ニュース
» 2012年04月23日 11時30分 公開

アンナミラーズのこれから 再起にかける不退転の決意創業から現在まで、そして――(1/2 ページ)

今年1月に横浜ランドマークプラザ店を閉店し、残す営業店舗がウィング高輪店のみになったことがWebで話題になったレストランチェーン、アンナミラーズ。創業から現在まで、そして今後の展望について取材した。

[岡徳之,ITmedia]

 ペンシルバニアダッチと言われる家庭料理とアメリカンパイを提供するレストランチェーン、アンナミラーズ。今年1月に横浜ランドマークプラザ店を閉店し、残す営業店舗がウィング高輪店のみになったことがWebで話題になった。「麗しい文化が失われてしまうのか」「うちの双子にあの制服を色違いで着て欲しかったのに」。その味とかわいらしいユニフォームを愛する根強いファンの間で、残念がる声も少なくなかった。アンナミラーズはこのままなくなってしまうのか、店舗を再拡大する計画はあるのか。「中の人」に話を聞いてきた。

アンナミラーズ ウィング高輪店

1973年、日本の外食産業勃興期に日本上陸

 アンナミラーズは、1973年6月13日青山一丁目に1号店をオープンし、来年で40年目を迎える老舗レストランチェーン。もともとは米国アンナミラーズ社が同じ年にハワイでオープンしたブランドで、日本ではフードサービス事業にたずさわる井村屋グループが商標権を取得し、運営を行っている。

 アンナミラーズの日本上陸は、井村屋グループの初代社長である井村二郎氏が、当時外食産業に着目し、米国に視察に行ったことがきっかけだった。マクドナルドが日本に上陸したのが1971年、デニーズが1974年。この日本の外食産業勃興期に、米国で起ち上がったばかりの新ブランドに目をつけた同氏には、まさに先見の明があったと言えるだろう。現在の井村屋グループの社長で、井村屋株式会社の会長を務める浅田剛夫氏がアメリカに修行に行き、その後1号店の店長に。本場の味と接客を自ら学び、社員に伝承していった。

ピークは28店舗、売上30億円。人気の秘密は……

 アンナミラーズは、立地にこだわり首都圏のみに店舗を展開していた。原宿、赤坂、自由が丘、下北沢など、当時から流行に対する感度の高い人が集まる街に絞り、出店は慎重に、石橋をたたいて渡るように事業を展開していった。店舗数のピークは1990年代後半ごろ、お台場に28店舗目をオープンしたときだった。業績もピークのときは全店舗の年間売上が30億円に上った。

 アンナミラーズの人気をここまで押し上げたのは、米国アンナミラーズ流の忠実な再現だった。アンナミラーズとは米国の創業者スタンレー・ミラーの祖母の名前。祖母アンナが作ってくれたペンシルバニアダッチと言われる家庭料理と、アメリカンパイの素朴さ――、まさにおふくろの味をそのまま持ってきたのが日本でも当たった。

 パイの特徴は、練りパイと呼ばれる生地。パイ自体は素朴な味で、ボリュームは十分。多いときは30種類ほどあった。昔からの定番、ロングセラー商品は、フレッシュストロベリー、チョコレート、バナナ。特に日本人客からはクリームパイ、外国人客からはアップルパイが人気だそうだ。店舗の内装も本場そのままを再現。青山一丁目の1号店には、ハワイの店舗と同じシャンデリア、食器などのアメニティーが使われた。

左:フレッシュストロベリー。イチゴの季節限定商品 右:ボストンクリームパイ。スポンジ生地の間にカスタードを挟んで、上からあたたかい濃厚なチョコレートソースをかけた

 アンナミラーズ人気を語るには、かわいらしいユニフォームの存在も欠かせない。もともとオランダの民族衣装をモチーフにしており、接客時の動きやすさを考え抜かれたデザインになっている。このユニフォームは日本上陸当時、女性にとって憧れの対象となり、アンナミラーズでアルバイトすることがステータスになった。アルバイトを志望する女性が語る動機の7〜8割がユニフォーム。モデルやスチュワーデスを志望する女性からの応募が多かったそう。梅宮アンナさんもデビュー前にアンナミラーズでアルバイトしていたという。1997年にはTBS系のドラマ「理想の結婚」で、常盤貴子さんがウェイトレスをしているという設定でユニフォーム姿を毎回披露していた。2006年にはフジテレビ系のドラマ「役者魂!」で、松たか子さんがユニフォーム姿を披露している。「お母さんも昔、アンナミラーズのユニフォームを着てみたかったけど、それができなかったから娘に着てほしい」。そう言って、親子2代でお店を訪れる客も少なくないそうだ。

女性にとって憧れの対象となったアンナミラーズのユニフォーム
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」