ニュース
» 2012年05月11日 18時55分 公開

枝野経産相、ドワンゴ川上会長らが“闘技場”に集結 「クール・ジャパン作戦会議」その全ぼうニコニコ超会議(1/3 ページ)

枝野経産相などそうそうたる面々が集まった、ニコニコ超会議「ニコニコ言論コロシアム」の「クール・ジャパン作戦会議」は立ち見も出る大盛況だった。改めてその中身を振り返る。

[池田園子,ITmedia]

 クール・ジャパン――それはアニメやファッションといった国際的に“いいね”と支持される、日本のカルチャー全般を指す。政府がクール・ジャパン戦略の一環として「広報文化外交戦略課」(仮称)を新設する方針を固めるなど、今ホットなテーマだ。

 4月28日に行われた「ニコニコ超会議」では、ステージ企画「ニコニコ言論コロシアム」のなかで「クール・ジャパン作戦会議」と題した討論会が開かれた。司会進行は津田大介氏、パネリストは猪子寿之氏(チームラボ代表取締役)、佐藤剛氏(作家・音楽プロデューサー)、ダニー・チュー氏(Culture:Japanプロデューサー)、川上量生氏(ドワンゴ代表取締役会長)、生駒芳子氏(ジャーナリスト)といったそうそうたる顔ぶれ。さらにスペシャルゲストとして、枝野幸男経産相も登場し、会場は立ち見も出るほど超満員となった。

 津田氏が「クール・ジャパンを知っている人は?」と呼びかけると、会場で手を上げたのはおよそ半分。ニコニコ生放送で実施したアンケートでも、その数はちょうど半分程度だった。海外に日本のコンテンツ(文化、カルチャー全般)を出していこうという気持ちは、日本人のなかでそれほど盛り上がっていないのかもしれない。

 討論会では、45分という短い時間の中でテーマを2つに絞った。1つは「クール・ジャパンとして売れるコンテンツには何があるのか」、もう1つは「売れるコンテンツをどのように海外へ出していくか」。まずは、1つ目のテーマについて津田氏がパネリストたちへ順に尋ねていく。

画像

日本語そのものがクール・ジャパン

 日本のアニメに魅せられて13年前に来日し、オタク文化をブログで発信し続けているチュー氏。「魔法少女まどか☆マギカ」や「初音ミク」のように国内で盛り上がったコンテンツがそのまま海外でも盛り上がる事例がある一方で、日本人にとっては興味がなくても海外で好まれるものがあると指摘する。チュー氏いわく「それは日本の言葉」だ。

 「日本の漫画やアニメを見たいけれど、見ても分からないから日本語を独学する。私も『らんま1/2』と『クレヨンしんちゃん』で勉強した」と話し、持参した萌えイラスト付き平仮名学習カードを披露した。日本のカルチャーに触れるため、まず日本語を勉強する。「日本語そのものがクール・ジャパンになり得る可能性があるかもしれない」と津田氏もチュー氏の意見にうなずく。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2106/12/news047.jpg 冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
  2. /nl/articles/2106/11/news125.jpg オーブンレンジが大量に吐血!? “事件現場”にシャープも反応「ご愛用ありがとうございますが自首してください」
  3. /nl/articles/2106/10/news102.jpg 岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
  4. /nl/articles/1809/17/news031.jpg 「お前ホットケーキなんだよな?」 フライパンにしか見えないホットケーキが生成され戸惑うTwitter民
  5. /nl/articles/2106/12/news013.jpg 先輩犬に怒られた柴犬さんの表情とポーズに爆笑! 「犬ってこんな顔できるの?」「アニメみたいw」の声
  6. /nl/articles/2106/06/news003.jpg 透明標本を作るために2カ月カニの甲羅を煮込んでいたら包丁が完成 「ゾッとする」「やっぱり狂ってる」と大人気に
  7. /nl/articles/2106/11/news143.jpg 「新垣結衣さんとランチ」 小籔千豊、突然の報告にファンのツッコミが響き渡る「そっちかーーい!」「ガッキーなのは事実やけど」
  8. /nl/articles/2106/12/news007.jpg 「なんだその髪色は」 → 「疑ってすまなかった(涙)」 怖そうでみんなに好かれる体育教師の漫画がギャップ萌え
  9. /nl/articles/2106/11/news136.jpg 壇蜜、五輪聖火ランナー姿に“随分やつれてる”と心配の声 祖母逝去の精神的ダメージを告白「目まい結構ひどくって」
  10. /nl/articles/2105/25/news027.jpg 髪の長い女子生徒をその場で散髪……と思ったら? “厳しすぎる生徒指導”の漫画が予想外に良い話

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10