「表情はあいまいに」「ブーケトスでは逃げない」――「離婚式」のマナー教える講座が開講備えあれば憂いなし

意外に知られていない「離婚式」のマナー。いざ参列する段になって慌てないように、この講座で学んでおきましょう。

» 2012年05月30日 10時42分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本記事はアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 近年増えつつあるという「離婚式」。そんな「離婚式」に参列する人のための「離婚式マナー講座」が5月26日、港区の「勉強カフェ 田町ラーニングスタジオ」にて開講した。講座は全5回で、受講料は1回2200円。「どういう表情で参加すればいいのか分からない」「御終儀はいくらが相場?」といった参加者の疑問に答える。

画像 講師を務めた田中あづみさん 

 冗談みたいだが、実際に「離婚式」を挙げる夫婦が近年、増えているのだそうだ。離婚式プランナーの寺井広樹さんによると、この仕事を始めてからの3年間で、すでに130組以上の離婚式をプロデュースしてきたという。

 「離婚式は再出発式なんです」と語るのは、マナー講座で講師を務める田中あづみさん。家族や友人の前できっぱりと「再出発の決意」を誓い、ケジメをつけたうえで新しいスタートをきる――というところに「離婚式」の目的がある。田中さんも幼くして両親の離婚を経験したが、当時は父親がいないとは周りに言えず、ずいぶん辛い思いをした。「離婚式があれば、友達にウソをついたり、母親に離婚理由をしつこく聞いて困らせたりすることもなかった」と子供時代を振り返る。

画像 講座は1回2時間。1回完結なのでどこから参加してもOKだ

 第1回の講座では「参列者編」と題し、離婚式に招かれた人たちのマナーについてレクチャーした。招待ハガキはどのように返信したらいいか、服装はどのようなものが望ましいか、御終儀はいくら包むべきか、拍手はどのタイミングで行うべきか――。驚いたことに、会場は立ち見も出るほどの盛況ぶり。参加者の中には「ここへ来る前に、実際に離婚式に参加してきた」という人もいた。

 小さい頃から「結婚式はあるのになぜ離婚式がないのか不思議だった」と語る寺井さん。離婚式プランナーをはじめたきっかけは3年前にさかのぼる。大学の先輩の離婚式をプロデュースし、そのとき参列した女性から「私の離婚式もお願いしたい」と声がかかったことで、他の人の離婚式も手がけるようになった。最初は口コミでじわじわと広がっていったが、やがてメディアにも取り上げられるようになり一躍脚光を浴びる存在に。今では「離婚式プラン」を独自に展開しているホテルもあるそうだ。

 離婚式のクライマックスでは「最後の共同作業」として、旧郎・旧婦がハンマーを2人で持ち、結婚指輪を叩き壊す。ブーケトスは旧郎(かつての新郎)が投げるのが離婚式の決まりで、受け取った人は次に「円満離婚」できるという。講座の後半では実際に「指輪叩き割りの儀」やブーケトスのロールプレイングも行われた。

画像 旧郎・旧婦による指輪破壊の儀。参列者は「あいまいな表情」で見守り「2秒待ってから笑顔で拍手」がマナー

画像 ブーケから逃げるのはマナー違反なので、ちゃんと受け取ること

 第2回のマナー講座は「旧郎・旧婦編」で、6月9日に開催予定。各1回完結なので、途中からの参加もOKだ。また今後は、銀座のエステサロンと提携し「綺麗になって夫を見返したい」という女性向けのトータルケアプランなども提供していくという。

 「離婚式という考え方がもっと広まれば、離婚をもっとポジティブにとらえられるようになるかもしれない」と寺井さんは語る。日本では現在、3組に1組の夫婦が離婚しているという。いつ呼ばれるかもしれない「離婚式」に備えて、どういう場なのかくらいは知っておいてもいいかもしれない。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評