ニュース
» 2012年06月15日 23時12分 公開

日々是遊戯:中国の新型ゲーム機「eedoo」が意外にマトモそうな件

中国産ゲーム機の常識を覆す「eedoo」。あれ、これって前に……。

[池谷勇人,ITmedia]

もうちょっと値段が安ければなあ

 中国オリジナルのゲーム機と言えば、Wiiにそっくりな「威力棒Vii」などが有名ですが、今度の新ハードはなかなかすごそう。

 名前は「eedoo」。本体はHDDレコーダーのような形でとりたてて言うことはありませんが、見どころは何と言ってもKinectセンサーそっくりな入力デバイス「CT510」でしょう。

画像画像

 機能もそのまんまKinectセンサーで、手や全身を使ったモーションコントロールコントロールに対応。本体にはあらかじめ8種類のオリジナルゲームが内蔵されているほか、カジュアルユーザー向けにカラオケや電子コミックなども楽しめるとのこと。ちなみに中国では4月末ごろにはすでに発売されているそうです。

 ――と、こんな風に書くといつものがっかりハードを想像しますが、YouTubeに投稿されているプレイ動画を見るかぎり、ゲーム自体はちゃんとオリジナルで、むしろ期待に反してけっこう面白そう! それもそのはずで、このハードを開発しているのはあのPCメーカー、Lenovoの子会社。にもかかわらずあまり現地で盛り上がっていないのは、約3万8000元(=約5万円)という値段の高さによるところが大きいようです。

画像画像 あれ、意外に面白そう……!

 で、ここまで書いたところで思い出したんですが、実はこのゲーム機、2年ほど前にこの連載で紹介したことがあったんですよね。

 その時は「Lenovoがゲーム機ビジネスへ参入!? Kinect対抗機『ebox』を中国で発売へ」という見出しで紹介。あらためて読み返してみると、当時は「ebox」という名前で開発されており、予定価格も300ドル弱と今よりだいぶ安かったことが分かります。その後商品名が変わったり、発売が延期されたりと紆余曲折ありましたが、なんとか無事に(?)発売はできたようで何よりです。

 センサー部分の見た目はちょっとアレですが、内蔵ゲームもちゃんとオリジナルだし、デキもそんなに悪くないしと、今までの中国産ハードに比べればずっとマトモな「Eedoo」。個人的にはぜひ応援したいハードなんですが、でもやっぱり5万円は高いよなあ……。

画像 公式サイトはこんな感じ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン