ニュース
» 2012年06月01日 09時58分 公開

「我流ラテアート」でなんでも描きます 2chで人気のまっつんさん磯野カツオもトトロも

まっつんさんは知る人ぞ知るラテアートの達人。磯野カツオやトトロ、永沢君、亀仙人などの絵をカフェラテの表面に描き、2ちゃんねるで公開したところ、たちまち人気となった。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 まっつんさん(23歳)は、知る人ぞ知るラテアートの達人だ。カプチーノの表面に、動物や萌えキャラなどさまざまな模様を描き、2ちゃんねるで「我流ラテアート」として公開すると、たちまち人気となった。彼がコーヒー1杯にかける思いやラテアートを始めた経緯を聞いてみた。

きっかけは磯野カツオ

画像 まっつんさん

 調理師学校を卒業後、大阪のイタリアンレストランに就職したまっつんさん。キッチンで働くはずが、まずはホールで接客などの修行を積むことになり、ホール仕事の一環で、食後の飲み物として出すカプチーノのラテアートを担当することになった。

 ラテアートとは、カップにエスプレッソとスチームミルクを注ぎ、エスプレッソの茶色とミルクの白の2色で表面に模様を描くこと。ミルクをピッチャーで注ぎながらデザインを作り上げる様式はフリーポアラテアートと呼ばれており、まっつんさんはこれがどうしても上手にできなかった。そこで、爪楊枝のような器具を使って模様を描く別の方法でラテアートに挑戦。見よう見まねで練習を重ねた。

 あるとき偶然、カプチーノの表面にミルクの白くて丸い模様が浮かんだ。エスプレッソを絵の具のように使って、丸に目や鼻を描き込んでみると……磯野カツオのラテアートが見事完成! 客が大ウケして喜んでくれたという。これがきっかけとなり、店で客からのリクエストに応えて、さまざまなラテアートを描くようになったまっつんさんは、めきめきと腕を上げていった。

画像
画像

 よく描いていたのは、ネコやクマといった可愛らしい模様。ほかにもスヌーピーやキティ、トトロ、「ドラゴンボール」の亀仙人、「ちびまる子ちゃん」の永沢君……など、ジャンルを問わずにさまざまなキャラをものにしてきた。ときには「俺の女房を美人に描いてくれ!」と頼まれ困ったことも。店の食べログページには、ラテアートに関するコメントが寄せられ、評判になったという。

2ちゃんねるなら本音を言ってもらえる

 昨秋、描きためた作品を2ちゃんねるに投稿することを思いつく。匿名性の高い2ちゃんねるなら「本音を言ってもらえる」と思ったからだ。夜中の0時すぎにスレッドを立て、たんたんと写真をアップしていく。「こんなのラテアートじゃない」と叩かれるかもしれないと予想していたが、予想以上に好意的な意見が多かった。さらにこの内容がまとめブログに転載され、Twitterなどでも拡散。「次も待っている」「実際に飲んでみたい」といったコメントを見てうれしくなった。

 次を期待するネットユーザーの声に応えたい――まっつんさんは、いつでもリクエストに応じてラテアートを作れるよう、自宅にエスプレッソマシーンを導入。携帯電話しか持っていなかったため、併せてPCも購入した。以降は定期的に2ちゃんねるやTwitterで撮りためた作品を公開したり、リクエストに応えて作ったりしており、気づけば12時間以上2ちゃんねらーたちとやり取りしていたことも。「あの時はすごく疲れました(笑)」とまっつんさんは楽しげに話す。

画像 エスプレッソとミルクのコントラストで絵を描く
画像 普段は専用のスティックを使うが、爪楊枝でもこの通り

 自分自身について「絵心がある方ではない」と分析する。趣味で絵を描いているというわけでもない。「ラテアートにしたらすごく見えるだけで、誰でもできる描き方でやっていますよ」と謙そんする。ラテアートが完成するまでにかかる時間は、得意なデザインなら2〜3分ほど。カプチーノは冷めるとミルクの泡がはじけたり、絵がにじんだりするため、ラテアートは時間との戦いだ。紙とは全く違うものに描く楽しさや難しさをまっつんさんは追求している。

 現在は転職して、とあるバーで働いており、そこでも時々ラテアートの腕前を披露している。今年4月にはフリーマーケット会場の片隅に露店を出し、カプチーノをふるまった。自身のTwitterアカウントなどで告知していたため、100人近く客が集まり、行列もできたという。6月3日には2回目の“青空ラテアート”を予定している。夢は独立して自分のカフェを持つこと。「ラテアートはたった一杯でも人を笑顔にできる。これからもたくさんの人を笑顔にしたい」と語ってくれた。

画像 得意だというスヌーピーは3分ほどで完成。文字も入っていて手が込んでいる
画像 我らがねとらぼのITちゃんもラテアートに。おいしくいただきました
画像 あの「チャリで来た」も

撮影協力:JELLYJELLYCAFE

アクセス:東京都渋谷区宇田川町10-2 新東京ビル202

インタビューの際に店内をお借りしました(※まっつんさんが勤めるお店ではありません)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/26/news145.jpg すみれ、息子を見つめる“お宮参り”2ショットに反響 「お母さんですね〜」「着物が似合いますね」
  2. /nl/articles/2205/25/news162.jpg この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  3. /nl/articles/2205/24/news145.jpg 上司「在宅勤務中にサボっているのでは?」 → 社員のログをあさったら“未申告残業”ばかり出てきた話が示唆に富む
  4. /nl/articles/2205/25/news190.jpg 親子そろって最高すぎる! 本木雅弘&長男UTA、“腕時計”輝く新ビジュアルで洗練されたスタイル披露
  5. /nl/articles/2205/26/news105.jpg つるの剛士、47歳誕生日に妻から最高の“サプライズ” 「完全にパパ酩酊」「妻は天使なのか女神なのか聖母なのか…」
  6. /nl/articles/2205/26/news017.jpg イタズラが見つかった柴犬、しょんぼりしてると思いきや…… まさかの真相に「大声で笑ったw」「反省姿がツボです」の声
  7. /nl/articles/2205/26/news009.jpg 野良猫親子を保護→怒られるのを承知で子猫を抱っこしたら…… 親猫のまさかの反応に「信頼しているんでしょうね」の声
  8. /nl/articles/2205/25/news105.jpg だいたひかる、4カ月長男の動画にファンから難病指摘 医師「その病気の可能性は99%ありえないです」
  9. /nl/articles/2205/25/news202.jpg 「アクシデントではなく」SHELLY、事実婚パートナーとの間に第3子妊娠 前夫も「よかったじゃん!」と祝福
  10. /nl/articles/2109/26/news033.jpg 川島なお美さんの7回忌を夫・鎧塚俊彦さんが報告 コロナ禍で“粛々とした”供養になるも墓前はゴージャスに変身

先週の総合アクセスTOP10

  1. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  3. 「だめだお腹痛い」「大爆笑しました」 榎並大二郎アナ、加藤綾子に贈った“ガチャピン人形”が悲惨な姿になってしまう
  4. ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  5. 「志摩スペイン村」微塵も人がいないのに突如トレンド入り 「にじさんじ」周央サンゴの“正直すぎるレポ”で話題に
  6. キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  7. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の所属コミュニティーが声明 商標権の完全放棄を要求
  8. 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  9. 「志摩スペイン村」がトレンド入り→公式ホテルの予約が急増とさらなる展開へ 広報「すごいことが起こっているぞと思った」
  10. 華原朋美、デザイン手掛けた黒ミニドレスを披露 「本当に痩せて綺麗になって」「全てが可愛すぎました」と反響