ニュース
» 2012年06月13日 10時38分 公開

リアル「耳をすませば」できるかも! マンガ好きが集まる、新宿ゴールデン街のバー「図書室」(2/2 ページ)

[林健太,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 のんさんは、もちろん「耳すま」ファン。「初めて2回見に行った映画なんです。同世代で好きな方も多いので、貸し出しカードを見て『耳すま』話で盛り上がることは多いです」と嬉しそうに語ってくれた。開店から、貸し出した人数は89人。毎週のように借りにくる人もいるという。1回目は人に連れられて来て、2回目には1人で来て「今回は借りに来ました」という客も多いようだ。


画像
画像

“天沢聖司”“月島雫”に出会えるか?

画像

 貸し出しカードで盛り上がることは多く、筆者もライター仲間数人が客だったことがカード経由で発覚し驚いたことがある。さらに、何冊も読んでいると、有名なアニメスタッフの方の名前もあった。そこで気になったのは、カードを通して「耳すま」的な甘酸っぱい展開が起きているかどうかだ。

 「残念ながら、今のところはないんです。『マンガみたいな展開は簡単には起きないよね〜』と盛り上がることは多いのですが(笑)」と、淡い期待は一瞬で破れた。現実は厳しい。しかし、客同士で「あ、あなたもこれ読んでたんですね」と盛り上がることはあり、会話のキッカケとしては役立っている。これは、通っていればチャンスがあるのか?

 「『耳すま』では、雫が読みそうな本を聖司君は読んでいたんですよね。オススメの本を聞かれたときに、好きな漫画を聞いて好きそうだと思うものを薦めるので、お客さんが借りていく本にある程度、傾向はあると思います」(のんさん)

画像

 と、嬉しい情報が聞けたので、筆者の貸し出しカードを見てもらうと……「これは男の人が借りている回数が多いですね」とダメ出しをくらってしまった。女子ウケのいいマンガを読まねば! 

 と思うも、店内には最新の話題マンガから、店主推薦の玄人好みのマンガまで多数並んでおり、なかなかその誘惑には勝てない。「図書室」だけに不純な動機はダメよということか。出会いはさておき、マンガを純粋に楽しめる空間として、足を踏み入れてはいかがだろうか?


画像
画像
画像

店舗情報「bar 図書室」

  • 営業:月〜土 20時〜5時(ブログを要確認)
  • 席数:5
  • 単価:2000円〜
  • 公式ブログ:「図書だより

 営業時間などはブログで確認しよう。席数も少ないため、満席となった場合は、先に入った方から後から来た方に席を譲るなど、飲み屋街ならではのマナーには気をつけたい。

著者紹介

林健太(@gabuken)は、1985年生まれの雑食系フリーライター・カメラマン。コスプレ、鉄道、ガジェット、アニメ、エロなど、ライトなエンタメ系を貪欲に足を使って取材。Webニュースサイトの記事を、単独取材で記事にすることが多い。日刊SPA!の編集業をメインに、R25、日刊サイゾーなどでも活動。


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. めちゃくちゃ目立ちそう! 元俳優・成宮寛貴、ほぼ変装なしのディズニーシーに現れた姿がオーラだだ漏れ
  2. 尼崎市が全市民情報流出の会見でUSBのパスワード桁数を言ってしまいネット総ツッコミ 「情報セキュリティの教材か?」「やらかし重ねてるの面白かった」
  3. 1匹の子猫を保護すると……草むらから子猫の群れが! 助けを求める様に寄ってくる姿がいじらしい【米】
  4. 入院中の堀ちえみ、クレーム電話連発する“心ない人物”に苦悩 顔も知らない相手に「人生を阻まれてしまいます」
  5. よそ者には厳しい甲斐犬が、家族と認めた子柴犬を…… 全力で守る姿に「深い愛情に泣ける」「誠実さがかわいい」
  6. パパ、10時間ぶりの帰宅でワンコの感情が…… 大爆発!!→体当たりするゴールデンレトリバーがいとおしい
  7. YOSHIKI、母親の四十九日で生まれ故郷へ 喪服姿で悲しみを吐露「I miss my mother」
  8. 「私はどん底に居ました」 小林麻耶、妹・麻央さんの命日に思い吐露「真実を伝えるしかないと死を考えたことも」
  9. ちょっと窓を閉めただけで、ゴールデンレトリバーの表情が…… この世の終わりのようなお顔が抱きしめたくなる
  10. 柴犬が散歩中、ノラの子猫たちに囲まれて…… 迫力におされて全く進めない姿が応援したくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」