠣は収穫後、処理場で処理され、仲買人の元へ出荷される。牡蠣には生食用・加熱用のむき身牡蠣、生食用・加熱用の殻付き牡蠣の4種類があるが、出荷される牡蠣の大半は、スーパーなどへ販売しやすく運送コストの安いむき身牡蠣。だが震災で処理場が損壊したためむき身処理ができず、出荷できない状態だ。

 震災前、石巻市側のむき身牡蠣は仲買人へ1350トン出荷されていた。今期(2011年11月〜2012年5月)の出荷予定は250トンと、例年の5分の1に落ち込む見通しという。一般的には4月に稚貝を海に沈めて9月末から出荷するが、昨年は震災の影響で出荷ができたのは11月からと1カ月遅れた。出荷時期の遅延を理由に、大手スーパーなどから契約をキャンセルされる漁師もいた。

 また袋詰めなどを行う仲買人の工場が復旧していない場合もあり、そのため販売量が落ち込んでいるのも大きな痛手だ。さらに、出荷できても風評被害が続いているため、都内スーパーなどで余ってしまう事態もあるという。


画像 サイトから牡蠣を購入できる。現在は貝毒検査の結果を受けて、出荷の自主規制をしている。今後の検査の結果次第で出荷を再開する
画像 Facebookページ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」