ニュース
» 2012年06月01日 09時58分 公開

「我流ラテアート」でなんでも描きます 2chで人気のまっつんさん磯野カツオもトトロも

まっつんさんは知る人ぞ知るラテアートの達人。磯野カツオやトトロ、永沢君、亀仙人などの絵をカフェラテの表面に描き、2ちゃんねるで公開したところ、たちまち人気となった。

[宮本真希,ITmedia]
画像

 まっつんさん(23歳)は、知る人ぞ知るラテアートの達人だ。カプチーノの表面に、動物や萌えキャラなどさまざまな模様を描き、2ちゃんねるで「我流ラテアート」として公開すると、たちまち人気となった。彼がコーヒー1杯にかける思いやラテアートを始めた経緯を聞いてみた。

きっかけは磯野カツオ

画像 まっつんさん

 調理師学校を卒業後、大阪のイタリアンレストランに就職したまっつんさん。キッチンで働くはずが、まずはホールで接客などの修行を積むことになり、ホール仕事の一環で、食後の飲み物として出すカプチーノのラテアートを担当することになった。

 ラテアートとは、カップにエスプレッソとスチームミルクを注ぎ、エスプレッソの茶色とミルクの白の2色で表面に模様を描くこと。ミルクをピッチャーで注ぎながらデザインを作り上げる様式はフリーポアラテアートと呼ばれており、まっつんさんはこれがどうしても上手にできなかった。そこで、爪楊枝のような器具を使って模様を描く別の方法でラテアートに挑戦。見よう見まねで練習を重ねた。

 あるとき偶然、カプチーノの表面にミルクの白くて丸い模様が浮かんだ。エスプレッソを絵の具のように使って、丸に目や鼻を描き込んでみると……磯野カツオのラテアートが見事完成! 客が大ウケして喜んでくれたという。これがきっかけとなり、店で客からのリクエストに応えて、さまざまなラテアートを描くようになったまっつんさんは、めきめきと腕を上げていった。

画像
画像

 よく描いていたのは、ネコやクマといった可愛らしい模様。ほかにもスヌーピーやキティ、トトロ、「ドラゴンボール」の亀仙人、「ちびまる子ちゃん」の永沢君……など、ジャンルを問わずにさまざまなキャラをものにしてきた。ときには「俺の女房を美人に描いてくれ!」と頼まれ困ったことも。店の食べログページには、ラテアートに関するコメントが寄せられ、評判になったという。

2ちゃんねるなら本音を言ってもらえる

 昨秋、描きためた作品を2ちゃんねるに投稿することを思いつく。匿名性の高い2ちゃんねるなら「本音を言ってもらえる」と思ったからだ。夜中の0時すぎにスレッドを立て、たんたんと写真をアップしていく。「こんなのラテアートじゃない」と叩かれるかもしれないと予想していたが、予想以上に好意的な意見が多かった。さらにこの内容がまとめブログに転載され、Twitterなどでも拡散。「次も待っている」「実際に飲んでみたい」といったコメントを見てうれしくなった。

 次を期待するネットユーザーの声に応えたい――まっつんさんは、いつでもリクエストに応じてラテアートを作れるよう、自宅にエスプレッソマシーンを導入。携帯電話しか持っていなかったため、併せてPCも購入した。以降は定期的に2ちゃんねるやTwitterで撮りためた作品を公開したり、リクエストに応えて作ったりしており、気づけば12時間以上2ちゃんねらーたちとやり取りしていたことも。「あの時はすごく疲れました(笑)」とまっつんさんは楽しげに話す。

画像 エスプレッソとミルクのコントラストで絵を描く
画像 普段は専用のスティックを使うが、爪楊枝でもこの通り

 自分自身について「絵心がある方ではない」と分析する。趣味で絵を描いているというわけでもない。「ラテアートにしたらすごく見えるだけで、誰でもできる描き方でやっていますよ」と謙そんする。ラテアートが完成するまでにかかる時間は、得意なデザインなら2〜3分ほど。カプチーノは冷めるとミルクの泡がはじけたり、絵がにじんだりするため、ラテアートは時間との戦いだ。紙とは全く違うものに描く楽しさや難しさをまっつんさんは追求している。

 現在は転職して、とあるバーで働いており、そこでも時々ラテアートの腕前を披露している。今年4月にはフリーマーケット会場の片隅に露店を出し、カプチーノをふるまった。自身のTwitterアカウントなどで告知していたため、100人近く客が集まり、行列もできたという。6月3日には2回目の“青空ラテアート”を予定している。夢は独立して自分のカフェを持つこと。「ラテアートはたった一杯でも人を笑顔にできる。これからもたくさんの人を笑顔にしたい」と語ってくれた。

画像 得意だというスヌーピーは3分ほどで完成。文字も入っていて手が込んでいる
画像 我らがねとらぼのITちゃんもラテアートに。おいしくいただきました
画像 あの「チャリで来た」も

撮影協力:JELLYJELLYCAFE

アクセス:東京都渋谷区宇田川町10-2 新東京ビル202

インタビューの際に店内をお借りしました(※まっつんさんが勤めるお店ではありません)


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2109/16/news095.jpg 中国版「FGO」で中国系キャラクターの名前・イラストが突然変更に 虞美人(アサシン)は「暗匿者230」、始皇帝は「裁定者229」に
  2. /nl/articles/2109/16/news101.jpg 光浦靖子、初めての“カナダ留学レポ”に反響 ナイアガラの滝観光ショットに「お元気そうでよかった」
  3. /nl/articles/2109/15/news022.jpg 豆柴の赤ちゃんから手を離すと…… “秒で寝た笑”かわいすぎる寝落ちに「心が浄化される」「母性が目覚める」
  4. /nl/articles/2109/16/news027.jpg 張り切って“アゴ乗せ”に挑戦したハスキー、しかし…… おちゃめに間違えたワンコの「てへぺろ」がかわいい
  5. /nl/articles/2109/15/news169.jpg オンライン麻雀ゲーム「姫雀鬼」、サービス開始と同時にサービス終了発表で話題に Twitterではバグ報告多数
  6. /nl/articles/2109/16/news126.jpg ダレノガレ明美、元保護犬リッツの早い旅立ちを報告 がんを何年も放置したブリーダーへ「本当に許せない」
  7. /nl/articles/2109/12/news041.jpg 小学生のころのトラウマ漫画がつらい 美術館の撮影OKゾーンで撮っていたら「常識ないのか」「全部消しなさい」
  8. /nl/articles/2109/16/news093.jpg あびる優「私の気持ちは私の中にしまっておきます」 核心に触れず、周囲から多くの声が届いていること明かす
  9. /nl/articles/2105/13/news011.jpg 夜にキッチンの窓から見た人影 振り返ってみると恐ろしかった出来事を描いた漫画がゾクッとする
  10. /nl/articles/2109/15/news175.jpg 「デンジャラス」ノッチの次女、完治困難な異汗性湿疹で“電流療法” 1年ごしの成果に妻も満足 「痛みの方が耐えられる」

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」