ニュース
» 2012年06月01日 09時58分 公開

磯野カツオもトトロも:「我流ラテアート」でなんでも描きます 2chで人気のまっつんさん

まっつんさんは知る人ぞ知るラテアートの達人。磯野カツオやトトロ、永沢君、亀仙人などの絵をカフェラテの表面に描き、2ちゃんねるで公開したところ、たちまち人気となった。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 まっつんさん(23歳)は、知る人ぞ知るラテアートの達人だ。カプチーノの表面に、動物や萌えキャラなどさまざまな模様を描き、2ちゃんねるで「我流ラテアート」として公開すると、たちまち人気となった。彼がコーヒー1杯にかける思いやラテアートを始めた経緯を聞いてみた。

きっかけは磯野カツオ

画像 まっつんさん

 調理師学校を卒業後、大阪のイタリアンレストランに就職したまっつんさん。キッチンで働くはずが、まずはホールで接客などの修行を積むことになり、ホール仕事の一環で、食後の飲み物として出すカプチーノのラテアートを担当することになった。

 ラテアートとは、カップにエスプレッソとスチームミルクを注ぎ、エスプレッソの茶色とミルクの白の2色で表面に模様を描くこと。ミルクをピッチャーで注ぎながらデザインを作り上げる様式はフリーポアラテアートと呼ばれており、まっつんさんはこれがどうしても上手にできなかった。そこで、爪楊枝のような器具を使って模様を描く別の方法でラテアートに挑戦。見よう見まねで練習を重ねた。

 あるとき偶然、カプチーノの表面にミルクの白くて丸い模様が浮かんだ。エスプレッソを絵の具のように使って、丸に目や鼻を描き込んでみると……磯野カツオのラテアートが見事完成! 客が大ウケして喜んでくれたという。これがきっかけとなり、店で客からのリクエストに応えて、さまざまなラテアートを描くようになったまっつんさんは、めきめきと腕を上げていった。

画像
画像

 よく描いていたのは、ネコやクマといった可愛らしい模様。ほかにもスヌーピーやキティ、トトロ、「ドラゴンボール」の亀仙人、「ちびまる子ちゃん」の永沢君……など、ジャンルを問わずにさまざまなキャラをものにしてきた。ときには「俺の女房を美人に描いてくれ!」と頼まれ困ったことも。店の食べログページには、ラテアートに関するコメントが寄せられ、評判になったという。

2ちゃんねるなら本音を言ってもらえる

 昨秋、描きためた作品を2ちゃんねるに投稿することを思いつく。匿名性の高い2ちゃんねるなら「本音を言ってもらえる」と思ったからだ。夜中の0時すぎにスレッドを立て、たんたんと写真をアップしていく。「こんなのラテアートじゃない」と叩かれるかもしれないと予想していたが、予想以上に好意的な意見が多かった。さらにこの内容がまとめブログに転載され、Twitterなどでも拡散。「次も待っている」「実際に飲んでみたい」といったコメントを見てうれしくなった。

 次を期待するネットユーザーの声に応えたい――まっつんさんは、いつでもリクエストに応じてラテアートを作れるよう、自宅にエスプレッソマシーンを導入。携帯電話しか持っていなかったため、併せてPCも購入した。以降は定期的に2ちゃんねるやTwitterで撮りためた作品を公開したり、リクエストに応えて作ったりしており、気づけば12時間以上2ちゃんねらーたちとやり取りしていたことも。「あの時はすごく疲れました(笑)」とまっつんさんは楽しげに話す。

画像 エスプレッソとミルクのコントラストで絵を描く
画像 普段は専用のスティックを使うが、爪楊枝でもこの通り

 自分自身について「絵心がある方ではない」と分析する。趣味で絵を描いているというわけでもない。「ラテアートにしたらすごく見えるだけで、誰でもできる描き方でやっていますよ」と謙そんする。ラテアートが完成するまでにかかる時間は、得意なデザインなら2〜3分ほど。カプチーノは冷めるとミルクの泡がはじけたり、絵がにじんだりするため、ラテアートは時間との戦いだ。紙とは全く違うものに描く楽しさや難しさをまっつんさんは追求している。

 現在は転職して、とあるバーで働いており、そこでも時々ラテアートの腕前を披露している。今年4月にはフリーマーケット会場の片隅に露店を出し、カプチーノをふるまった。自身のTwitterアカウントなどで告知していたため、100人近く客が集まり、行列もできたという。6月3日には2回目の“青空ラテアート”を予定している。夢は独立して自分のカフェを持つこと。「ラテアートはたった一杯でも人を笑顔にできる。これからもたくさんの人を笑顔にしたい」と語ってくれた。

画像 得意だというスヌーピーは3分ほどで完成。文字も入っていて手が込んでいる
画像 我らがねとらぼのITちゃんもラテアートに。おいしくいただきました
画像 あの「チャリで来た」も

撮影協力:JELLYJELLYCAFE

アクセス:東京都渋谷区宇田川町10-2 新東京ビル202

インタビューの際に店内をお借りしました(※まっつんさんが勤めるお店ではありません)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」