ニュース
» 2012年07月26日 15時19分 公開

「年収500万円の人を1万人生む」 クラウドソーシングの老舗ランサーズが挑む“クリエイターたたき売り”の回避策Web業界の仕事探し事情(2)

クラウドソーシングという仕事探しのやり方はクリエイターの報酬を下げているのか? 老舗であるランサーズに聞いた。

[岡徳之,ITmedia]

 ねとらぼで先に、Webクリエイター向けリクルーティングサービス「スキルプル」を取り上げた「『Web制作の現場で起きているのは、クリエイターのたたき売り』 元フリーランスの開発部長が描く『Webの仕事探し』の理想形」という記事を掲載した。その記事の中で、クリエイターの報酬低下につながる“逆オークション”状態を引き起こしやすいクラウドソーシングの弊害について言及した。

 この記事を受けて、クラウドソーシングの老舗であるランサーズから、これまでの背景について説明したいとの申し出があった。クリエイターはたたき売られてはいなかったのか、クラウドソーシングの価値とは何なのか、ランサーズ代表取締役の秋好陽介さんに話を聞いた。

クラウドソーシングサービスのはしり「ランサーズ」
ランサーズ代表取締役の秋好陽介さん

クラウドソーシングとは何か? “たたき売り”に関する秋好さんの認識

 クラウドソーシングとは、不特定多数の人に業務を委託する雇用形態のことで、委託者と受託者をマッチングするWebサービスが数多く存在する。例えば、Webサイト制作を委託したい企業がその詳細を、報酬などの条件面と併せてWebサービス上で公開する。すると、その条件に見合ったサイト制作者が案件に応募し、その中から受託者が決定するという形態だ。

 先日の記事で弊害としたのは、現行のクラウドソーシングは、企業の案件に対して複数のクリエイターが集まるため、逆オークション状態を引き起こしやすい。中には(ものすごく低いという意味で)法外な価格を提示する人もあらわれるため、結果としてクリエイターのたたき売りを引き起こすこともあるというものだった。

 秋好さんは、クリエイターに対する報酬単価が低くなることがある現状を認めた。同社は大きく分けて3つのスタイルで委託者と受託者をマッチングしている。1つは、案件に対する制作物を制作・提出してもらい、その中から委託者が満足したものを選択する「コンペ」。ひとつは、案件開始前に候補者から相見積もりを取る「プロジェクト」(特定の個人に直接発注する場合もある)。そして、簡単な作業を人数が許す限り多人数で同時に作業する「タスク」。報酬単価が低くなる事態が発生するのは、「プロジェクト」において相見積もりを取る場合だ。また、「コンペ」においては報酬の有無にかかわらず実稼働が発生する、という意味ではそれに当たるかもしれない。

左からコンペ案件の例、プロジェクト案件の例、タスク案件の例

 「課題はひとつ飛ばしではいけない」――秋好さんはこの状況を決して肯定しているわけではない。報酬の低下に関する課題はサービス開始当初から感じていたという。しかしこれまでは企業とクリエイターが直接出会い、Web上で仕事を発注する場を作るという課題の解決に注力してきた。これからの課題は報酬額だという。

ランサーズが取り組む、法外単価の回避策は

 それでは、ランサーズはどのようにして報酬を適正なレベルにしていくのか。秋好さんは「報酬額はスキルへの期待値と安心感で決まる」と話す。委託者からすると、受託者に実際にスキルがどれぐらいあるのか、そしてそれはどれほどの価値があるのか計りづらいため、実際に見える化しないといけない。そのため、委託者がクリエイターの過去の制作実績とその実績に対する評価を閲覧できるようにしている。また直近では、ITスキル格付け会社、エキスパートレーティングと契約を結び、スキルテストを導入した。

ITスキル判定機能を導入
オンラインのみでクリエイターのスキルを「見える化」する狙いがある

 また安心感については、ランサーズに登録している過去案件でパフォーマンスの高かったクリエイターに直接電話して、スキルレベルのチェックをする「ランサーズエクスパート」というサービスを始めている。チェックを通ったクリエイターには「認定ランサーズ」という称号が与えられ、委託者の安心感を醸成させるという。そのほかにも、当初は設けていなかった委託の最低金額を案件種別に設けることにより、法外な価格設定を回避しようとしている。

 ランサーズは「年収500万円の人を1万人生む」ことを目標に掲げている。すでに高いスキルを備えているクリエイターはプロジェクトを通じて、企業から直接指名を受け、まだスキルが足りないクリエイターはコンペやスキルテストを活用し、スキル向上や制作実績の蓄積に努め、次のステージへ羽ばたいていけばいい。ランサーズは、そんなフリーランスクリエイターのインフラを目指している。同社の努力が、企業とクリエイターの適切なパートナーシップ作りの一助となることを期待したい。

ビジネス開発部の山口豪志さん(左)と秋好さん(右)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/16/news037.jpg 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. /nl/articles/2201/15/news049.jpg 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  3. /nl/articles/2201/14/news024.jpg ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  4. /nl/articles/2201/15/news053.jpg 「こんないいものがあるんですね!」 吉川ひなの、第3子次女の“ベビーヘルメット使用”明かし反響
  5. /nl/articles/2201/16/news007.jpg 子猫「パパー!」父猫「よーしよし」 甘えにきた子猫をギュッと抱きしめる父猫が愛情たっぷりでほほえましい
  6. /nl/articles/2201/16/news034.jpg ビーズソファ「サイズミスって家が埋まった」 ヨギボーで家がギューギューになった光景に「笑い止まらない」「合成かと思ったw」
  7. /nl/articles/2201/16/news027.jpg 「お綺麗すぎる」「ママそっくり」 倖田來未&misono、テレビ初歌唱で称賛の母親と“歌姫3ショット”公開
  8. /nl/articles/2201/16/news032.jpg 「受けて立ちます」 トヨタ・豊田章男社長の「Zには負けませんから」無茶振りに応える各メーカーの反応をまとめた動画が話題に
  9. /nl/articles/2201/16/news029.jpg 宮里藍、0歳娘を見つめる“ママ姿”が幸せいっぱい 初めての親子ショットに「ママの表情」「なんか泣けてくる」
  10. /nl/articles/2201/16/news016.jpg 「ルールを破れば容赦しない」 いじめを絶対に許さない先生の漫画に「こんな先生に出会いたかった」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東原亜希、高身長の“BIG長女”に「そういえば君はまだ小学生だったのか」 父・井上康生との2ショットに驚きの声
  2. 人気女優の顔じゃない! 川口春奈、ほぼ瀕死のグロッキー状態に心配の声「完全に目がいってます」
  3. 榎本加奈子さん、大魔神・佐々木主浩と“縁起がよすぎる”夫婦ショット 「10代20代と全然変わらない」と美貌に注目も
  4. 村田充、元妻・神田沙也加さんの愛犬を引き取り新生活 “トイレ初成功”で喜びあふれる「おおおおおお!」
  5. TBS「ジョブチューン」炎上で無関係なシェフへの中傷相次ぐ 代表「何年もかけて築いた評価が一瞬で崩壊した」
  6. 渡辺満里奈、新しい“家族”が空へ旅立ち 早すぎる別れに夫・名倉潤も「聞いたことのない声を上げて泣きました」
  7. 「千と千尋の神隠し」地上波放送でジブリ公式が視聴者の疑問に答える神企画再び 「千尋はどうやって最後お父さんとお母さんを見分けたのですか?」
  8. 「鬼滅の有吉?」「コスプレかと!」 有吉弘行、『鬼滅の刃』炭治郎になった“奇跡の1枚”に反響
  9. 水野真紀、30年前の“振袖姿”が絶世の美女 「正真正銘のキレイなお姉さん」「本当に美しい」とファンほれぼれ
  10. 「もうひとつ、ご報告」神田沙也加、父・神田正輝に新たな家族を抱っこしてもらう

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」