元タカラジェンヌがアドバイスするマクロビショップって何?体の中から「清く正しく美しく」

渋谷に誕生する高層複合タワー「渋谷ヒカリエ」には、元タカラジェンヌが美や健康をアドバイスしてくれる大人の女性の空間がある。

» 2012年04月25日 10時52分 公開
[北本祐子,ITmedia]

 若者の街シブヤに誕生する高層複合タワー「渋谷ヒカリエ」。ターゲットを20代から40代の女性に設定し、入居するテナントや各種施設も大人が落ち着いて楽しめる街として、情報発信の拠点としての渋谷の復活を目指している。

 その地下3階から5階までを占める商業施設「ShinQs」では、テナントとして入居する店舗も、大人の女性向けの落ち着いた雰囲気が漂う。

 前回の取材は、ダイバーシティ東京でのメイドカフェと読モカフェだった。

「そうだ、どうせならば対抗して、大人の女性がいる店舗を探そうではないか!」

 そんな単純な発想ではあったが、天は我に味方せり。たどり着いた先が、5階にある「ビオクラ スタイル」だった。

画像

 「BIO(ビオ=生命)のあるくらし(クラ)」を来店者ごとのスタイルで作り上げサポートするという願いから名づけられた。「美しい・おいしい・役立つ・便利・簡単」をキーワードに、健康意識や美意識の高い20代から30代後半の女性が、体の中から元気とキレイを作るための商品が並ぶ。

 ここの特徴は、その並んでいる商品のみにあらず。なんと、女の花園の最高峰・宝塚歌劇団で学んだ女性たち、元・タカラジェンヌたちが美を伝授してくれるお店なのだ。

画像 完璧な笑顔がタダモノじゃない感が漂います

画像 元タカラジェンヌたちが前の写真で手に持っているボードの写真はこちら

 総勢17名が店頭に順次立つようだが、この写真にはなぜか14名しかいない。AKB48のように、残りの3名は研究生で昇格待ちか?

 それはさておき、元タカラジェンヌたちの美女たちが、美と健康管理のプロとして、店舗に常駐。アドバイザーとして来客者の相談に対応してくれる。清く正しく美しく、ハードな練習を送りながら、体調を維持して舞台に臨んできたプロならば、さまざまな知識を持っているはず。

画像 店内には、彼女たちの芸名とサインボードが飾られている

 店頭に並ぶ商品は、20代から40代の女性をターゲットにしているだけに、美しくなるためのあれやこれやが並んでいる。ポイントは、小分けであること。会社帰りに電車でも買ってその日の分を帰りやすい。また、会社のランチにちょい足しできるようなフリーズドライの商品も多く取り揃えられている。

画像 インスタント食品も、とてもスタイリッシュ

画像 主要商品の横には、その栄養分や炊き方のポイントを記載した説明書を設置。持ち帰ることもできるのが便利だ

画像 料理上手になろうと、いきなりスパイスを揃えてその後使わずに終わった覚えのある人にぴったり。おひとり様でもこだわりのスパイスを使ったパスタが1食分作れるセット

画像 この方は男役だったのか、女役だったのかなんて推測してみるのもあり

 元タカラジェンヌの皆さんは、現役で舞台で活躍されている方も多い。店頭には舞台出演の合間を縫って立つ人も多いようだ。舞台を見てお店に寄るもよし、お店でお話をして舞台を見に行くもよし。新しい渋谷の街に立つ大人の元タカラジェンヌに、健康やキレイを伝授してもらってみては?

ビオクラ スタイル

住所:東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ5階

電話番号:03-6434-1622

営業時間:午前10時〜午後9時


関連キーワード

渋谷 | 健康 | 女性向け | 健康管理 | 宝塚歌劇団


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」