ニュース
» 2012年08月13日 13時49分 公開

スライムカーがあらわれた 「日産セレナ×ドラゴンクエスト」コラボおや? スライムのようすが……

スライムカーと聞いたのであのまんまの形のクルマかと心配しました。

[ITmedia]

 日産自動車は「セレナ S-HYBRID」が8月1日より発売されたことを記念し、スクウェア・エニックスのRPG「ドラゴンクエスト」シリーズとのコラボレーションを展開。日産セレナ・スライムカーを8月19日まで、六本木ヒルズに期間限定でオープンする「LUIDA'S CAFE(ルイーダズカフェ)」に展示する。

画像 公開された日産セレナ・スライムカー。ホイルもはめ込む形でスライム仕様になっている。使用されている背景はゲームスタッフによる書き下ろし

画像画像

画像画像

画像画像

 スライムカーには、キングスライムやメタルスライム、ホイミスライムなどシリーズに登場したスライム40匹がクルマの車体にデザインされている。中には最新作「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」に新たに登場するクイーンスライムも。ルーフには無数のスライムが配置されている。

 スライムカーは、先述した期間限定の「ルイーダズカフェ」に展示したものを含め7台製作された。今後は全国の日産販売店舗やイベントなどをまわる。なお、実際に販売される予定はない。ルイーダズカフェで開催された発表会では、日産自動車マーケティング本部の寺西章氏と「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のゲームプロデューサー・齊藤陽介氏が登壇。バージョンアップが予想以上に早いことや職人のレベル上げにも元気玉は有効なこと、名声値は一定期間倒されているモンスターを倒すと入手しやすいことなど、ゲームプレイに役立つ情報を披露した。

画像 写真奥が「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のゲームプロデューサー・齊藤陽介氏。写真手前が日産自動車マーケティング本部の寺西章氏

 六本木ヒルズの期間限定「ルイーダズカフェ」には普段提供されている通常メニューのほかに、日産セレナにちなんだオリジナルメニューも用意。「セレナの冒険クラスックチーズバーガー」(1000円)にはバンズに日産セレナの刻印が、「セレナ ほっこりラテ」(600円)には日産セレナのラテアートが施されている。コラボレーションスペシャルサイトも本日から公開。20日以降のスライムカー出現場所など知らせるコンテンツが用意されている。また、8月18日、19日、25日、26日に日産の店頭にてアンケートに答え、「セレナ S-HYBRID」に試乗すると「セレナ×ドラゴンクエスト ぷにゅぷにゅスライム」がプレゼントされるキャンペーンも実施される。

画像画像 期間限定のオリジナルメニュー、「セレナの冒険クラスックチーズバーガー」(1000円)と「セレナ ほっこりラテ」(600円)

画像 「LUIDA'S CAFE(ルイーダズカフェ)」は8月13日〜19日まで。六本木ヒルズ ヒルサイド2階「Hills Cafe/Space」内

画像

画像
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 田中将大、石川佳純ら卓球女子との集合ショットに反響 「夢の共演」「どちらから声を掛けたのか気になる」
  2. 田中将大の五輪オフショット集、最後は柔道・阿部詩との2ショットでシメ! “モテ男”の期待裏切らず「美女好きですね〜」
  3. 「マジで恥ずかしいです」 中川翔子、数年ぶりの“水着披露”に恥じらいつつもマネジャー大絶賛「スタイルめっちゃいいすね!」
  4. 里田まい、楽天ユニフォーム姿の長男に「違う、そうじゃない」 父・田中将大選手そっちのけの推し愛にツッコミの嵐
  5. 野々村真、動画で退院を報告 やつれた姿に衝撃広まる「コロナがより怖くなった」「ガリガリで衝撃を受けたわ」
  6. 「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
  7. 柴犬「メシ、よこさんかーい!!(激怒)」 ごはんを忘れた飼い主に皿をぶん投げる柴犬、荒ぶる姿に「爆笑した」
  8. レイザーラモンRG、コロナ療養で“10キロ減”を告白 「顔が変わっちゃいました」とやつれた姿で復帰報告
  9. 海外記者「最高のコンビニアイスを発見した」 森永チョコモナカジャンボ、ついに世界に見つかってしまう
  10. 「ついついキレイな部分ばかり載せたくなりますが」 小倉優子が公開したインスタの“現実”に「勝手に親近感が」「共感しかない」