ニュース
» 2012年04月23日 11時30分 公開

アンナミラーズのこれから 再起にかける不退転の決意創業から現在まで、そして――(1/2 ページ)

今年1月に横浜ランドマークプラザ店を閉店し、残す営業店舗がウィング高輪店のみになったことがWebで話題になったレストランチェーン、アンナミラーズ。創業から現在まで、そして今後の展望について取材した。

[岡徳之,ITmedia]

 ペンシルバニアダッチと言われる家庭料理とアメリカンパイを提供するレストランチェーン、アンナミラーズ。今年1月に横浜ランドマークプラザ店を閉店し、残す営業店舗がウィング高輪店のみになったことがWebで話題になった。「麗しい文化が失われてしまうのか」「うちの双子にあの制服を色違いで着て欲しかったのに」。その味とかわいらしいユニフォームを愛する根強いファンの間で、残念がる声も少なくなかった。アンナミラーズはこのままなくなってしまうのか、店舗を再拡大する計画はあるのか。「中の人」に話を聞いてきた。

アンナミラーズ ウィング高輪店

1973年、日本の外食産業勃興期に日本上陸

 アンナミラーズは、1973年6月13日青山一丁目に1号店をオープンし、来年で40年目を迎える老舗レストランチェーン。もともとは米国アンナミラーズ社が同じ年にハワイでオープンしたブランドで、日本ではフードサービス事業にたずさわる井村屋グループが商標権を取得し、運営を行っている。

 アンナミラーズの日本上陸は、井村屋グループの初代社長である井村二郎氏が、当時外食産業に着目し、米国に視察に行ったことがきっかけだった。マクドナルドが日本に上陸したのが1971年、デニーズが1974年。この日本の外食産業勃興期に、米国で起ち上がったばかりの新ブランドに目をつけた同氏には、まさに先見の明があったと言えるだろう。現在の井村屋グループの社長で、井村屋株式会社の会長を務める浅田剛夫氏がアメリカに修行に行き、その後1号店の店長に。本場の味と接客を自ら学び、社員に伝承していった。

ピークは28店舗、売上30億円。人気の秘密は……

 アンナミラーズは、立地にこだわり首都圏のみに店舗を展開していた。原宿、赤坂、自由が丘、下北沢など、当時から流行に対する感度の高い人が集まる街に絞り、出店は慎重に、石橋をたたいて渡るように事業を展開していった。店舗数のピークは1990年代後半ごろ、お台場に28店舗目をオープンしたときだった。業績もピークのときは全店舗の年間売上が30億円に上った。

 アンナミラーズの人気をここまで押し上げたのは、米国アンナミラーズ流の忠実な再現だった。アンナミラーズとは米国の創業者スタンレー・ミラーの祖母の名前。祖母アンナが作ってくれたペンシルバニアダッチと言われる家庭料理と、アメリカンパイの素朴さ――、まさにおふくろの味をそのまま持ってきたのが日本でも当たった。

 パイの特徴は、練りパイと呼ばれる生地。パイ自体は素朴な味で、ボリュームは十分。多いときは30種類ほどあった。昔からの定番、ロングセラー商品は、フレッシュストロベリー、チョコレート、バナナ。特に日本人客からはクリームパイ、外国人客からはアップルパイが人気だそうだ。店舗の内装も本場そのままを再現。青山一丁目の1号店には、ハワイの店舗と同じシャンデリア、食器などのアメニティーが使われた。

左:フレッシュストロベリー。イチゴの季節限定商品 右:ボストンクリームパイ。スポンジ生地の間にカスタードを挟んで、上からあたたかい濃厚なチョコレートソースをかけた

 アンナミラーズ人気を語るには、かわいらしいユニフォームの存在も欠かせない。もともとオランダの民族衣装をモチーフにしており、接客時の動きやすさを考え抜かれたデザインになっている。このユニフォームは日本上陸当時、女性にとって憧れの対象となり、アンナミラーズでアルバイトすることがステータスになった。アルバイトを志望する女性が語る動機の7〜8割がユニフォーム。モデルやスチュワーデスを志望する女性からの応募が多かったそう。梅宮アンナさんもデビュー前にアンナミラーズでアルバイトしていたという。1997年にはTBS系のドラマ「理想の結婚」で、常盤貴子さんがウェイトレスをしているという設定でユニフォーム姿を毎回披露していた。2006年にはフジテレビ系のドラマ「役者魂!」で、松たか子さんがユニフォーム姿を披露している。「お母さんも昔、アンナミラーズのユニフォームを着てみたかったけど、それができなかったから娘に着てほしい」。そう言って、親子2代でお店を訪れる客も少なくないそうだ。

女性にとって憧れの対象となったアンナミラーズのユニフォーム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news030.jpg 転校生が一言もしゃべらない、と思っていたら……? 黙り続ける理由が判明していく漫画がジーンとくる
  2. /nl/articles/2109/17/news127.jpg 市川海老蔵、小林麻央さんと暮らした家が“けいこ場”に改装完了 子どもたちの“ルームツアー動画”に反響
  3. /nl/articles/2109/17/news011.jpg インコ「のっしのっし……」→「シャキーン!」 堂々と登場するインコの姿が何回も見たくなるほど面白かわいい
  4. /nl/articles/2109/16/news147.jpg 森永製菓、太くて長い「50倍小枝」を発売 それはもう大枝なのでは
  5. /nl/articles/2109/17/news049.jpg 100均で三角コーンを欲しがる2歳娘→家に帰って遊び始めたら…… 年齢に見合わぬ高度なギャグセンスを描いた漫画につい笑顔になってしまう
  6. /nl/articles/2109/16/news022.jpg 「ギャルの幽霊」に生きる楽しさを教えられる漫画が尊い 死んだように生きる男が、生きているように笑う幽霊と出会い……
  7. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  8. /nl/articles/2109/17/news014.jpg 自分を拾ってくれた先住ワンコのことが好きすぎる保護子猫 早朝から「遊ぼうよー!」と甘える姿がいとおしい
  9. /nl/articles/2109/16/news018.jpg ちょっとそこまで昼飯を買いに行った飼い主、帰宅すると…… 猫ちゃん5匹の熱烈すぎるお出迎えがうらやましい
  10. /nl/articles/2108/19/news134.jpg 【お料理のちょっと怖い話】お徳用サイズのかつおぶしの“謎のプチプチ感”の正体

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」