ニュース
» 2012年05月01日 18時08分 公開

MobageもRMT対策に本腰。「匿名トレード」導入でRMT取引は6分の1に日々是遊戯

先日のGREEに続いて、Mobageでも本格的なRMT対策が導入されていることが判明した。Mobageの秘策「匿名トレード」とは?

[池谷勇人,ITmedia]

今後は様子を見て他のタイトルにも導入

 Mobage、GREEのRMT(リアルマネートレード)対策が本格的に動き出してきた。依然としてオークションサイトでは「Mobage(モバゲー)」「GREE(グリー)」関連の出品は多く見られるものの、以前に比べるとその数は大幅に減っており、対策に大きな効果が見られている。

 GREEについては先日「探検ドリランド」におけるRMT対策についてプレスリリースを出している。アイテムトレード時に携帯電話の電話番号を使った「IVR認証」を導入するなどの施策により、対策以前に比べて出品件数で約56%、取引額で約76%のマイナスが見られたという。こちらについては別の記事ですでに紹介済みだ。

 大々的に発表はしていないものの、Mobageも4月以降、RMT対策に本腰を入れてきている。現在、もっともRMT対策が進んでいるのが、バンダイナムコゲームスと共同で取り組んでいる「ガンダムカードコレクション」で、4月5日にはまずオークションなどで人気のある一部レアカードについてトレード自体を禁止。さらに4月16日からは新しく「匿名トレード方式」という仕組みを導入した。

画像画像 一部カードのトレード禁止と、「匿名トレード」導入に関するお知らせ(ガンダムカードコレクション)

 これまではゲーム上でトレードを行う際、ユーザーは「出品No.」からトレード相手を検索することができたが、「匿名トレード方式」導入後は、誰が出品・入札しているかが非表示となり、「出品No.」による検索も不可能になった。従来はオークションサイトでの取引後は、互いに出品No.を教えあってやりとりしていたが、これが事実上できなくなる。

 もちろん「このカードが欲しい」といった希望条件で検索することは今までどおり可能(ただし、そのカードを誰が出品しているかは分からない)。「友達とカードを交換したい」という場合は、戦友(フレンド)になって2週間が経過すれば戦友同士でのトレードが解禁される。多少不便になる部分もあるが、普通にプレイしている分にはそれほど気にならないレベルだろう。

 これらの施策の結果、導入前と比較して、オークションサイトにおける落札額は3分の1に、取引件数は6分の1にまで低下したという。これを受け、4月23日には「怪盗ロワイヤル」に、4月24日には「ワンピース グランドコレクション」にも同様の仕組みが取り入れられた。現在はDeNAとバンダイナムコゲームスのタイトルに限られているが、今後有効性が明らかになれば他のタイトルにも取り入れていくという。

画像画像 「ワンピースグランドコレクション」にも「匿名トレード」は導入されている

 ソーシャルゲームのRMT問題が表面化したのは、GREEの「探検ドリランド」でレアカードの複製が発覚した今年2月。その後世間のソーシャルゲームへの風当たりが強くなってきたために対応を急いだという面もあるだろうが、約1カ月半という短期間できちんと実効性のある対策を打ち出してきた点については評価すべきだろう。

 もっとも、PCのオンラインゲームが長らく悩まされてきたように、RMTを完全に根絶するのは簡単なことではない。今回の対策はまだ最初の一歩であり、むしろ今までがあまりに無対策すぎたからこその「大きな効果」であったとも言える(少なくとも「「怪盗ロワイヤル」は2年前からRMTの横行を指摘する声があった)。

 RMTとの本当の戦いはまだまだこれからだろう。この効果に満足せず、ぜひ両社のさらなる健全化への取り組みに期待したい。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」