ニュース
» 2012年08月06日 12時41分 公開

徹底フォトリポート:美人ガンダムは本当に美人だった コスプレの覇を競う「世界コスプレサミット2012」 (1/4)

開催10周年を迎えた「世界コスプレサミット」。20カ国のコスプレイヤーが競い合ったチャンピオンシップの模様を写真たっぷりでお伝えする。

[松岡洋,ITmedia]

 今年も名古屋で「世界コスプレサミット」が開催された。開催10周年を迎える今年は7月28日から8月5日までの9日間、名古屋市を中心として様々な催し物が開かれた。そのクライマックスとも言える、日本を含む世界20カ国40人の競演による「世界コスプレチャンピオンシップ」の模様を取材した。

コスプレパレード

 灼熱の太陽が照りつける中、徳川宗春のコスプレで河村たかし名古屋市長がSKE48扮(ふん)する姫らを従えて徳川宗春パレード。続いて世界20カ国から集まった40人のコスプレイヤーが、名古屋錦通りに敷かれたレッドカーペットでお披露目のコスプレパレードを行った。

河村たかし名古屋市長
SKE48金子栞さん
フィンランドチーム
左:韓国チーム、右:デンマークチーム
左:ドイツチーム、右:シンガポールチーム
左:中国チーム、右:メキシコチーム
左:マレーシアチーム、右:ロシアチーム
インドネシアチーム
左:フランスチーム、右:タイチーム
左:イタリアチーム、右:ブラジルチーム
日本チーム

 しんがりの日本チームの後に、特別ゲストとして香港と台湾のコスプレイヤーが続くが、台湾のガンダムとシャアザクには沿道の観客から一段と高い歓声があがる。なお美人ガンダムの写真は後ほど紹介しよう。

特別ゲスト
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.