ニュース
» 2012年05月09日 17時28分 公開

富士急ハイランドで「新脱出迷宮アトラクション計画」始動、今夏開業予定全天候型常設脱出ゲーム

脱出成功確率はほぼ0%を目指す! 富士急ハイランドがこの夏、ゲストをガチで脱出させる気のない脱出迷宮アトラクションを常設する。

[ITmedia]

 富士急ハイランドでは7月下旬導入を目指した「新脱出迷宮アトラクション計画」を始動した。

 “迷宮”と化した収容所からの脱出を試みるミッションクリア型のウォークスルーアトラクションで、脱出成功確率は限りなく0%に近い数字を目指すとしている。

 世界最恐の巨大お化け屋敷「最恐戦慄迷宮」で培ってきたノウハウを元に、今度はホラーではない“迷宮”を作り出す。延べ床総面積は約3300平方メートルにも及び、“リアル”にこだわった実際の収容所をイメージした演出が施される。

画像

 舞台となる収容所内はいくつかのステージに分かれており、それぞれ制限時間内にクリアしないと次のステージに進むことが出来ないようになっている。ステージには難易度が設定されており、知力・体力・運を使ってさまざまな手掛かりを見つけ出し、脱出を目指す。なお、脱出に成功するとその栄誉を称えた景品が贈られる予定だ。

 富士急ハイランドでは過去、リアル脱出系のイベントを開催していることもあり、その際は多くのゲストを動員した実績もある。全天候型の常設の脱出アトラクションを待ち望む声も多かった(※追記:本アトラクションにはリアル脱出ゲームを主催するSCRAPは関わっていない)。

 新脱出迷宮アトラクションの正式名称は未定。5〜30分ほどの所要時間で、定員24名ほどを予定している。料金は800円。なお、本アトラクション導入に伴い、「合戦 戦国BASARA」及び「戦国城下町」の営業は終了する。

関連キーワード

イベント | リアル脱出ゲーム | 開業


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 痩せたらこんなに変わるのか 丸山桂里奈、現役時代の姿が別人過ぎて「誰かわからん」の声殺到
  3. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  4. セーラーサターンの変身シーン、四半世紀を経てアニメ初公開にネット湧く 「ついに公式が」「感謝しかない」
  5. 「髪型体型全て違う」 丸山桂里奈、引退直後のセルフ写真にツッコミ 4年前のスレンダーな姿に「今も輝いててかわいい」の声も
  6. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  7. 「マジで助けてくれ」 試験中止で教授に“リスのさんすうノート”を提出することになった大学生に爆笑
  8. 「140秒とは思えない満足感」「なぜこれだけの傑作が埋もれているのか」 崩壊した日本を旅する“最後の動画配信者”のショートフィルムが話題
  9. 「化粧! 今すぐ落としてこい!」 男性教師に怒鳴られる生徒をかばう女性教師を描いた漫画に納得と感謝の声
  10. 畠山愛理、いま着たらピチピチなレオタードを公開 「とんでもなく可愛い」「見惚れてしまいました」と反響