ニュース
» 2012年05月25日 12時16分 公開

studygiftはなぜ暴走したか 「説明不足」では済まされない疑念、その中身(1/2 ページ)

学生支援サービス「studygift」が炎上している。運営側は「説明不足だった」と釈明したが、本当にそれだけだったのか。

[宮本真希・池谷勇人,ITmedia]

 5月17日にオープンした学費支援サービス「studygift」をめぐって、ネット上でさまざまな議論が起こっている。

画像 studygift

 期待を寄せる人が多い一方、studygiftの説明や行動には不明瞭・不誠実な部分も多く、ネットユーザーからは厳しい指摘が相次いだ。サイトは今も“炎上”しており、studygift側は5月23日夜、「大切なお知らせ」として、説明が「極めて不十分だった」点についての謝罪を掲載するとともに、希望するサポーターには全額返金を行う旨を通知した。

 studygiftという仕組みや、その志についてはもちろん評価すべき点もある。しかし少なくとも、今回の坂口綾優さんのケースについて言えば、単なる「説明不足」では済まされないレベルの落ち度がstudygiftや坂口さんにあったことは事実だろう。「(場合によっては)詐欺となる可能性もあると思います」と、太田真也弁護士は話す。

支援金集まっても復帰できない可能性?

 studygiftの「落ち度」はいくつかあるが、まずはサイト内の「大切なお知らせ」で書かれている(=studygiftが認めている)点についてまとめておこう。

  • (1)坂口さんの現状について、正しくサポーターに伝えていなかった
  • (2)支援金が集まったとしても、坂口さんが大学に復帰できない可能性がある
  • (3)100パーセントを超えて支援金が集まった場合の使途説明が不十分だった

 (1)は具体的に言えば、坂口さんがすでに「退学」扱いになっていることをはっきりとサイトで明示していなかった点だ。現在は修正・追記されているものの、オープン当初の文面では「退学」状態にあることが伝わりにくく、「知らなかった」というユーザーから現実に不満があがっていた。

画像 「退学になりそう」など、大学に籍があるように受け取れる記述があった
画像 修正後の現在のページ

 (2)については明らかにstudygift側の確認不足だろう。授業料未納による退学の場合、再入学できるかどうかは最終的に、早稲田大学側での協議に委ねられる(早稲田大学の学則より)。協議の結果、やはり再入学は認められないということになれば、坂口さんは大学に復帰できず、集まった支援額は宙に浮く。

 サイト内では当初「学費の目処が立ち次第、学校には復学できる」と記載していたが(5月18日の「お知らせ」)、これは明らかに誤解を招く表現だろう。おそらくこれを掲載した時点ではstudygift側も「復帰できる」との認識だったのだろうが、本来は最初に大学側に確認しておくべきであり、「認識不足だった」では済まされない。万が一再入学申請が却下された場合、studygift側は全サポーターに全額返金するとしている。

 最後の(3)は、「必要な学費の25パーセントは学生が自分で稼ぐ」というルールに関連する。坂口さんへの一般支援額は目標をオーバーし、募集を止めた時点ですでに109%に達していた。さらにサイトのグラフには反映されていない、10万円の「特別スポンサー」枠も現時点で20件以上申し込みが来ているという(studygift側に確認したところ、すでに振込が成立しているのは1件のみとのこと)。

 確かに、これでは「学生の負担分が25パーセントにならない」と思われても仕方がない。studygift側はこれについて、オーバー分の使途は支援者と協議のうえ決定し、「25パーセントは学生が稼ぐ」という前提は当初より変わっていないと説明している。支援を募り始めた時点で必要としていた以上の額を集められてしまうシステムそのものについては「今後どうするか検討中」という。

 「大切なお知らせ」内では他にも、いくつかの表記ミスや説明不足について補足されているが、大きな問題点はおおむね上記3点に集約できると言っていいだろう。

 「退学状態にあったことや、再入学についての説明が不十分であったことは否定できないと思います。特に再入学できない可能性が明らかになった後もその点を明確に説明せず支援を集め続けた点は、かなり問題があると思います」(太田真也弁護士)

画像 studygift立ち上げの中心人物となった3人。左から坂口さん、家入一真氏、ヨシナガ氏
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2104/10/news007.jpg 師匠「殺すつもりで来い」→ 師匠オオォォオオーーッッ! 漫画でよく見る“修行あるある”で起こった悲劇に涙が止まらない
  2. /nl/articles/2104/09/news130.jpg JTBの新バーチャルサービスが初代PSレベルで視聴者騒然 「ファイナルソードの続編?」「核戦争後の東京」
  3. /nl/articles/2104/09/news141.jpg “ほぼ新車”の「R32 GT-R」が発掘 お値段もヤバすぎる奇跡の1台
  4. /nl/articles/2104/10/news005.jpg 文鳥が鏡に「ふーっ」と息を吹きかけると…… 文鳥の吐息でできた“世界一かわいいくもり”がいとおしい
  5. /nl/articles/2104/10/news024.jpg マリエの出川哲朗ら巡る告発にマセキ「お騒がせしているような事実はない」 芸能界の枕営業疑惑にひろゆき、武井壮らが独自見解
  6. /nl/articles/2104/09/news101.jpg 「釜の中の3合の線って米用じゃなくて水用だったんすね…」 炊飯器の使い方を知らなかった一人暮らし初心者が話題に
  7. /nl/articles/2104/09/news042.jpg 若手女優の登竜門「ポカリスエット」新CMに15歳の中島セナ CGなしの超大型“動く”セット爆走で綾瀬はるか、川口春奈に続く
  8. /nl/articles/1909/15/news021.jpg どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
  9. /nl/articles/2104/09/news074.jpg 「銃口からチャーハンが飛び出す」 コロプラ「アリスギア」でゲーム史に残りそうなシュールバグ発生中
  10. /nl/articles/2008/29/news029.jpg 「読めないくらい最悪」 柏木由紀、グラビア動画へのセクハラコメントに怒り「人に言えないことは書かないで」

先週の総合アクセスTOP10

  1. AKB48・大家志津香、人生MAXの65キロに危機感 周囲に迷惑が及ぶ激太りぶりで減量決意「やらなくていい仕事をさせちゃってる」
  2. 初コメダで「量すごいらしいからエビカツパンとビーフシチュー」 → 案の定大変なことになってしまった漫画が様式美
  3. 仲里依紗、息子がスカウトされて大騒ぎ「芸能人なんですけどもね?」 夫・中尾明慶と一緒にスルーされてしまう
  4. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  5. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  6. 「文鳥砲だ!」「躍動感すご」 文鳥が“来るッ…!”決定的瞬間を収めた写真に緊張感が漂っている
  7. 昔から何度も見る悪夢です→「私も見る!」「同じ人がいた」と共感集まる “あるある”かもしれない奇妙な夢の漫画
  8. 「もういいだろう、楽にさせてくれよ」 アントニオ猪木、入院治療中の弱音に叱咤激励の嵐
  9. コクヨが正確な1mmを測れる「本当の定規」全国発売 メモリの境界を“面と面の間”で計測
  10. 高木ゑみさん、35歳で逝去 ステージ4の肺がんで闘病 生前最後の“人工呼吸器も外せた”報告に悲しみの声