ニュース
» 2012年05月01日 18時05分 公開

鉄道パーツ、最高落札額金弐拾万円也!? しかも落札したのは女性ニコニコ超会議

4月28日、29日に幕張メッセで開催された「ニコニコ超会議」において、JR九州協力の下「公開解体買い付けショー」が開催された。鉄道マニア垂涎のレアものが飛び出す中、下は3000円から上は20万円まで、200人近いマニアたちが入札に興じた。

[作倉瑞歩,ITmedia]

誰にでも公平平等に適正価格で販売します

 「超鉄道」ブースで行われた「公開解体買い付けショー」(以下、買い付けショー)は、鉄道マニアとしても有名なカシオペアの向谷実氏が司会を務め、JR九州の小倉工場と会場を中継して開催された。

 買い付けショーの対象となった485系は、半室グリーン車クロハ481-203を含む編成。コーポレートカラーである赤一色に塗られた「RED EXPRESS」は、「にちりん」「きりしま」「ひゅうが」の一部で運用されていた。

画像 オークション会場。左から向谷実氏、司会の久野知美さん、テツとして有名なホリプロの南田裕介マネージャー、“車掌DJ”ことSUPER BELL”Zの野月貴弘さん

 記者も“テツ”を自認しており、いろいろなところで鉄道パーツが売られているのを見てきたが、驚いたのはこの買い付けショーで出てくる部品の“価格の安さ”だ。おそらく市場価格の半分、下手すると3分の1? それくらい安く、値段が設定されていた。例えばこんな感じだ。

アイテム名価格
マスコン7000円
ブレーキ弁5000円
速度計1万円(台車の計測器付き)
圧力計3つ1万円
電圧計(低電圧用および高電圧用)合わせて3000円
時刻表ボード3000円
遮光版2000円
非常パンタグラフ下げスイッチ2000円
乗務員用腰掛け1万5000円
ブザー3000円
ATSセット3000円
2人掛けの客室席2万円
非常警報スイッチ2000円
非常灯(懐中電灯にJNRの文字入り)3000円
寒暖計5000円
「くずものいれ」や号車ふだなどのカードセット2000円
ヘッドライト1万5000円
気笛1万円
前照灯5000円
尾灯3000円
製造名盤5000円

 ちなみに落札金額は「送料込み」。このため「速度計 台車の計測器付き」などは「名古屋より西だと赤字」(向谷氏)だとか。もちろんアイテムへの価格自体、“その筋の人”が見れば「何でこんなに安いの?」と驚くことだろう。私も小学生の時、当時神田にあった交通博物館で開催された即売会で、「小田原−熱海」という、なんてこともない東海道線のサボ(行き先票)を、当時の値段で2500円(今なら5000円くらい?)で購入したことがあるが、それに比べれば安いものだ。

 なお、この即売会には、「ニコニコ超会議号」という寝台列車とミステリートレインに乗車した人のほか、当日会場で参加した人など、合わせて260人程度が参加していた。入札方法だが、それぞれに番号を書いた紙が渡されており、自分が入札したいと思う商品の時に、その番号を係員に渡すことで入札が成立するというもの。抽選は、箱に入った紙を向谷実氏が引く形で行われた。

 次々と商品が落札されていく中、1時間程度経った段階で本日の最高金額物件、特急のヘッドマークが出品された。その金額はなんと20万円。参加している人も最初はビビっていたのか応札の手が上がることもなかったのだが、「クレジットカードも使えますよ!」という向谷さんの声に答えるように、数人の手が上がる。ヘッドマークは2つ出品されたのだが、なんとそのうち1人は女性だった! その“漢気あふれる”姿に、場内は大拍手だった。

画像 ヘッドマークです
画像 普段はこんな風についているのを見かけることでしょう
画像 普通は電動ですが、手回しでも動くので、単体で楽しめます

画像 なぜか「ホームライナー」の表示に熱くなっていた南田さん
画像 20万円也を競り落とした女性。漢気あふれてます
画像 購入後は、ブース右に設置されていたお支払いコーナーで精算

 そして予定時間を大きくオーバーして、公開解体買い付けショーは終了した。全体を通してみると、かなり楽しいオークションであった。工場で解体したものをその場で販売するなんてことは向谷氏がいないとできないことだったろうし、それを実現してしまう氏の“漢気”あふれるイベントの仕切り方もよかった。是非またこのような買い付けショーを開催してほしい。その時には記者ではなく、是非ともマニア側で参加したいものだ。

関連キーワード

入札 | 向谷実 | JRグループ | 鉄道 | 幕張メッセ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」