ニュース
» 2012年06月06日 22時44分 公開

Kinect 巨乳 WORLD CUP 2012:巨乳は宇宙だ! おっぱいエンジニアの世界一決定戦

「Kinect巨乳」を使った、史上初の世界大会「Kinect 巨乳 WORLD CUP 2012」が開催された。果たして優勝に輝いたのは?

[池谷勇人,ITmedia]

「ホント感動しました。途中で泣いちゃうんちゃうかと。巨乳には人類を進歩させるエネルギーがあるんだなと、あらためて分かった」

 大会の審査員長を務めたケンドーコバヤシさんは、「Kinect 巨乳 WORLD CUP 2012 決勝戦」を振り返り、真剣なまなざしでそう語った。

画像画像 審査員の3名。審査員長はお笑い芸人のケンドーコバヤシさんが務めた

 去る6月2日、東京・目黒のドリコム本社セミナールームにて、「Kinect巨乳」を使った史上初の世界大会「Kinect 巨乳 WORLD CUP 2012」の決勝戦が行われた。

 何を言っているのか分からないという人のために最初から説明しよう。「Kinect巨乳」とは、Kinectを使うことで誰もが巨乳を手に入れることができるという夢の拡張現実(AR)プログラム。これを自由に改造・カスタマイズし、その独創性を競い合うのが「Kinect 巨乳 WORLD CUP」だ。

 主催は「Kinect巨乳」を開発した株式会社人間。当日はお笑い芸人のケンドーコバヤシさん、巨乳アイドルの麻生亜実さん、そしてAR三兄弟 川田十夢さんの3名が審査員を務め、それぞれの作品を厳しく審査した。

画像画像 「世界の三宅」さんの「ARブラ」。画面の動きと連動して、ブラの中に仕込まれたモーターがぶるぶると振動し、巨乳の「揺れ」を体感できる。ちょうど乳首の部分にモーターが当たるらしく、試着したケンドーコバヤシさんは「めちゃくちゃいいじゃないですか!」ばかり連呼していた。

画像画像 「アルミカン」さんの「宇宙巨乳」。二つの巨乳が重なる瞬間、奇跡の天文ショーがスクリーンに再現される。寝坊したせいで金環日食を見逃してしまった悲しみを背負いながら開発したという。

 決勝まで進出したのは全部で6チーム。その中でも個人的に面白いと思ったのが、「世界の三宅」さんの「ARブラ」だ。画面内で巨乳を揺らすと、現実のブラも連動してぶるぶると振動する。シンプルなアイデアながら、ARから現実方向へフィードバックがあるというのが新しい。AR三兄弟の川田十夢さんも「(ARの)さらに次の次元を目指したというか、もはや次元を超えた感がある。すばらしかった」と絶賛した。

 一方、会場での反応がよかったのは、「巨乳は宇宙だ」と潔く断言した、「アルミカン」さんの「宇宙巨乳」。両手を上にあげ、日食観察グラスを装着すると、左右のおっぱいがそれぞれ月と太陽に変身。そのままゆっくりと体を回転させていくと、月が太陽に重なり、壮大なBGMとともに美しい金環日食がスクリーンに広がる。まさかのロマンチックな演出に、観客からは「壮大すぎてヤバい」「感動した。アホだ」といったコメントも飛び出していた。

画像画像 麻生亜実さんも実演。ただでさえたわわなお胸(Hカップ!)がさらに大変なことに……

 プレゼン後は来場者と審査員による投票タイムとなったが、来場者投票ではこの2作品のほぼ一騎打ち状態に。しかし最後は、麻生さん、ケンドーコバヤシさんが立て続けに「宇宙巨乳」に票を投じ、見事「アルミカン」さんが第1回の「Kinect 巨乳 WORLD CUP」のグランプリに輝いた形となった。

 優勝の感想を聞かれたアルミカンさんは、目をうるませながら「このメンツで自分が優勝できるとは思わなかった。泣きそうです」とコメント。「どこまで本気でアホなことができるか」という趣旨とは裏腹に、最後はちょっと感動的な拍手に包まれながら、第1回の「Kinect 巨乳 WORLD CUP」は幕を閉じたのだった。

画像画像 見事優勝に輝いた「アルミカン」さん。下ネタに走った作品も多かった中で、巨乳を月と太陽に見立てたセンスがやはり白眉だった。主催した人間の山根氏によれば、「来年もぜひやりたい」とのこと

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン