ニュース
» 2012年06月15日 10時00分 公開

脱ぎたがる女たちが増えている? “今の私”を残せるヌード専門スタジオに行ってきた(1/4 ページ)

自分自身のヌード写真を残したいという女性が増えている。ヌード専門スタジオ「Studio ivy」(スタジオアイビー)は3週間先まで予約が取りづらい状況だ。どうして彼女たちは脱ぎたがるのか。女性だけで作られる撮影現場に潜入して見えた真実とは――。

[池田園子,ITmedia]
画像

 女性のためのフォトスタジオ「Studio ivy」は、地下鉄表参道駅から5分ほど歩いた静かな場所にある。女性目線に立った撮影で「女性から見てカッコいいヌード」を撮るというポリシーを貫いており、同じようなスタジオでもカメラマンは男性だというところが多いなか、Studio ivyはカメラマンもディレクターも全員が女性。3週間先まで予約が取りづらいほどの人気となっている。

 スタジオ入り口には、カッコいいヌード作品がいくつも並んでいる。女性のやわらかさと強さが同居している写真ばかりで目を奪われる。一体どのような撮影が行われるのか。どんな女性がやって来るのか。どうやって表情が引き出されているのか。そして、どうして脱ぐのか。本当に気になってならない。この日行われた原田さん(40)の撮影現場へ、特別に入れてもらえることになった。

画像

アラフォー女性が“ガール”になる瞬間

 「すっぴんっぽいメークで来ました」――仕事を終えた原田さんがやってきた。夫と子どもにしか見せていない素の顔を撮ってほしいという。少し緊張した面持ちに見える。ヌードを撮影するのは初めてだというからそれもそのはず。ここから表情がどう変わっていくか見届けたい。撮影の流れはシンプルで、15〜20分の打ち合わせの後、衣装選びに5分、撮影に50分、写真をDVDに焼いてもらうのに15分ほどかかる。

 打ち合わせはサンプル写真を見ながら、背景、ポーズ、使う衣装などについて話す。スタッフから「ご自身の身体で好きなパーツはありますか」と問われ「アゴライン、目、笑いジワかな」と笑顔で応える原田さん。普段はセミナーなどを行う講師なので、キリリとした姿とは異なる自分を出すべく、淡いピンクや白いシャツなどのふんわりとした衣装を持ってきていた。それに合わせてジュエリーも着ける。


画像
画像

 衣装を羽織ったまま白背景でふわっとした写真を、黒背景でフルヌードの写真を、というように、撮影の方向性がざっくりと決まると衣装選びに入る。意気揚々と更衣室へと消えていった原田さんだったが、5分ほどして「恥ずかしい……」と、羽織ったバスローブをぎゅっと押さえながらスタジオに戻ってきた。やはり緊張しているのが分かる。スタッフが「大丈夫ですよ、ここは女性だけですし」と和ませる。

画像
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる