ニュース
» 2012年06月19日 11時07分 公開

楽・安・旨のレシピ本が鬼売れ! 「給食系男子」イベントで料理のコツを学んできた(1/2 ページ)

「1食100円未満、調理ステップはたったの3工程、調理時間は5〜20分」でヒットしているレシピ本「家メシ道場」。著者である給食系男子のイベントをリポートする。

[池田園子,ITmedia]

 「男の料理」がブームだ。レシピ本を発売した「MOCO'Sキッチン」の速水もこみち、ドラマ「ハングリー」で料理人を演じた向井理をはじめ、世の中で男子×料理は認知されつつある。その流れもあってか、男性12人によるユニット「給食系男子」が今大人気らしい。「めざましテレビ」「dancyu」などのメディアに引っ張りだこの様子。そんな“旬の男子”の出版記念イベントにおじゃましてきた。

イベントの模様

 メンバー全員が「予想外の売れっぷりにびっくりしました」と語る、今年4月に出版された「家メシ道場」。Amazon書籍総合ランキングで1位を獲得し、1カ月で4刷・5万部というヒットの理由は、1食100円未満にコストを抑えたこと、調理ステップをたったの3工程にしたこと、調理時間を5〜20分にしたことが大きい。とにかく簡単でうまい家メシを、というコンセプトで、自炊初心者向けに作られている。

大ヒットのレシピ本「家メシ道場」

 イベントでは、給食系男子たちがお客さんの目の前でダイナミックな料理をし、それらが実際に振る舞われる。それだけでなく、ちょっとした料理の豆知識なんかも披露されるということもあり、筆者(女子)にとっても非常に勉強になるので、真剣に取材に臨んできたぞ。

給食系男子たち

男が作る“家庭の味”にドキッ

 会場には100人近くのお客さんが集まっていた。広いシステムキッチンの中では、それぞれ料理人らしい衣装を着た給食系男子たちが、てきぱきと調理を進めている。衣装はそれぞれ自前らしい。おっ、2人組漫画家ユニット「うめ」の小沢高広氏(給食系男子六合)を発見。作っているのは「大根のバター煮」だ。

小沢高広氏

 皮を向き、乱切りにした大根を炒め、めんつゆとバターを入れて煮るだけで完成するという。「最初に炒めることで、煮る時間が短くても味が染みやすくなる」と同氏。こっくりとした香りと甘み、程よい脂っぽさが最高だった。余りがちな大根を簡単に消費できる超簡単レシピで、初心者にもオススメ!

 このほか、海苔しらすトースト、2種類のブルスケッタ、宮崎牛3時間ロースト、だし焼きそば、ポテトサラダ、ご飯、味噌汁、豚スタミナ丼、回鍋肉、麻婆豆腐と11ものメニューが提供された。口の中でジューシーにとろける宮崎牛の味が今でも忘れられない。一緒に行った知人は海苔しらすトーストを押していた。

大根のバター煮(左)とブルスケッタ

「俺、料理してる!」と意識したときから自炊が楽しくなる

小林智之氏

 12人の給食系男子の中には、もともと料理が好きだった人もいるが、逆にそれほど料理をしてこなかった人もいる。何をきっかけに皆、料理にハマっていくのか。きっかけは何なのか。飲食関係の会社などを経営する小林智之氏(給食系男子一合)に聞いてみた。

 「ちょっとした工夫をしたときに『俺、料理してる!』と、心にぐっと来る瞬間があるんです。それをきっかけに、料理にハマっていくのかと」と同氏。例を挙げるならば、オリーブオイルにニンニクを入れたり、出汁を取ったりすることだという。そこには確かに「手をかけている感」が漂う。

 男子は「手の込んだことをしちゃってる俺」に気付き、料理に目覚めていくみたいだ。もっと簡単なことでも良いらしい。ラーメンに野菜炒めを加えてみるとか、いつもの料理にもう一品追加してみるとか、汁物を作ってみるとか、プラスアルファの手間をかけていくうちに、どんどん自炊が楽しくなるそう。

イベントで料理する給食系男子
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  7. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  8. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  9. /nl/articles/2201/25/news028.jpg ダンボール箱になかなか入れない猫ちゃん、まさかの八つ当たりに「落ち着いて」 スネる姿がかわいいと話題に
  10. /nl/articles/2201/25/news024.jpg 「抱っこされる時のおててが可愛すぎる」 猫ちゃんが両前足をおなかの上でそろえる姿にもだえる人続出

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」