ニュース
» 2012年04月26日 22時01分 UPDATE

総称は「niconico」に:ニコ動の次期バージョンは「最も勝負した作品」 音楽ダウンロード「NicoSound」も (2/2)

[宮本真希,ITmedia]
前のページへ 1|2       

音楽ダウンロード「NicoSound」登場

 新機能の「NicoSound」は今後の展開にも注目したい。これは、動画投稿者が許可した作品に限り、投稿された動画の音声部分をPCやAndroid端末に無料でダウンロードできるというもので、動画の視聴画面に「音楽ダウンロード」ボタンが現れる。配信者になる条件は、プレミアム会員であること。ファイル形式はAAC(DRMフリー)となっている。

 この機能を提供するにあたって、ドワンゴは日本音楽著作権協会(JASRAC)と使用許諾に関する新たな包括契約を結んだ。つまりユーザーは自作曲のほか、JASRACの管理楽曲を演奏したり、歌ったりした作品に関しても配信できる。楽曲がJASRAC信託曲の場合は、ダウンロード数に応じた楽曲利用料をドワンゴがJASRACに支払い、JASRACから楽曲の権利者に分配される。

 将来的にはNicoSoundで有料配信も可能にしていく。

画像
画像

リクエスト放送「Nsen」って何だ

 新サービスはほかにもある。ユーザー参加型リクエスト放送「Nsen」だ。ニコニコ動画に投稿された音楽を皆で聞くというもので、「VOCALOID」「ニコニコインディーズ」「歌ってみた」「演奏してみた」「東方」など8つの専門チャンネルがある。なかには延々と蛍の光が流れるチャンネルも……。ニコニコ動画で何を見ればいいか分からないというユーザーはここへ来れば新たな発見があるかもしれない。

画像

「歴史的イベント」を控えて

 今週末(4月28、29日)はいよいよ、ニコニコ超会議が開催される。夏野取締役が「ここへ来れば、日本のデジタルコンテンツの1番強いところが見られる」と語る通り、日本のサブカルチャー、ネットカルチャーが“オフライン”で一堂に会する。詳細は別記事に譲るが、まさに前代未聞なイベントとなりそうだ。Zeroも、ニコニコ超会議のドワンゴブースでひと足早く試すことができる。

 川上会長はビッグイベントを前に「我々がもう1回やらない限り、2度とないイベントになると思う。成功しても失敗しても、かなり歴史的イベントになるんじゃないか。それが楽しみでもあるし不安でもある」とわくわくした様子で語る。「最も勝負した作品」であるZeroと「歴史的イベント」であるニコニコ超会議。“niconico”の新たな1ページに期待したい。

画像
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.